赤ちゃん笑うとしゃっくりする理由は?なぜなの?

Pocket

赤ちゃんの笑顔は、夜泣きや日々の育児の疲れを吹き飛ばしてくれる魔法ですよね。

可愛いなぁと見ている時、同時にしゃっくりをしている事はありませんか?

どうして?止まるの?と心配になってしまうママも多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

赤ちゃんの笑いについて

赤ちゃんの笑いには「新生児微笑(生理的微笑)」と「社会的微笑(あやし笑い)」の2種類があります。

 

 

生理的微笑(新生児微笑/生理的微笑反射)

生後0~2ヶ月にみられる赤ちゃんの本能的な行動で、「自分が笑うことで周囲が優しくしてくれる」という、自己防衛手段だと考えられています。

新生児期の赤ちゃんはまだ自分で意識して笑うことはなく、泣く・寝る・おっぱいを飲む・排泄するといった生命維持に関わること(本能的な行動)のみを日々行っています。

 

 

社会的微笑(あやし笑い)

生後3ヶ月頃の赤ちゃんにみられる行動です。

この頃になると、視力が発達することで周囲の表情の変化を感じることができるようになり、笑顔をひとつの情報として認識します。

このように赤ちゃんには本能で笑うこと、成長と共に笑うこと、と全く別の2種類の笑いがある事がわかります。

どちらの笑顔にしても、赤ちゃんが笑ってくれるだけで周りも笑顔になって、幸せに包まれますね。社会的微笑は、周りの人の顔をマネして表情を覚えている最中なんですね。いっぱい笑いかけてあげて下さいね。

赤ちゃんが笑うのはいつから?

実のところ、生後間もない赤ちゃんは、まだ笑うことはできません。

外の環境に慣れてきて、赤ちゃんの感覚器官が発達してくると、色んな反応するようになります。

生後3ヶ月で、ぼんやりと目の前の輪郭が見える程度と言われています。

ママが舌を出したら赤ちゃんも舌を出す といったように、ママやパパの顔を見ながら、どんな風に筋肉を使ったら、どんな表情ができるのか勉強しているのです。

だからママもパパも赤ちゃんに笑顔で接しましょう

スポンサードリンク

 

赤ちゃんが笑うのは、実は早い子でも生後2ヶ月頃からと言われています。

もちろん個人差や環境もありますので、遅い子もいます。

笑いだしたばかりの頃は、ニコニコではなくニヤッとするだけだったり、顔がクシャッとしたり赤ちゃんによって様々です。

それまで泣くばかりで無表情だった赤ちゃんも、一度笑い方が分かると、徐々に笑う回数が増えてきます。

本能的な笑顔でも、新生児のうちから笑顔が見られるなんてママやパパは嬉しいですよね。

そして、育児にも少し慣れてきた頃にあやして笑ってくれるとそれもまた大きな喜びとなるのではないでしょうか。

赤ちゃんはパパやママのことよくわかってくれていますね。

赤ちゃんが笑うとしゃっくりをが出る理由は?なぜなの?

笑い方によっては、笑うと横隔膜が痙攣してしゃっくりが出てしまうこともあります。

笑うことでいっぱい息を吸ったり吐いたりしてしゃっくりが出てしまうんです。

生まれたばかりや3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは笑うとしゃっくりがでやすいそうです。

しゃっくりが出ていると心配になると思いますが、元気であれば全然問題ないですよ。

なんと、しゃっくりで横隔膜を鍛えることができるそうですよ。

止まらなくて気になる場合は、水を飲ませて落ち着かせてあげるのも良いみたいです。

ただ、あまり月齢の低い子に水を飲ませると、水中毒になる可能性があります

あまり笑わせすぎないこと」も重要なんだそうです。

赤ちゃんによっては笑わせすぎて泣き出してしまったり、嘔吐してしまったり、しゃっくりが出やすい体質に

よく「驚かすとしゃっくりが止まる」といいますが、赤ちゃんによっては恐怖心を抱かれてしまいますので、驚かしてしゃっくりを止めることはオススメできません

赤ちゃんを抱いて見守ってあげてくださいね。

しゃっくりの原理である横隔膜の痙攣と赤ちゃんの笑いには関連がある様です。

笑ってくれる嬉しさのあまり笑わせすぎない事がポイントですね。

しゃっくりが出ても赤ちゃんを優しく抱っこしてあげるなど、焦らずに落ちついて見守るなどの対応してみましょう。

赤ちゃんのたくさんの笑顔に癒されながら日々の育児、頑張りましょうね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です