赤ちゃんのずりばいは、いつから?床などの安全対策や練習法は?

Pocket

動き回らずにいた赤ちゃんが、最初のステップとして覚えるのが、『ずりばい』成長を感じる瞬間ですね。

赤ちゃんの行動範囲が広がると共に、思わぬ危険も増えますね

赤ちゃんのずりばいとは?

ずりばいとは、赤ちゃんがうつぶせの状態で、手の平や足の裏で床を押したり引っ張ったりして、前や後ろに這って進むことをいいます。

ずりばいは、腹ばいとも呼ばれますね。

いわゆる、ほふく前進と呼ばれる動きに似ていて、床をずりずり進みます。

成長を感じる瞬間ですが、なにをするか分からなくなるので、ヒヤヒヤして目が離せなくなりますね。

赤ちゃんの中にはお座りをした後、ずりばいをしないうちに立てるようになったり、ずりばい後にはいはいをしないまま歩くようになったりという子も。

ずりばいを覚えるのは赤ちゃんによって、かなりの個人差があるので、無理に覚えさせようとせず、タイミングをよく観察してあげる事が大切ですね。

順番が違うのも個性なので、あまり心配する必要はないようですよ。

実はずりばいは成長過程に大切な運動のひとつ

手足をしっかり動かすことで、筋肉や脳の発達に良い影響があると言われます。

ずりばいをすることによって、自分で考える、動く、という事がとてもいい刺激になるんですね。

赤ちゃんは、トレーニング中なんですね。見守ってあげましょう。

 

赤ちゃんのずりばいは、いつから?

ずりばいは、寝返りができるようになった後、はいはいをするまでの間に行われるので、寝返りの時期が遅いか早いかでも異なります。

生後7~8ヶ月頃が一般的な目安です。

ずりばいをしない赤ちゃんもいるので、一概には言えないので、あくまでおおよその目安になります。遅くても心配しなくて大丈夫です。

体がしっかり発達してから、本人の性格もあるので、気長に見守って見ましょう。

あまりに心配なときは病院で診察をしてもらえば安心できるかもしれませんね。

 

ずりばいの練習方法は?

パパやママが赤ちゃんの横に寝っ転がり、隣でずりばいのお手本を見せると、じっと観察して動きを覚えるようになります。

スポンサードリンク

「手が届きそうで、届かない」場所に、おもちゃを置いてみるのも効果的です。

赤ちゃんの足裏を持って床につけるような格好を取り、床を蹴るお手伝いをしてあげましょう。

床をキックすると進む事ができるんだ、と分かるようになると、前に進むことと床を蹴ることがだんだんつながって、どんどん上手くなります。

ずりばいを覚える為には動く、という事に興味を持たせるのが近道のようですね。

おもちゃが取れずに、泣いてしまうようなら、無理せずに少しづつ進めるようにしましょう。

おもちゃの代わりにママが少し離れたところで呼ぶ方法なども良いですが、同じく少しづつですね。

ちなみにパパが呼んでもプイッとされてしまうかも知れませんが、パパはあまり気を落とさないで下さいね(笑)

また、体が十分に発達していないのに練習をさせると、ケガなどのもとになるので、気をつけて下さいね。

 

床などの安全対策は?

ずりばいが始まると赤ちゃんの行動範囲が一気に広がるので、ケガの心配も増えますね。

フローリングのご家庭は頭をぶつけたときの刺激を少なくするために、床にクッションマットを敷いてあげましょう。

赤ちゃんは何でも口に入れてしまうので、落ちているホコリを食べてしまったり、小さなメイク道具やボタン電池などを誤飲するなどトラブルの原因になることもあります

よく、カメラのフィルムケースに入るものなら、なんでも食べてしまう。と言われています。

思ったよりも大きなものも口に入れてしまうので、念入りにチェックしてあげて下さいね。

危険チェック項目としては、誤飲、窒息、強打などが主なポイントですね。

丁寧に掃除をして、危険がないようにしてあげましょう。

 

他にも安全対策を

家具の角に貼れるコーナークッションやコンセントカバー

テレビなど触ってほしくないものやキッチン、階段には、ベビーガード

感電してしまわないように、コンセントカバーでコンセント穴をガード

段差などにも気をつけておきたいですね。具体的には、通せんぼするための柵やフェンスなどを活用して、赤ちゃん専用のスペースを作ってあげるのがいいでしょうかね。

この辺の対策は、きちんと行なっておきたいところですね。

好奇心旺盛な赤ちゃんの好奇心を満たしつつ、安全も確保して、すくすくと成長を促してあげれるといいですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です