赤ちゃんが声を出して笑うのはいつから?笑わせるコツや方法はあるの?

Pocket

赤ちゃんといえば、天使のような笑顔を想像しますよね。

赤ちゃん特有のケタケタと笑う声もとても癒されます。

でも産まれてすぐに笑うわけではないって知ってましたか?

赤ちゃんが声を出して笑うのはいつからか?

また笑わせるコツや方法をご紹介します。

赤ちゃんが声を出して笑うまで

赤ちゃんは新生児期から笑うことをします。

実は、赤ちゃんの笑顔には、新生児期から生後2ヶ月あたりまでにみられる

「新生児微笑(生理的微笑)」

と、生後3ヶ月以降にみられる

「社会的微笑(あやし笑い)」

の2種類があります。

スポンサードリンク

生理的微笑は生後0~2ヶ月にみられる赤ちゃんの本能的な行動で、「自分が笑うことで周囲が優しくしてくれる」という、自己防衛手段だと考えられています。

新生児期の赤ちゃんはまだ自分で意識して笑うことはなく、泣く・寝る・おっぱいを飲む・排泄するといった生命維持に関わること(本能的な行動)のみを日々行っています。

視力も未発達なので、まだママやパパが笑いかけられても、あまりよく見えていません。

社会的微笑は生後3ヶ月頃の赤ちゃんにみられる行動です。

この頃になると、視力が発達することで周囲の表情の変化を感じることができるようになり、笑顔をひとつの情報として認識します。

ママやパパなど身近な人と同じ表情を作るよう、脳が指令を出すことで社会的微笑が起こります。

生まれてすぐの赤ちゃんの微笑みは楽しかったり、嬉しかったりして笑っていたわけではないなんて、妊娠して育児書などを調べるまで知りませんでした。

でも、出産してすぐの頃、全てが初めてで手探りで育児をしていた私にとっては、生理的微笑だと分かっていても微笑みかけてもらえると、夜中の授乳でどんなに疲れていても、とても癒されました。

まさに天使の微笑みですね。

赤ちゃんが声を出して笑うのはいつから?

スポンサードリンク

赤ちゃんが声を出して笑うようになるのは、早くて生後5~6ヶ月頃から。

感情表現が豊かになり、生後6~7ヶ月頃には、あやすとケラケラと声を出して笑うことが増えてきます。

ママやパパの顔をみると、嬉しくて微笑むような表情をすることも珍しくありません。

赤ちゃんが大人と同じようにものを見られるようになるのは、1歳頃からといわれています。

何かを見せて笑わせるよりも、あやすときの声や肌に触れる感覚など、視覚以外の五感を一緒に刺激してあげることがポイントです。

その子に合ったツボがみつかれば、外でぐずったときや夜泣きのときも対処しやすくなりますね。

普段殆どの時間を赤ちゃんと二人きりで過ごすママにとって、赤ちゃんからの反応が返ってくるというのは、とても楽しいことだと思います。

赤ちゃんと二人でいるといっても相手は言葉を返してはくれません。

声を出して笑ってくれる様になると、一緒に遊ぶ楽しみも増え赤ちゃんと二人きりの時間が孤独だった時期よりは少し気分的に楽になるでしょう。

赤ちゃんを笑わせるコツや方法はあるの?

● こちょこちょとくすぐったり、顔をいじって遊んだり、スキンシップをしながらあやしてあげる

● オーバーリアクション気味に「いないいないばぁ」をする

● うちわで顔を扇いで風を当ててみる

● 鏡で赤ちゃん自身の顔をみせてみる

引用;こそだてハック

もちろん赤ちゃんによって個人差があると思いますので色々試してみてください。

ちなみにうちの子は、鏡に映るママやパパ、自分の顔を見ると面白いようでよく笑います。

こっちにもママがいた!と思って笑ってくれているのでしょうか?

また、パピプペポの音が頻繁出てくる歌や、TVのCMなどを歌ってあげると面白いようでケタケタ笑ってくれます。

CMなどは覚えやすいように印象的なフレーズが使われていることが多く、TVからそのCMが流れてくると遊んでいてもTVの方に夢中になります。

育児で毎日大変だと思いますが、赤ちゃんが少しでも笑顔で楽しそうにしていてくれれば、ストレスも軽減されるでしょう。

赤ちゃんが赤ちゃんでいてくれるのはホンの一瞬です。

試行錯誤して楽しんで育児ができるといいですね。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.