赤ちゃんが寝かしつけで泣く?時間や服装、場所は?大暴れ?エアコンは?

Pocket

赤ちゃんは寝ている時間が多いので「夜になったから寝よう」ということはないのですが、ママが夜に寝るためにも、赤ちゃんにも夜はぐっすり眠ってほしいのです。

始めは21時に寝かせることにしたのですが、ぐっすり寝付くまで約1時間かかり、そのうちに私も眠くなるので一緒に寝てしまうことばかりでした。

そこで、赤ちゃんは19時に寝かしつけることにしました。

19時から約1時間かかって寝かしつけてもまだ20時なので、「私も20時に寝てしまうのは早いな」という気がして、赤ちゃんと一緒に眠ってしまうことがなくなりました。

そうすることで、家族とゆっくり食事できたり、家事をこなして、自分の時間をとったりすることができました。

ネントレなどにも紹介されてますが、どの月齢でも19時頃までには寝かしつけると書いてあったりします。

日照時間の関係で夏と冬でもまた前後してきますが、大体はこの19時前後を目安にするといいと思います。

我が家もネントレで実践したのですが、大体19時過ぎに寝かしつけて、寝るようになりました。

そのかわり朝は早いと5:30とかに起こされたりもしました(笑)

 

赤ちゃんが寝る時の服装は?

赤ちゃんがパジャマを着ることは、生活リズムを整えるために良い影響を与えてくれます。

朝起きたらパジャマから普段着(遊び着)に着替える、夜にお風呂に入った後はパジャマに着替えるというサイクルをつくることで、赤ちゃんだけでなく、一緒に過ごしているママの生活にもメリハリがつきますよ。

赤ちゃんのうちは、特に寝ているときにたっぷりと汗をかきます。

赤ちゃんをパジャマに着替えさせる目安

● 授乳やミルクの間隔、睡眠時間が落ち着いてきた
● 生後3~4ヶ月くらいで外着(遊び着)を着るようになった
● 首が座るようになって着替えがしやすくなった

昼間に活動していた服のまま、夜に寝る布団を使うとなると、衛生的にも好ましくないということもありますよね。

首が座る前までは大変なので前開きロンパースで大丈夫だと思います。

朝と夜のメリハリをつけるために朝になったらお洋服を着替えて、夜になったらパジャマを着るんだよと教えると、パジャマを着たら寝る時間なんだと覚えてくれるようにもなるんです。

また、赤ちゃんのお腹を冷やさないように腹巻きつきのパジャマも売っています、3ヶ月を過ぎ首も座ったら着せてみてはいかがでしょうか?

 

赤ちゃんが寝る場所は?リビング?ベッド?

ポイントとしては、ママの目の届く範囲で、異変にすぐに気がつけて、対応する事ができる。というのがポイントです。

 

間取りにもよりますが、お世話のしやすさから考えると、日中はリビングに、夜は寝室に赤ちゃんが寝る場所を設けるのがベスト。

リビングから寝室が見渡せる場合は、寝室にねんねスペースを設置するほうがスムーズです。

日中過ごす場所がいくつかある場合には、ラックやクーハンなど持ち運びできるアイテムをねんねスペースとして利用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

家のスペースにもよりますが、日中長くいる場所にベビーベットやラックやベビー布団を置いたり、持ち運びが楽な物であればそのまま寝室へ持っていく事も出来ます。

どこでも寝れる赤ちゃんもいれば寝る場所は寝室でないと寝れない赤ちゃんもいます。

それと寝室とは別に日中過ごす場所にもオムツやオムツ拭きなどのお世話グッズを置いておくと便利ですよ!

 

赤ちゃんが寝かしつけで泣く?暴れるのは?

疲れているのに上手く寝ることが出来ずに、眠れなくてグズグズと寝ぐずりするようですよ。

生後1ヶ月ほどの赤ちゃんは起きられる時間がそれほど長くありません。

長い時間起きていると疲れすぎてしまい、かえって興奮して眠れなくなってしまうのです。

眠たくなると、耳を掻いたり目をこすったり、頭を左右に振るなど赤ちゃん特有の動きをして眠いサインを出すことがあります。

眠いサインが出た時にベッドに寝かせたり落ち着かせたりしてあげるとぐずる事もなく、ぐっすり眠りに入っていきます。

お母さんが抱っこやトントンしてあげるなどのサポートをしないでも自分で眠りに入るようにしてあげると寝る前にぐずることが減っていきます。

赤ちゃんは自分で眠るのがあまり上手ではないので、赤ちゃんが眠い時に見せるサインを見逃さないようにしましょうね!

赤ちゃんとママだけの入眠儀式を作るといいですね。

絵本だったり、歌を歌ってあげたり、お腹や頭をなでなでしたり、その赤ちゃんが好きな方法で寝かしつけてあげましょう。

そうすると、寝る時間なんだなと身体で覚えるようになりますよ!

 

赤ちゃんが寝る時のエアコンはどうしよう?

夜に寝ている間も熱中症になってしまうことがあるので気を付けなければなりません。

特に赤ちゃんは大人よりも体温が高いため汗もかきやすいので特に注意が必要です。

特に真夏には大人とて寝苦しくてつらい夜を過ごすことになりますから、大人よりも体温の高い赤ちゃんにとっては、もっと寝苦しい夜となっているわけです。

ですからエアコンは大人にとっても赤ちゃんにとっても夜寝るときの熱中症対策としてかかせません。

もし扇風機だけで寝かせてしまうと赤ちゃんは汗をたくさんかきますから、着替えをしたとしてもあせもになってしまったりしますのでクーラーは必ず使うようにしてください。

エアコンの温度はもちろん高めに設定したほうがいいです。

だいたい28度設定と言われますが、体感的には27度や26度設定という場合もありますので、これは調節してください。

赤ちゃんは自分で体温調節ができません。夏の暑い日は家にいても熱中症になる事があります。

大人でも注意しないといけませんが、赤ちゃんはさらに体温が高いので、部屋の広さにもよりますが、快適な温度にしましょう。

また寒すぎたり暑過ぎると敏感な赤ちゃんは起きてしまうので、適度な温度に保ちましょうね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です