赤ちゃんの鼻水の吸引のやり方や頻度は?口でやる?嫌がる?

Pocket

鼻水シリーズ第1弾です。

 

赤ちゃんの鼻水の吸引について

鼻水は、鼻の内側を洗浄するために鼻の粘膜から分泌されます。

呼吸の際、空気といっしょに細菌やウィルスが進入し鼻の粘膜に付着します。

これらが体内に進入するのを防ぐために、透明な粘液を分泌して洗い流し、細菌やウィルスを外に排出しようとするのです。

この透明な粘液が鼻水です。

鼻水は、菌が入らないために体が戦っているんですね。

鼻水は、バリアーのような役割ですね。

鼻をかむことができる大人は自分で対処ができますが、赤ちゃんや子供の鼻水は必要に応じて適度に吸引することが必要です。

鼻水を吸引することで一次的な要因であるウィルス対策だけでなく、二次的な問題である中耳炎にならないように予防することができます。

ウイルスなので、そのまま放置すると二次的な問題に繋がるので、注意が必要です。

鼻水は口で吸うの?

子供の鼻が詰まって苦しそうにしているけど鼻吸い機がない!

こんなときは口で鼻水を吸ってあげるという方法もあります。

昔はこの方法が一般的だったんですよ。(だから良いってことはないですが、万が一のときの対策としてですね。)

まず大人の口をきれいにして、赤ちゃんの鼻をすってあげるだけ。

大人が口をつけるのは鼻だけで、子供の口まで覆ってしまわないように気を付けてくださいね。

終わったら、子供の顔と吸ってあげた人の口をきれいにして完了です。

鼻吸い機よりも口で吸ってあげたほうが、感覚がわかりやすくてやりやすいという人もいるので、必要なときは試してみてもいいかもしれませんね。

なんとなく抵抗がありますが、最終手段ですね。

 

鼻水を口で吸うタイプの吸引機は?

同じ口で吸うにも、吸引機タイプのものがあります。

口で吸うタイプの鼻水吸引器はお手頃なものが多いので、気になるものを複数買って選ぶこともできます。

ママが自分の力で吸引を行う為、赤ちゃんが風邪等で鼻水の量が多くなっている時は、1日何回も吸ってあげなくてはいけません。

日ごろ育児だけでなく家事やお仕事を頑張っているママたちへの負担が大きくなってしまいます。

このタイプはママが鼻水を吸引する為に、空気をママが吸いこんでいる為、赤ちゃんが風邪をひいている時などは二次感染に繋がる場合が非常に多いです。

スポンサードリンク

手頃なのがメリットですが、使うのに体力を使うのと、二次感染には注意が必要ですね。

上手く使い分けが出来ると良さそうですね。

赤ちゃんの鼻水を上手に吸うコツは?

* 1. ノズルで鼻の穴をぴったりふさぐことがポイントです。空気が入ると吸引力が下がり上手に吸引することができません。

* 2. ノズルを入れたまま角度や向きを変えてみましょう。鼻水のあるポイントを探すのがコツです。

* 3. 一番吸いたいのは鼻腔の奥にある鼻水です。これをしっかり吸引するとすっきりして呼吸も楽になります。

とくに、1のノズルの当て方に注意してみると、上手く吸えると思いますよ。

泣いた後やお風呂の後だと鼻水が柔らかくなって吸いやすいですよ。

温かくしたタオルで鼻をふさがないようにしながら温めてあげる方法もあります

鼻を吸う際はできれば身体を起こして吸うと良いでしょう。

鼻を吸う時は絶対に反対側の鼻の穴を押さえないでください。

お風呂のあとや、温めておくと吸いやすいですね。

ちょっとしたコツを実践するだけで、だいぶ違ってくるので、ポイントを抑えておきたいですね。

ただし、注意する事もあるので必読ですね。

赤ちゃんの鼻水を吸引する頻度やタイミングは?

 

* 1. お風呂上り

* 2. 温かい食べ物を食べた直後

* 3. スチームで鼻を温める

などが大変効果的です。

点鼻薬を嫌がるお子さんにはこのタイミングで鼻水を吸引してもあげてもいいかもしれません。

先ほども書きましたが、温めたタイミングが吸いやすいですし、吸うタイミングになります。

赤ちゃんの鼻水はこまめな頻度で吸引を

鼻水を吸ってあげたいタイミングは、1日に最低2回あります。

朝は喉の奥に鼻水がたまりやすいということはご存じですか?

吸ってあげると、朝食後にむせて吐くことを防げます。

 

お風呂上りに体を拭いたタオルで腕ごと巻いてしまい、吸ってあげましょう。

鼻の通りが良くなっているので、負担も軽くなります。

最低でも、この2回が目安になります。

あとは、赤ちゃんの鼻を観察して、鼻水が詰まっているようなら、吸ってあげましょう。

 

赤ちゃんが鼻水の吸引を嫌がる?

嫌がるのを無理矢理おさえつけてしまうと余計に嫌がるようになるので、そんな時は、病院で鼻水をとってもらうと早くて確実

嫌がるときは、無理せずに、お医者さんに頼ってしまいましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.