赤ちゃんの外出はいつから?時間はどのくらい?おすすめや注意点は?

Pocket

今回は、赤ちゃんが何歳何カ月まで、いつまで赤ちゃんと呼ばれるのか。

また、外出はいつからできるのかを見ていきましょう。

いつまで赤ちゃんと呼んでいいの?

一体、何歳何カ月までが赤ちゃんというのでしょう。

前回の記事でも少し触れたのですが、いつまでかを詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

個人差がありますが、母子健康法で定められている「赤ちゃん」は出生して28日未満の乳児を「新生児」として、「乳児」は一歳に満たない子どものことです。

ここまでを「赤ちゃん」と定義つけています

「赤ちゃん」という「赤」という語源は、生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚が赤く見えることから「赤ちゃん」となりました。

新生児と乳児は「赤ちゃん」で、一歳の誕生日を迎えたら「幼児」になります。

なるほど、前回の続きになりますが、赤ちゃんは、新生児、乳児と成長してから、一歳(12ヵ月)になってからが定義上は幼児と呼ばれ、赤ちゃんでは無くなるのですね。

少しずつ成長が見られますね。
成長を見守るのは、嬉しくもあり寂しさもあるような。複雑な気持ちですね。

この頃からは、歩きはじめたりしますから、文字通り自分の足で立って歩くように自立して成長した、ということですね。

 

赤ちゃんが外出できるのはいつから?

子育てするにあたって気になるところが、外出についてですね。

あまりに小さい時は外へ連れ出さない方が良いと言われますが、では、何歳何カ月を目安として、いつから外出できるのでしょうか。

みていきましょう。

 

赤ちゃんとのおでかけは、少なくとも1ヶ月健診が終わるまでは控えましょう。

生後1ヶ月以内の新生児期の外出はできる限り避けるようにしてくださいね。

新生児のうちは、まだ体温調節がうまくできないことや、免疫や抵抗力が低下して体が弱いこともあって病気にかかりやすい状態です。

近所へ買い物に行くのもできるだけ控え、ネットスーパーを利用したり、パパに買い物をお願いしたりして過ごしましょう。

新生児のうちは体が弱いから、乳児になるまでは、外出を避けた方がいいんですね。

この時期までは、
親の都合で連れ出すことは控えたほうが良さそうですね

ほんの少しの期間ですからね。

スポンサードリンク

そして、外気浴自体は良いようなので、肌の弱い赤ちゃんでも大丈夫なように、直射日光の強くない朝や夕方などにで少しずつ慣らしてあげるのがいいようですね。

 

生後4週間までの赤ちゃんを『新生児』といいます。

昔から「床上げ3週間」と言われますが、これは出産により体力を使ったお母さんの身体を休めるための期間なのです。

 

この期間は、体力や免疫力も落ちていて、回復が遅くなったり病気にかかりやすくなったりする可能性があるので、無理をしないようにしてくださいね。

赤ちゃんのためにも、お母さんのためにも、最初の1か月ほどは、外出を控えてお家でゆっくり過ごした方がいいんですね。

 

赤ちゃんの外出の時間はどのくらいから?

新生児のお出かけは「必要なときだけ」「できるだけ短時間」で行いましょう。

1か月検診がお出かけデビューという赤ちゃんも多いのではないでしょうか?

最初の外出は、1時間以内に納めると安心です。

1時間以内なら、おむつを頻繁に変える必要もないですし、授乳は家で行うことも可能です。

時期としては、1か月検診が大きな目安になりますね。

時間としては、1時間を目安にすればオムツやミルクの心配も少なくて済みますし、なにより赤ちゃんにもママにも安心ですね。

外出のおすすめや注意点は?

屋内と屋外の気温差が少ない時間帯に外出しましょう
冬ならばお昼すぎ、夏ならば午前中がお勧めです。

新生児は、大人に比べて免疫力も弱いため、人混みへの外出は可能な限り避けてください

赤ちゃんの皮膚はとても薄く繊細です。

この時期に強い太陽の光を浴びてしまうと、肌の表面だけでなく真皮にまで紫外線の影響が及んでしまうので、赤ちゃんを直射日光に当てないように気を付けましょう。

はじめのうちは、少しずつ気を使いながら慣らしていき、首か座れば、ベビーカーなどの移動もしやすくなりますから、安心して本格的なお出かけのスタートとなってくるんですね。

赤ちゃんは、何事も少しずつ慣らしてあげるのがポイントなんですね。

赤ちゃんの顔色などの反応をを良く観察しながら、新しい世界に少しずつ慣らしてあげて、まだ見ぬ世界へとワクワクの大冒険の旅に連れ出してあげましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です