赤ちゃん外出、海デビュー。海水浴はいつから?持ち物や紫外線対策は?

Pocket

夏を満喫したい!夏といえば海!そろそろ赤ちゃんも海に連れて行きたいな。

と思いながらもまだ早い?どんな準備が必要?そんな心配をしているママも多いのではないでしょうか。

せっかくなら、家族みんなで楽しめる海へのお出かけにしたいですね。

赤ちゃんと海に行くのはいつから?

生後7ヶ月頃になれば体力もついてきて、ほとんどの赤ちゃんは腰が据わってお座りができるようになっています。お座りができれば、砂浜に腰を下ろすこともできますよね。

 

スポンサードリンク

ベビーカーに乗せて砂浜を散歩するのと、海水に触れさせるのでは、全く違います。

抱っこしたりベビーカーに乗せたりして、海風にあたる程度であれば、月齢が低い赤ちゃんでも問題はないでしょう。

波打ち際で水を触らせるのであれば、1歳を過ぎて歩けるようになってからのほうが安心です。

砂浜で遊ぶ程度なら一般的には7~8ヶ月以降からが目安になる。という意見が多いようですが、この時期は何でも口に入れてしまいがちです。

砂の感触や貝殻など触らせてあげたい半面、砂を口に入れようとする赤ちゃんとそれを止めるパパ、ママの構図も出来そうですね。

少し触ったら海の風を感じられる程度にベビーカーなどに乗せるのもいいかもしれませんね。

赤ちゃんの海水浴はいつから?

赤ちゃん自身が楽しめるのは歩いたり、走ったりができるようになってからの1歳半以降が一番良いかもしれません。

赤ちゃんの肌が丈夫になっていることがポイントです。

赤ちゃんが海に入ったり、赤ちゃん自身が海を楽しいと思えるのは1歳半以降、2歳~3歳くらいの様です。

小さいうちは体温調節も上手に出来ないので、足をつけるくらいが丁度良いのではないでしょうか。

赤ちゃんと海にいく時の持ち物は?

スポンサードリンク

水着、水遊びオムツ、ラッシュガード、帽子

ビーチサンダルまたはアクアシューズ

ビーチパラゾルまたはテント・レジャーシートベビーフロート(赤ちゃん用浮き輪)、またはアームヘルパー(腕に装着する浮き輪)

お砂遊び道具

タオル(バスタオルやハンドタオルなど色々なサイズを多めに)

日焼け止め

ミルク用品

お湯(ミルク用)

ベビー用のお茶、ベビー用スポーツ飲料

お弁当やバナナなどの捕食

ベビー用おやつ

母子手帳・健康保険証

着替え(多めに)

オムツ・おしりふき・ビニール(多めに)

救急セット(消毒液や絆創膏など)

おもちゃ

海だけではなくお出かけには何かあった時のために、母子手帳と健康保険証は持っていくようにしましょう。

ベビー用おやつも、行き帰りの渋滞などを考慮して多めに持っていく事をおすすめします。

水分補給も普段より多くを心がけ、特にミルクの赤ちゃんはベビー用麦茶、ベビー用スポーツドリンクでも補うと良いかもしれませんね。

赤ちゃんの紫外線対策は?

赤ちゃん用の日焼け止めを塗る他、衣類やテントなどで、紫外線対策をしっかり行いましょう。

日焼け止めは2時間に1度は塗りなおしましょう

海に入る時間以外は、赤ちゃんができるだけ日陰にいられるような環境を準備しておきましょう。

ビーチパラソルやテント、海の家などいつでも日陰で休めるように準備しておきましょう。

《紫外線対策グッズは?》

長袖ラッシュガードまたはUVパーカー

帽子

歩けるなら赤ちゃん用のビーチサンダルやアクアシューズ

ビーチパラゾル、またはテント

レジャーシート

日傘(ママがさして上げましょう)

また、紫外線の少ない時間を選んで海で遊ぶのも一つの手かもしれません。

一般的には10時~15時が紫外線の強い時間と言われているのでそこを過ぎた16時頃なら気温も落ち着いてきていますし、赤ちゃんにとっては良い時間なのではないでしょうか。

赤ちゃんを連れての海水浴は大変な事も多いかもしれませんが、準備を念入りにそして赤ちゃんの体調を優先しながら夏の楽しい思い出になると良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.