赤ちゃんが鼻水で寝れない、治らない。市販薬や病院のタイミングは?

Pocket

鼻水シリーズ第3弾です。

赤ちゃんは大人と比べると鼻の粘膜が敏感なので、少しの刺激でも鼻水がでます。

 

赤ちゃんが鼻水で寝れない

赤ちゃんが鼻づまりで、昼も夜も続けて寝られないときは、頭の位置にあたる敷布団の下にタオルを丸めて、差し込んでみましょう。

少しだけ上半身を起こしてあげることで、鼻の通りが良くなり、呼吸がしやすくなります。

ちょうど良い角度を見つけ、ぐずって眠れないときに対処してあげてください。

少し体勢を変えるだけで効果があるんですね。

これは簡単で効果もある様なので、ぜひ試してみたいですね。

大人にも効果があるのでしょうか。

ちょっと気になります。

 

赤ちゃんの鼻水が治らない?

赤ちゃんが風邪をひいた時、鼻水は菌やウイルスを排除するために出ます。

風邪の病原体から身体を守るために、鼻水を出すことが重要なんですね。

ウイルスを外に出すために、鼻水が出ているのですね。

無理に止めたり、吸ったりしてしまうと、ウイルスを体の中に入れてしまう事になりますね。

ママからもらった免疫が切れた6ヶ月以降の赤ちゃんは、頻繁に風邪をひくことも珍しくありません。

保育園などで集団生活をしていたり、幼稚園や保育園に通う兄弟がいたりする場合は、特に風邪をひきやすくなります。

風邪が完全に治りきっていないうちに別の風邪をひいてしまうことは決して珍しくありません。

6か月をすぎると、抵抗力が少し落ちるようですね。

人からうつることが多いので、親も人混みから菌をもらってきてしまうこともあるので、要注意です。

風邪を引いたりするのは、集団からの感染が多いですよね。

色のついた鼻水が治らない場合は要注意です。

黄色っぽい鼻水や緑色の鼻水が出ていてなかなか治らない場合は、副鼻腔炎になっている可能性があります。

透明でサラサラした鼻水が続いている場合は、アレルギー性鼻炎の可能性もあります。

色のついた鼻水は、二次感染のサインかも知れませんね。

鼻水の色に関しては、次回以降に記事にしていきます。

スポンサードリンク

 

鼻水に市販薬はどうなの?

生後3ヶ月から使える、赤ちゃん用の風邪薬が売られています。

ただ、むやみに薬を飲ませるのはオススメできません。

鼻水は病原菌から身体を守るために出るものです。

薬で無理に止めてしまっては、病原菌を外に出せないということです。

現在は、病院でも鼻水を止めるのではなく、去痰剤のように、むしろ出しやすくするお薬を出すことが多くなっています。

ただ、アレルギーによる鼻炎の場合は、鼻水を止める薬が処方される場合があります。

最近は、むしろ鼻水を出しやすくするお薬が主流になってきているんですね。

そちらの方が、体にとっても自然なのかも知れませんね。

自然治癒力を活かして治す方が、長い目で見ると良さそうですもんね。

風邪とアレルギーで必要な薬の種類が違うように、原因によって飲ませるべき薬は異なります。

的確な治療をするためにも、赤ちゃんのお薬は病院を受診した上で処方してもらいましょう。

市販薬は、どうしてもの時のピンチヒッターのような役割ですね。

 

鼻水で病院にいくタイミングは?

赤ちゃんの鼻づまりは、状態によっては病院に行ったほうが良いことも

鼻水が出ていても、元気で機嫌も良く、ある程度の睡眠時間が確保できていれば、家で対処しながら様子をみましょう。

何日も続く場合、赤ちゃんは中耳炎になりやすいので注意が必要です。

ただの鼻づまり・鼻水と思って、放置しないことが大切ですよ。

発熱などの症状があれば、早めに小児科を受診しましょう。

発熱や、症状が何日も続く場合は受診する目安ということでしょうか。

症状が鼻づまりと咳だけの場合は、なるべくホームケアで緩和してあげましょう。

鼻水を強く拭いたり、無理やり固まった鼻くそを取ったりすると、粘膜だけでなく、鼻の中を傷つけることや、鼻下の肌が荒れてしまうこともあります。

無理にとると、鼻血などを誘発してしまうので、あまり無理はせず様子を見ながら取ってあげて下さいね。

小児科を受診している場合は、セカンドオピニオンとして、耳鼻科を受診してみても良いでしょう。

赤ちゃんにもセカンドオピニオンですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です