赤ちゃんの寝返りはいつから?早い?遅い?平均は何カ月位?睡眠に関係?

Pocket

赤ちゃんの寝返りシリーズ第1弾です。

寝返りの時期がいつからなのか、をメインにみていきましょう。

赤ちゃんの寝返りはいつから?

寝返りとは、赤ちゃんが仰向けの姿勢から自力で横を向き、そしてゆっくりとうつぶせの状態になること

スポンサードリンク

個人差もありますが一般的に、
赤ちゃんが寝返りできるようになるのは、生後5ヶ月頃が多いようです。

早い場合は、生後3〜4ヶ月頃に始めることもあるようですよ。

だいたいこのくらいの時期に寝返りをできるようになる赤ちゃんが多いんですね。あくまで、参考程度の目安ですが。

寝返りができるようになるには、単純に月齢意外にも、以下の2つの必要があるようです。

骨や筋肉、神経が発達して思うように体を動かせるようになってくること。

視力が発達して色々なものを見たいという興味がわいてくること。

月齢というよりも、成長のペースや性格によるところが大きいので、焦ったりムリする必要はないですね。

寝返りができると言うよりも結果的にそうなったという感じです。

そのまま体をねじった結果、体のバランスでコロンと寝返りが成功することがあります。

赤ちゃん自身も予期せず寝返りができることもあります。

赤ちゃんがうつぶせ寝になると、窒息の心配があります。

さらに現在はうつぶせ寝の赤ちゃんに乳幼児突然死症候群の可能性が高くなるという報告もあるので、寝返りしてうつぶせのままにはできません。

あまり早く寝返りができると、うつぶせ寝での、窒息や乳幼児突然死症候群のリスクが高まりますから、喜んでばかりもいられませんね。

早い?遅い?寝返りの平均は?

寝返りは出来なくても気にしなくて大丈夫です。

寝返りが出来なくてもお座りを先にする子やつかまり立ちをいきなりやり始める子もいます。

寝返りの時期は、赤ちゃんによって様々で、はっきりと決まっているわけではありません。

全く寝返りせずに、お座りやつかまり立ちをすることもある。

正しい順番や時期というよりも、赤ちゃんしだいですね。

寝返りができる平均は?

完全に出来るようになるのは5~6ヶ月頃が多いようです。

6~7ヶ月健診で、寝返りの有無も確認されますが、寝返りをしていなくても何も問題はありません。

やはり、平均としては、6カ月前後のようですね。

いずれ誰でも出来る様になるもので、必ず出来なければいけないというものではありません。

中々しない赤ちゃんの特徴として体格が大きめの場合もありますが、寝返りに限らず自分の体を動かす力は自然に付くので、体格が大きいからと言って特に心配する必要はありません。

スポンサードリンク

いずれにしろ、いつかはできますからね。心配せず、長い目で見守ってあげて下さい。

寝返りが早いといつ?

生後2ヶ月頃に体をねじるような動きや、腕を伸ばして体の向きを変えようとしている時は寝返りをして、うつぶせになる可能性があります。

2ヶ月だと声も大きくださない時があり、何かあった時に赤ちゃんからSOSが出せません

生後2ヶ月から生後3ヶ月では、首がすわっていない赤ちゃんの方が多いので、寝返りの拍子に首を痛めたり、中途半端な姿勢で動けなくなって体を痛めたりするリスクが高くなります。

かなり早い例ですか、書いてあるとおりリスクがかなり高いですね。

目を離さないようにして、危険を防止してあげましょう。

どうしても目を離さないとならないときは、短時間にしておいて、なおかつ寝返り防止のアイテムなどを使うと少し安心できますね。

比較的早い4か月で寝返りができています。

ベビーラックやベビーベッドなど、柔らかい上だと寝返りをしづらいと言われていますので、時々床など固めのところに寝かせてあげるといいかもしれません。

4、5カ月位だと、あ、早いな。くらいの感覚でしょうか。

寝返りが遅いといつ?

9ヶ月頃に初めて寝返りをしたという子もいますし、寝返りをしないまま、先にハイハイを始めちゃうなんていう子も

1歳以降に寝返りを始めた赤ちゃんは、はいはいや、つかまり立ちを先にマスターしている場合があります。

特に体の怪我や心配事がない限り、順番が変わっても問題ありません。

立つことが好きでつかまり立ちや歩くことに関しては早くマスタ-しても、寝転がることが嫌で寝返りに興味を持たない場合もあります。

体に異常がなければ、1歳以降でも心配はいらないんですね。

順序には、そんなにこだわらず良いようですね。とはいっても、あまり遅いのであれば、実際のところは気になると思いますので、病院で相談しながら経過を見るほうが、より安心できますね。

寝返りは睡眠に関わるの?

ずっと同じ姿勢で寝ていたら、敷布団と接している同じ体の部分が、自分の体重の圧力の影響を受けて、血流が滞ってしまいます。

血流が滞ってしまうと、その周辺部分に、酸素や栄養が送られにくくなってしまいます。

また、布団と接している部分だけが温まり過ぎてしまって気持ち悪くなり、睡眠が途中で防げられてしまう事もあります。

睡眠に関係があるとは、目からウロコでした。

長時間連続で寝続ける事ができる人に共通するのは、赤ちゃんも大人も無意識のうちによく寝返りをしているようですよ。

そういえば、寝返りで身体の調整をしている、と聞いたことがあります。

メリットはたくさんありますが、デメリットもあるので、赤ちゃんの自発的な行動が見られるかどうかがポイントになりますね。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.