赤ちゃん用ミルクの作り方。最適な量や温度や水は?

Pocket

赤ちゃんは味や温度に敏感ですから、作る側は大変ですよね。

そんなミルクソムリエの赤ちゃんの為に、呑みやすいミルクを作ってあげましょう。

赤ちゃん用ミルクの作り方は?

作り方のポイントのまとめです。

ミルクは正確に計量しましょう

赤ちゃんは、味に敏感で、少しの違いも気になってしまい、呑むことに集中できなくなってしまいます。

 

スポンサードリンク

ポイント①清潔に

赤ちゃんは雑菌への抵抗力が弱いので、ミルクを作る前は手を洗い、調乳前に手指をよく洗いましょう。

大人には大丈夫でも、赤ちゃんには大敵ですので、きちんと手洗いや、哺乳瓶の殺菌、消毒もしてあげましょうね。。

ポイント②安全に

飲み残しや作りおきはせず、1回分ずつ調乳しましょう。

熱湯のままでは粉ミルクの栄養分が破壊されるので、沸騰後に少し冷ましておいてください。

雑菌が残る可能性があるため、作り置きは厳禁です。

調乳の際は、お湯を使って雑菌を殺しましょう。一度沸騰させてから、少し冷まして70℃以上の状態で使うといいようです。

時間を短縮したいなら、流水や湯冷ましを使うのもありですね。

ポイント③効率的に

溶かす用のお湯を必要量の手前で止めて、粉ミルクがとけたら湯冷ましを足して量を調節しつつ、同時にミルクを冷ます手助けをします。

冷蔵庫で冷やした湯冷ましは、作ったその日のうちに使い切るようにしましょう。

きちんとお湯で溶かしてから、湯冷ましで温度と量の調整をします。

その後、細かい温度の調整を行うことで、忙しい中でも効率的にミルクが作れますね。

衛生の為に、湯冷ましは当日中の使い切りがオススメですね。

 

赤ちゃんのミルクに使う湯冷ましって?

湯冷ましとは、水道水を一度沸騰させたあと、冷ましたお水のことを言います。

沸騰させることで水道水の中に含まれている塩素を取り除いたり、殺菌することができるので、赤ちゃんに優しい安心できる湯冷ましができます。湯冷ましは、ミルク以外にも水分補給などにも使ったりもできるありがたい存在ですよ。

しっかりと塩素を抜くためにも5分〜10分以上沸騰させると良いようですよ。

もともと塩素が水道水に入っている理由は、水道水の雑菌の繁殖を防ぐためです。なので、沸騰させて塩素がなくなった湯冷ましは、雑菌が繁殖しやすく、保存には不向きなんですよ。

 

最適なミルクの量は?

スポンサードリンク

赤ちゃんによっても個人差がありますが、おおよその目安は以下の通りです。

 

ミルクをあげる時の目安量の基本は

☆生後0日~7日

10ml+生後日数×10mlを8回

 

☆生後2週間

80ml~100mlを8回

 

☆生後3・4週間

100ml~120mlを8回

 

☆退院~1ヶ月

80ml~120mlを7回

 

☆生後1ヶ月~2ヶ月

120ml~160mlを6回

 

☆生後2ヶ月~3ヶ月

120ml~160mlを6回

 

☆生後3ヶ月~4ヶ月

200mlを5回

 

☆生後4ヶ月~5ヶ月

200mlを5回

 

☆生後5ヶ月~7ヶ月

(この頃が離乳食開始の目安)

200mlを5回と離乳食1食

 

以上を目安にしつつ、離乳食までは、成長に合わせて少しづつ増やしていきます。

あとは、赤ちゃんの体重や、ご機嫌を見ながら微調整してみて下さい

 

ミルクの最適な温度は?

よく、人肌程度と言われますね。

では、人肌程度とは?と思いますが、ミルクを腕の内側におとして、少し熱いと感じる位(40℃ぐらい)と言われています。

手の甲にミルクを一滴垂らす、ママの頬に当てるなど、色々な方法で試していると思いますが、「そんな方法じゃ分からない!」と悩めるママ達のために、適温のミルク作りに便利なグッズも販売されています。

赤ちゃんは、温度にも敏感ですので、あまり呑んでくれずに困っている場合は、温度を測るグッズを試してみる価値はあるかも知れませんね。

また、季節や気温などの外的要因によっても適温は左右されますので、データや傾向が見れて、参考になるかも知れませんね。

 

ミルクに最適な水って?

ミルクを作る際には、実は水も大きなポイントになります。

日本の水はほとんどが赤ちゃんのミルク作りに問題のない軟水ですが、場所によっては硬水に近い硬度を持つ水もあります。

軟水というのがポイントのようですね。

他の水では、どうなのでしょうか??

ミネラルウォーターでミルクを溶くと、必要以上にミネラルを摂取して赤ちゃんに負担がかかってしまうためです。

メーカーも、ミネラルウォーターを使用する場合はできるだけミネラルが少ないものを選び、一度沸騰させてから使用するように勧めています。

 

硬水だと飲みにくいようなので、日本の軟水の水道水やミネラルウォーターなどを使ってあげましょう。

大体の商品はペットボトルのラベルなどに軟水や硬水と書いてありますよ。

海外のものはほとんどが硬水です。日本の水道水は安全なので、メーカーも水道水を使用することを想定しているそうです。

水道水が心配な方は、上記したように、軟水を沸かすのが、安心ですね。

もしくは、専用の水や浄水器も売っていますので、活用してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.