赤ちゃんにイライラすると伝わるの?怒って後悔しないためには?

Pocket

育児中は、思ったとおりにならないことだらけで、疲れやストレスが溜まりがちですよね。

ついついイライラして自己嫌悪、、なんて方も多いのではないでしょうか。

 

イライラすると赤ちゃんに伝わるの?

ある番組の実験で、赤ちゃんに泣き顔をずっとして見せていると、そのうち赤ちゃんが泣きだしてしまうという結果がありました。

また、舌をあっかんべえのように出して見せていると、そのように真似をするのです。

赤ちゃんは相手の表情をきちんと理解し、さらにまねることもできるのですね。

スポンサードリンク

だんだん視力が良くなってきて、周りが見える様になると、見たもの、聞いたもの、なんでも真似したくなるんですね。

赤ちゃんが泣くと自分を責めてしまうママ、泣き止ませようと必死になるママ…みなさん本当に頑張っていますよね。

だからこそ、自分を責めず頑張り過ぎないことが、時には解決の糸口になっているようです。

赤ちゃんは泣くのが仕事です。

泣いて当たり前なんです。

だから、頑張りすぎないでくださいね。

夜泣き→睡眠不足→さらに夜泣き→さらに睡眠不足→・・・と言った悪循環を生んでいる

ママの「睡眠不足からくるイライラ」や「泣き止まない赤ちゃんへの不安」を自然と赤ちゃんは感じ取り、夜泣きをしてしまう

赤ちゃんも不安や恐怖を感じて、夜泣きが悪化してしまいます。

正に悪循環ですね。

実際は、なかなかむずかしいですが、どこかで悪循環を断ち切らないとならないんですね。

 

イライラする時は?

 

主な原因は?

いくらかわいい赤ちゃんでも、四六時中いつも一緒にいて、訳も分からず泣きつづけたりされてしまったり、家事をする時間がなくなってしまうのも悩みのタネですよね。

仕方がないとは分かっていても、ついついイライラしてしまう事もありますよね。

 

対処方法は?

コーヒーを飲んだり音楽を聴いたり、料理をしてみるなどして、自分の好きなことをやったり、身体を動かしたりしたりしてリラックスやリフレッシュすると、気分も落ち着きます。

YouTubeやテレビを見せるのもいいアイディアですね。最近では、スマホを活用するママも増えていますよね。

あまり長時間だと、良くないというような事も言われていますが、効果も抜群ですし、時間を決めて上手く活用すれば、ママの強い味方ですね。

公園に出かけたり、散歩したりすると、気分も環境もリセットされていいですね。お日様や空気を感じたり、身体を動かすことでいい気分転換になりますね。

誰かに預けてリフレッシュ
実家に電話してみたり、育児相談に顔を出してみたり人と話したりしてみると、人に話すだけでも案外スッキリしますよ

パパをイクメンに育てたりしてみましょう。

一緒に泣く(泣き真似)と泣き止むこともありますまた、赤ちゃんが寝たらママも無理せず一休みしてみましょう。

おしゃぶりやバウンサーに子守りを代わってもらうのもいいですね。泣き止むし、すっと寝てくれたりします。

お掃除ロボットや全自動洗濯機、食器洗い機まで準備すれば、まるで家政婦さんがいるかのようですね。

食事も冷凍食材やレトルトを活用して、レンジでチン。
買い物もネットや宅配サービスを活用すれば、環境は完璧ですね。

スポンサードリンク

 

 

こんな方法も、、ただし注意が必要

 

アメリカ流の“Cry it out (泣かせ尽くし)”と呼ばれる寝かしつけ方法

最初に寝かしつける時も、夜中に赤ちゃんが起きた時でも、部屋で一人で泣いている赤ちゃんをすぐにあやさず、決まった時間(最初の日は3分)待ってから、 ベビーベッドの外から数十秒間、声を掛けたり触ったりして赤ちゃんをあやし、たとえ泣き続けていても、また部屋を去るというものだ。

そうして少しずつ、その間隔を長くしていき、親がいなくても自分一人で寝入ることを教えていく。

ファーバー方式を試みようという読者の方がいたら、生後3カ月未満、旅行中や病気の時、また、発育が十分でない場合などは、この方法は適切でないことを考慮していただきたい。

もし試すときは詳しく調べたり、注意点を守って、くれぐれも注意して行ってくださいね。

思わぬ事になる可能性もありますので。

 

怒って後悔しないためには?

夜泣きは赤ちゃんにとって成長の過程である」ことを分かって頂きたいのです。

赤ちゃんの夜泣きは寝る練習であり、脳の発達に必要なことなのです。

悪いことでは無いんですね。

もうちょっと融通を利かせて、思い切って手を抜いたり丸投げできれば、もしかしたらもうちょっと別の世界があったのかも・・・と今の私は思います。

でも、当時はできませんでした。

どうしても当事者になると余裕がなくなって視野が狭くなりがちですからね。

先輩ママさんに話しを聞くのもいいですね。

だから、寝れないよ~とイライラするくらいなら、寝る欲はスッパリ捨て去ったほうが、精神衛生上ラクチンです。

開き直りも肝心ってやつですね。

イライラをぐっと我慢できた時必ず自分をほめてあげてください。

ほんの少し見方を変えたり、ほんの少し育児のやり方を変えるだけで、穏やかに過ごせるのです。

くれぐれも無理しないように。

見方を変える方法は?

見方を変える為の良さそうなアイディアがあったので、紹介します。

笑顔の写真は撮るが、泣き顔の写真は撮らないので、泣いたら撮影タイム。

泣くのが気にならなくなる

寝たふりをする

たまにはパパや両親、産後ヘルパー、ベビーシッター、チャイルドマインダーに任せる

頑張っている自分にご褒美

いつかは大人になってしまうので、諦める

背中にスイッチがあるからと、諦める

ママのおなかを選んでやってきたと、開き直る

気分転換に赤ちゃんと一緒に外へ出かける

産後はどうしても神経質になってしまいますので、イライラするのは当たり前です。

ぐっとこらえると、爆発しそうなので、見方を変えて上手く乗り切りましょう。

 

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です