赤ちゃんが笑う時期はいつから?笑わせるコツや方法、笑顔が少ないと自閉症?

Pocket

子育ては大変ですが、そんな日常の中で、ふとした瞬間に赤ちゃんが笑ってくれる。

それだけで、なんだか癒されたり、元気が出ますよね。

そんな素敵な赤ちゃんの笑顔が、なんだか少ないような、、?

心配な気持ちになりますよね。

 

それに、赤ちゃんといえば、天使のような笑顔を想像しますよね。

赤ちゃん特有のケタケタと笑う声もとても癒されます。

でも産まれてすぐに笑うわけではないって知ってましたか?

赤ちゃんが声を出して笑うのはいつからか?

また笑わせるコツや方法をご紹介します。

 

赤ちゃんが声を出して笑うまで

赤ちゃんは新生児期から笑うことをします。

実は、赤ちゃんの笑顔には、新生児期から生後2ヶ月あたりまでにみられる

「新生児微笑(生理的微笑)」

と、生後3ヶ月以降にみられる

「社会的微笑(あやし笑い)」

の2種類があります。

 

スポンサードリンク

 

生理的微笑は生後0~2ヶ月にみられる赤ちゃんの本能的な行動で、「自分が笑うことで周囲が優しくしてくれる」という、自己防衛手段だと考えられています。

新生児期の赤ちゃんはまだ自分で意識して笑うことはなく、泣く・寝る・おっぱいを飲む・排泄するといった生命維持に関わること(本能的な行動)のみを日々行っています。

視力も未発達なので、まだママやパパが笑いかけられても、あまりよく見えていません。

社会的微笑は生後3ヶ月頃の赤ちゃんにみられる行動です。

この頃になると、視力が発達することで周囲の表情の変化を感じることができるようになり、笑顔をひとつの情報として認識します。

ママやパパなど身近な人と同じ表情を作るよう、脳が指令を出すことで社会的微笑が起こります。

生まれてすぐの赤ちゃんの微笑みは楽しかったり、嬉しかったりして笑っていたわけではないなんて、妊娠して育児書などを調べるまで知りませんでした。

でも、出産してすぐの頃、全てが初めてで手探りで育児をしていた私にとっては、生理的微笑だと分かっていても微笑みかけてもらえると、夜中の授乳でどんなに疲れていても、とても癒されました。

まさに天使の微笑みですね。

 

赤ちゃんが声を出して笑うのはいつから?

赤ちゃんが声を出して笑うようになるのは、早くて生後5~6ヶ月頃から。

感情表現が豊かになり、生後6~7ヶ月頃には、あやすとケラケラと声を出して笑うことが増えてきます。

ママやパパの顔をみると、嬉しくて微笑むような表情をすることも珍しくありません。

赤ちゃんが大人と同じようにものを見られるようになるのは、1歳頃からといわれています。

何かを見せて笑わせるよりも、あやすときの声や肌に触れる感覚など、視覚以外の五感を一緒に刺激してあげることがポイントです。

その子に合ったツボがみつかれば、外でぐずったときや夜泣きのときも対処しやすくなりますね。

普段殆どの時間を赤ちゃんと二人きりで過ごすママにとって、赤ちゃんからの反応が返ってくるというのは、とても楽しいことだと思います。

赤ちゃんと二人でいるといっても相手は言葉を返してはくれません。

声を出して笑ってくれる様になると、一緒に遊ぶ楽しみも増え赤ちゃんと二人きりの時間が孤独だった時期よりは少し気分的に楽になるでしょう。

 

赤ちゃんを笑わせるコツや方法はあるの?

● こちょこちょとくすぐったり、顔をいじって遊んだり、スキンシップをしながらあやしてあげる

● オーバーリアクション気味に「いないいないばぁ」をする

● うちわで顔を扇いで風を当ててみる

● 鏡で赤ちゃん自身の顔をみせてみる

引用;こそだてハック

もちろん赤ちゃんによって個人差があると思いますので色々試してみてください。

ちなみにうちの子は、鏡に映るママやパパ、自分の顔を見ると面白いようでよく笑います。

こっちにもママがいた!と思って笑ってくれているのでしょうか?

また、パピプペポの音が頻繁出てくる歌や、TVのCMなどを歌ってあげると面白いようでケタケタ笑ってくれます。

CMなどは覚えやすいように印象的なフレーズが使われていることが多く、TVからそのCMが流れてくると遊んでいてもTVの方に夢中になります。

育児で毎日大変だと思いますが、赤ちゃんが少しでも笑顔で楽しそうにしていてくれれば、ストレスも軽減されるでしょう。

赤ちゃんが赤ちゃんでいてくれるのはホンの一瞬です。

試行錯誤して楽しんで育児ができるといいですね。

 

赤ちゃんの笑顔が少ない?

スポンサードリンク

実は、新生児期の赤ちゃんは、笑わないというのをご存じでしたか?

新生児の頃、寝ている時など口元がにこっとすることがありますが、これはエンジェルスマイルといって、赤ちゃんの本能的なものです。

 

赤ちゃんは、笑っているという意識はないんですね。

可愛がって貰うために、本能的に身についている、ほほ笑みエンジェルスマイル。またの名を生理的微笑とも言われています。

想像しただけでニヤリとしてしまいますね。

 

平均的に赤ちゃんはいつもいつも笑顔というわけではなく、どちらかというとずっとまじめな顔でいることが多いです。

 

ちょっと面白い表現ですね。

『まじめな顔』

確かに赤ちゃんは、大真面目なのかも知れませんが、あのルックスでまじめな顔をされると、それだけで笑ってしまいます。

 

笑顔が少ないのは自閉症?

自閉症の赤ちゃんの特徴に、笑顔が少ないという傾向があるとされています。

しかし、必ずしも笑顔が少ないと自閉症と結びつく訳ではなく、あまり笑わなくても自閉症でない赤ちゃんも大勢いますよ。

 

笑顔のときにたくさん反応してあげると、笑っている方がパパやママとのコミュニケーションがうまくいくことを学んでいきます。

 

もともとの性格というのもありますし、小さいうちには判断できないので、心配なら大きくなってから診断を受けるといいようですよ。

いずれ、このことも詳しく記事にしたいと思います。

 

赤ちゃんが笑う時期はいつから?

個人差もありますが、赤ちゃんが笑い始める時期は、早いと生後2か月頃と言われていますよ。

ただ、生後6ヶ月頃から笑う赤ちゃんもいるようですので、あまりシビアにならなくても大丈夫なようですよ。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ視力があまりないためまわりのものがほとんど見えていません。

大体2か月ぐらいかけて目で物を見れるようになります。

3ヶ月も経つと頭も大きくなり脳も発達していきます。

この頃から表現も豊かになっていきます。

6ヶ月くらいになると、お母さんなどお世話をしてくれる人が近づいてきたときに笑顔を見せたり感受性が豊かになります。

 

成長するにつれて、笑うようになっていくんですね。

 

社会的微笑とも呼ばれて、お母さんや周囲の人反応を見て受け入れてもらえるために笑う反射が見られます。

 

実は、赤ちゃんは思ったよりも、こちらを良くみてるんですね。

 

たくさん笑ってあげると、早く笑うようになりやすいんですね。

よく笑いってあげるママたちの赤ちゃんは、よく笑う可能性が高いそうですよ。

また、社会的ほほ笑みはママたちと知らない人を見分けている、赤ちゃんの安心のしるしといったところですね。

 

笑顔を増やす方法は?どうしたら良く笑う?

何度か話しにでましたが、赤ちゃんはもともとは、笑うことを知らないで生まれてきます。

そして、まわりが笑っているのを見て、笑うのを覚えます。

 

産婦人科で赤ちゃんが並んで寝ている部屋があった時に、1人の赤ちゃんが泣き始めるとつられて周囲の赤ちゃんも泣き始めたり、誰かが笑い始めると他の赤ちゃんもニコニコするようになるという現象が見られることがあります。

 

ママやパパの真似をして笑顔を覚えていきます。ものまねが上手いんですね。

ママやパパが良く笑うのが1番ということですね。

 

特に笑顔が出やすいのはママの声に反応する時と言われています。

赤ちゃんにとってママの一挙一動がとても興味深く、
笑顔になりやすい対象なんです。

 

赤ちゃんにとっては、ママが全てと言ってもいいくらいの存在ですからね。

また、兄弟でも笑う子と、あまり笑わないという風に分かれることもありますよ。

性格の問題ですよね。あまり気にし過ぎずに。

 

赤ちゃんと過ごす時にはあやしながら笑うようにすると赤ちゃんも笑顔を覚えて笑ってくれるようになるのです。

赤ちゃんを笑わせるためには、音や目で見えるアイテムで興味を持たせるのもいいですね!

 

目だけでなく、耳からの情報も重要ですね。とにかく、親がよく笑ってあげることが大切ですね。

定番は、ガラガラなどでしょうか。

お気に入りのアイテムや音楽が見つかるといいですよね。

 

赤ちゃんは今その時だけを生きていますけど、大人って過去のことや未来のこと(仕事のことや夕食、家事のこと)今この瞬間だけその子のことだけって難しいと思うのですが童心にかえって相手をしてあげることで愛情って伝わるのかなって思います。

赤ちゃんと一緒に、『今』をおもいっきり楽しみましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です