赤ちゃん卒乳とは?いつから?方法や進め方、脂肪のつけ方や妊娠と関係は?

Pocket

赤ちゃんの卒乳とは?

卒乳は赤ちゃんが自然とおっぱいを欲しがらなくなるもの。

多くの赤ちゃんの自然の卒乳時期は、おっぱいを吸いたいという欲求が消える生後9ヶ月から3歳半の間に起こるといわれています。

これには個人差があり、そのためこうやったら卒乳できる、というような方法はありません。

しかし赤ちゃんが次のような様子であれば卒乳が近いかも知れません。

  • 一人で歩ける
  • 1日3回の離乳食を食べていて、母乳・ミルク以外から栄養が充分摂れている
  • ママの言っている事が分かる
  • おっぱい以外で水分補給ができる

赤ちゃんがこのような状態で、かつ授乳の回数が徐々に減っているようであれば「おっぱいやめる?」と本人に聞いてみるのも良いかも知れません。

おしゃべりができる月齢であれば「うん、いいよ」とあっさりやめてしまう子もいるそうです。

逆に「まだ飲みたい!」と言う子もいます。

身体の成長に必要な栄養は食事で摂れていても、母乳は「心の栄養」だと言われます。

ママが大変でなければ自然卒乳を待ち続けるのもアリでしょう。

赤ちゃん側から自然に離れることを『卒乳』といい、何かしらの事情でママが決めたことを『断乳』といいます。
何歳まで飲ませていいとか、周りにまだ飲ませてるの?母乳じゃないの?とママにとっては心無いことをいう人もいるかもしれません。
こればかりはママの仕事復帰や、2人目、母乳の出方など様々です。
もちろんさくさん母乳出てママ自身も赤ちゃんが飲みたがるまで飲ませたいと思うならたくさん飲ませてあげましょう。
誰が決めるでもない、ママと赤ちゃんが一番いい方法を選んでいきましょうね。

卒乳はいつから?

母乳をやめるか、続けるかを決定するのは、子どもの様子を一番よく見ているお母さんが決めていいことです。

しかし、お母さんが責任を負うということではありません。

周りの人が母乳を終わりにしたからといって焦ることはありません。

お母さんと赤ちゃんの問題なので、じっくり考えて大丈夫です。

育児書などの卒乳時期はあくまでも目安として、卒乳か断乳かに縛られず、周りの意見にあまり振り回されないようにしましょう。

長期に授乳するメリットもわかってきた現在は、何歳頃になったら断乳しなければいけないという決まりや制限はありません。

ユニセフやWHOも適切な補完食を与えながら2歳までは母乳育児を継続することを推奨しています。

自然卒乳と呼ばれる、子どもが自然におっぱいから離れていく時期を待つ卒乳がいいでしょう。

子どもによって卒乳の次期はまちまちです。

1歳にならないうちに母乳を飲まなくなるお子さんから、4~5歳まで飲むお子さんもいます。大体は2歳くらいには自然におっぱいから離れていきます。

子どもの卒乳のタイミングを待ってみましょう。

具体的にはいつとは決まっていません。

ママももういいかなと思えてきて、赤ちゃんも寂しくないようだったらいいのかもしれません。

ただ、おっぱいは赤ちゃんの安心材料でもあり、またおっぱいを飲んでいる子は比較的病気になりにくいようです。

ママもおっぱいを飲ませている時間が幸せの一時で卒乳してまうことで涙を流すくらいなら、無理に決行することもありません。

いつかは離れる時期が必ずくるのだからそれまでは飲ませてもいいのかなとも思います。

卒乳の方法や進め方は?

子供の気持ちを尊重して卒乳を選ぶママも多くいます。

ただ、「自然卒乳まで待とう」と思っていても、いつまでもおっぱいが大好きだとママもだんだん不安になってきますよね。

そんなときは、おっぱいに絆創膏を貼って「おっぱいはもうでなくなったの」と話してみたり、おっぱいを欲しがるタイミングで子供の好きなものを見せて気を引いたりすると自然とおっぱいから離れて卒乳できることもありますよ。

水や麦茶など違う飲み物で補い、母乳をあげる回数を徐々に減らしていくことも卒乳のポイントです。

スポンサードリンク

また夜間だけ断乳するという方法もあるので、ゆっくり卒業させてあげたい場合は、この方法もおすすめです。

自然に卒乳していく方法としては、「夜間断乳」から、そして最も実行しやすい「日中断乳」から徐々に始めていく方法もあります。

日中でしたら、遊びに夢中だったりして、おっぱい以外に気を引く事が出来ます。

また、もし添い乳でも寝てくれているのだったら、ママがそれで楽ならそのままでもいいと思います。

そんな私もそれで寝てくれるならいくらでも飲んで!よし、卒乳するまで付き合うよ☆と思うようになり添い乳していました。

夜間断乳でグッスリ寝てくれたらいいですが、夜間断乳したからといって必ず寝てくれるとも限りません。

そうなったらもう、強い味方のおっぱいという武器もなくなり、ずっと泣かれて大変になるということもあります。

なので、やっぱり赤ちゃんとママのタイミングで進めるのがいいですね!

脂肪をつける方法は?

妊娠や出産により胸が大きくなるのは、母乳を作る乳腺が発達するからです。

乳腺を保護するために周りに脂肪がたくさん付き、胸が大きくなるのですね。

しかし、卒乳が近づいてくると役割を終えた乳腺が急激に退化し、保護する必要のなくなった脂肪が落ちて、胸がしぼんでしまいます。

発達した乳腺が急激に退化した分は別として、もともとついていた胸の脂肪はいったい何処へ行ってしまうのでしょうか?

授乳を行うためにはもちろん、胸を出す必要がありますよね。

何度も繰り返す授乳のたびにきちんと下着をつけ直すということはなかなか難しく、何となく下着を戻すことに。

そのため、本来胸にあるはずの脂肪が、よそへ流れ出ていきやすくなります。

そんな中で、乳腺を保護する必要のなくなった脂肪は、下着の外へ流れ出て、脇や背中・お腹へお引越し!ということになっているのです。

妊娠前よりも胸が小さくなったと感じるのは、胸がしぼんでしまったのではなく、脂肪が流れて別のところに行ってしまっているだけかもしれません。

胸の脂肪はやわらかいので、移動しやすいと言われています。

自分に合った下着を選び、正しく付けることで元の大きさに戻すことも夢じゃない!

正しい下着選びと付け方をマスターしましょう。

確かに授乳していくと段々としぼんできてるように感じますよね。

私も娘が1歳になる頃にはぺちゃんこになっていて結構凹みました(笑)けどそれは、しぼんだのではなくて流れて別のところにいっただけと知り安心しますね!

だから産後のリフォーム下着が売ってるんだと納得です(笑)なるべく早い段階で自分に合った下着を見つけて元の大きさに戻しましょう♪

卒乳と妊娠の関係は?

授乳をすると、乳首から受ける刺激によって子宮収縮を促すホルモン「オキシトシン」が分泌されます。

通常は産後に子宮を回復させるために必要なホルモンですが、妊娠している場合は注意が必要です。

特に妊娠初期は、胎盤が形成されるなど胎児の細胞の成長が著しい時期なので、子宮が収縮するとお腹が張ったり痛みを覚えたりすることがあります。

また、妊娠後期に授乳によって子宮が収縮すると早産を促す可能性もあります。

「妊娠中に授乳をしていいかどうか」はお医者さんや助産師さんによって意見が割れるところですが、「基本的には妊娠中でも授乳していいが、きちんと妊婦健診を受けて、切迫流産や切迫早産が疑われるかどうかを診断してもらう」必要があります。

切迫流産や切迫早産の可能性があれば、授乳を止めるように指導されることが多いようです。

子供にとって、ママのおっぱいは心地良いものです。

残り少ない上の子との二人だけの時間を大切にしながら、子供がなるべく笑顔で卒乳できるよう進めていけるといいですね。

また、この妊娠中の授乳に関しては、ママや子供の体調や月齢、生活環境によって個人差が大きく「妊娠初期・妊娠後期だから授乳はだめ」と一概にいえるものではありません。

授乳していても妊娠経過が順調な人もたくさんいますし、その逆も起こりえます。

授乳を続けたい場合は妊婦健診をきちんと受けて、お医者さんの指示を守りながら行うようにしてくださいね。

上の子の授乳中に妊娠してしまったら、断乳しなくてはならない、妊娠したい人は授乳をやめた方がいいなど、調べれば調べるほど様々な情報が出てきます。

安易に情報に流されないで、もしも授乳中に妊娠してしまっても、授乳を続けた方がいいかどうかは、通っている産婦人科のお医者さんに相談するのが1番ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.