赤ちゃんのプールはいつから?病気・プール熱(咽頭結膜熱)とは?

Pocket

赤ちゃんのプールはいつから?

 

生後7~9ヶ月のお座りのできる頃からプール遊びをすることは可能です。

その頃になれば、水遊びができる体力もついている頃です。

スポンサードリンク

生後5~6ヶ月でお座りができ始める赤ちゃんもいますが、まだ体力がない時期なので、注意してください。

まずは、自宅のベランダや庭などに家庭用ビニールプールを設置して遊ばせてあげましょう。

赤ちゃんのうちは、プールのお水は少なめにしてお尻が浸かるくらいから練習していくと良いでしょう。

暑い日に冷たいお水に触れることは気持ちよく赤ちゃんのご機嫌も良くなるかもしれませんね。

しかし慣れないうちは号泣する事があります。ゆっくり慣らしてあげましょう。

 

 

赤ちゃんのプール熱とは?

プール熱とは、夏場に流行する夏風邪の一種のことです。

スポンサードリンク

子供に多い病気ではありますが、大人にもうつってしまうことがあります。

感染力が強いため、子供から親にうつる場合もあるのです。

医学的には「咽頭結膜熱」といいます。

プールを介して感染しやすいため、「プール熱」と呼ばれるようになりました。

プール熱という名前ではありますが、感染経路は、プールだけではなく、飛沫感染や接触感染が原因となりますので、保育園や幼稚園、学校などで集団感染に広がってしまう可能性があります。

 

原因となる病原体は、アデノウイルスです。

アデノウイルス自体は一年中みられるウイルスですが、プール熱は一般的に夏場に流行します。

流行し始めるのは6月頃からでプールの利用が多くなる7月から8月にかけてピークを迎えます。

厚生労働省の感染症発生動向調査によれば、患者は5歳以下の子供が6割を超えるといいます(IDWRより)。

最近では病院でも、プール熱や咽頭結膜熱とは言わずに「アデノウィルス」と診断されることが多いかもしれません。

高熱、のどの痛み、目のかゆみ、と子どもとってなかなかツライ症状が続きます。

しかし特効薬もなく、対処療法でゆっくり治していくしかありません。

その様子を見ているパパやママも切なくなりますがウィルスと戦う子どもを応援してあげましょう。

ここで大人まで倒れるわけにはいかないので、寝られる時に寝て看病も無理をしないようにして下さいね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です