赤ちゃんの寝返り返りはいつから?できないで泣く、頭を打つ?練習方法は?

Pocket

寝返りシリーズ第4弾です。

今回は、寝返り返りをメインにみていきます。

赤ちゃんの寝返り返りはいつから?

寝返りができてから1~2ヶ月以内に寝返り返りできる赤ちゃんもいれば、数ヶ月かかる子もいます。

寝返りしたはいいものの、寝返り返りができず、泣き出してしまう赤ちゃんもいます。

それはうつ伏せの姿勢に慣れず、違和感があるためです。

赤ちゃんが寝返り返りをできずにママやパパの助けを必要としているようであれば、仰向けの状態に戻してあげたり、姿勢を起こして抱っこしてあげたりしましょう。

寝返り返りというのは、赤ちゃんが寝返りをしたうつぶせの状態から、自分の力で、仰向けの状態に戻れるように成長することです。

寝返り返りに関しては、なるべく早く覚えてくれたほうが、うつぶせのままのリスクが減るので、安心できますね。

 

赤ちゃんが寝返り返りできずに泣く

寝返りを始めると、目を離したすきに勝手にコロンと横向きからうつぶせ寝の状態になっていることがあります。

スポンサードリンク

そこから元の仰向けには自力では戻れず、結局、うーうー唸って泣いて助けを求めます。

体勢を仰向けに戻してやると、すぐさま寝返りを打ってうつ伏せの状態に。そして結局戻れず、また泣いて助けを求める・・・。

寝返りが始まると赤ちゃんはヒマさえあれば1日中ずっと寝返りしてはうつ伏せになって、しばらくすると泣くのを繰り返します。

で、元に戻すとすぐに寝返りしてやがて泣く。

寝返りを覚えてからしばらくは、このエンドレスループですよね。

忙しくしているときや夜中などに、あまり泣かれると、もーいいかげんにしてほしいな。

なんて思ってしまうこともありますが、赤ちゃんにとっては、新しいことに挑戦している真っ最中なのですね。

寝返りを始めたら寝返り返りも覚える必要があるのです。

寝返りは体を丸めて横を向くだけでわりと簡単にうつ伏せになることができます。

これに対し、寝返り返りは足、腹筋、背筋など複数の筋肉を使うので覚えるのが難しくなります。

寝返り返りを覚えて、初めて1セット

はじめのうちは、寝返りも寝返り返りも、片側だけにしか回れずジダンダしたりしていますが、両方回れるようになると、心なしか赤ちゃんもにこやかな表情をしているように見えます。

 

寝返りや寝返り返りに練習は必要?

練習をさせること自体は悪くありませんが、赤ちゃんが嫌がるのに無理やり練習させるのはやめてくださいね。

寝返りしたくてもできなくて泣いてしまうときに手伝ってあげる分には問題ありませんよ。

周りから「寝返りはまだ?」とせかされるようなことをいわれるかもしれませんが、体の機能に問題があるわけではないので慌てないで

とにかく赤ちゃんが主役ということですね。

焦らず、無理せず、じっくりと赤ちゃんの成長と向き合ってあげましょう。

スポンサードリンク

 

赤ちゃんの寝返り返りの練習方法は?

寝返りの練習と同じく、柔らか過ぎない布団、ゴミや小さいものを片付ける、清潔にしておく。

動きやすい服装にしてあげると環境的には良いですね。

寝返りをしそうな赤ちゃんは、自分の転がりやすい向きに横になったり、足を交差させる仕草が見られます。

まずは、床や服装などの環境を整えてあげて、いつでも寝返り返りが出来る準備をしてあげることも大切ですね。

寝返り返りをしそうな赤ちゃんは、うつぶせでもじもじしたり、あたまを左右に反らしたりしはじめ、なんだかモゾモゾと歯がゆそうに、もがきはじめます。

腕が曲がっていると、そこが邪魔してうまく倒れることができません。寝返り返りを練習するときは腕の状態に注目しましょう。

赤ちゃんが頭を最大限に反らした時がチャンスで、頭をそっと押して倒してやると、胴体部分も続けてコロンと同じ方向に倒れていきます。

あとは赤ちゃんがこの動きを覚えたら寝返り返りができるまであと少しですね。

うつ伏せの状態で、あかちゃんの腰のあたりを手を当てて、左右にゆっくり体を揺らしてあげましょう。

そして、肩と腰を支えながら赤ちゃんの体を仰向けの状態に反転させてあげます。

赤ちゃんが頭の重さで自然に回るようなイメージですね。

手伝うときは、引っ張るとケガの危険があるので、そっと押してあげるようなイメージです。

赤ちゃんもうつぶせの状態で顔だけ横に向けて指しゃぶりながら気づくとスースー寝ていたりするので、起きる赤ちゃんにとことん付き合わなくてもいいと思います。

横を向けるようになれば、うつぶせでも多少は安心ですね。

こうなってくれれば、寝返り返りの練習も、あまり焦らずに進めやすいですね。

赤ちゃんが寝返りや寝返り返りで頭を打つのは大丈夫?

赤ちゃんは寝返りや、寝返り返りの際に、周囲にものがなくても、勢い余って床に頭をぶつけることが多いです。

マットをひいていても結構大きな音がするので、びっくりするのですが、当の赤ちゃん本人は、ニコニコ笑ってたりします。

しかし、そうはいっても心配になりますよね。

基本的には、
・泣き続ける
・出血や内出血が見られる
・おう吐する
・たんこぶが大きい

などの異常が見られなければ大丈夫のようです。

それでも、我が子のことは心配ですので、一度専門機関に相談してもいいかも知れませんね。

基本的に赤ちゃんの周囲には、ものを置かず、適度な柔らかと清潔さを保ってあげて下さいね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です