赤ちゃんがよく寝るのは病気?障害?よく寝る日はなぜ?方法は?

Pocket

赤ちゃんがよく寝る日はなぜ?

 

寝る子は育つという言葉もあるように、赤ちゃんは良く寝ています。

特に異変が見られないようであれば、基本的には大丈夫です。

睡眠の時間にも、もちろん個人差がありますが、目安を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

その日の疲労度によっても変わります

  •  0~1ヶ月:16~18時間 
  • 1~3ヶ月:で14~15時間
  • 3~6ヶ月:13~14時間 
  • 6~12ヶ月:11~13時間 
  • 1~3歳:11~12時間 

 赤ちゃんが来たら、不眠不休でお世話しなくちゃ、と思っていたのに寝てばっかりで、みんな少し意外に思っているようですね。

 たくさん寝てくれるのは助かるけれど、寝る子は育つで楽観して良いのか、お母さん達も気になっているのでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜問わず寝ていますが、3ヶ月頃から次第に生活のリズムをつかみ始めていきます。

 基本的に赤ちゃんのペースに任せていて問題はありません。

 ママは泣きすぎれば泣きすぎたで心配するし、泣かないと泣かないで心配になってしまうものなんですよね。

赤ちゃんは泣いて不快な理由を教えてくれます。

オムツを替えて欲しいとか、オッパイを飲みたいとかの理由で泣いて起きます。

ですが、なかには不快に感じずずっと寝ていてくれる赤ちゃんもいます。

新生児の時は3時間ごとの授乳と言われていますが、もしも起きないようだったら無理に起こす必要はなく、夜中にママがふと起きた時でもいいと思います。

もし、あまりにも昼夜関係なく寝すぎて不安な時は、きちんと昼と夜の区別をつけてみる意識をするのもいいかもしれません。

また、次のようになかには、寝すぎる赤ちゃんで心配なケースもあるようです。

 

赤ちゃんが起きないで寝過ぎるのは病気?自閉症などの障害なの?

自閉症や障害を心配するお母さんもいるかもしれません。

乳児の時期にその診断をすることは難しいです。

 知的障害の中には血液検査でわかるものもありますが、ごく一部の障害です。

スポンサードリンク

基本的にはある程度成長しなければ、診断はできません。

 だいたい1歳から1歳半の検診で自閉症等の兆候が認められた場合は、療育指導を勧めらます。

そこで言動の発達状況などを見ながら、もしそうであった場合は、3歳頃に診断を受けることが多いのです。

注意深く成長を見守り、今後の検診を確実に受けて相談してゆくようにしましょう。

 

寝てくれないと悩むママもいるけれど、反対に寝すぎて心配!というママもいます。

よく寝てくれる赤ちゃんはママも睡眠不足解消になり有り難い事ですよね☆

寝すぎる赤ちゃんも大体は大丈夫な事が多いですが、心配される場合もあるようです。

体調不良や病気などの場合もあるので注意してみてみましょうね、また発達障害やアスペルガー症候群の可能性もあるようです。

その疑いがあるかも?と思った場合は調べてみましょう。

自閉症の場合は自閉症だと分かるまで時間が掛かります。

それまでずっと心配しているよりも、今少しづつ成長している我が子の成長を喜びそしてたくさん愛してあげましょうね!

 

赤ちゃんがよく寝る理由や方法は?

生活リズムが整ってくる生後3~4ヵ月以降の赤ちゃんや子どもに対しては、良く眠る方法があります。

赤ちゃんの眠る場所を暗くすることです。

必ず豆電球や間接照明等も消してください。

また、カーテンやドアの隙間からも光が漏れていたり、空気清浄器や加湿器などの小さなランプが点灯したりしていませんか?

赤ちゃんは大人が想像する以上に光に敏感です。

テレビやスマートフォンなどは、眠る2時間ほど前から控えます。

昼夜の区別をつけるために、お昼寝は明るい場所で寝させることを推奨する場合もあります。

ですが、寝つきの悪い子などは、お昼寝の場合でも部屋を少し薄暗くしてあげると効果的です。)

一日のお昼寝の合計時間の目安は1.5時間~3時間ほどです。

夜、お子さんの寝つきが悪い場合はお昼寝の時間が長すぎる可能性があります。

夕方の遅い時間にお昼寝をさせるのも避けましょう。

できれば夕方4時頃までには起こすようにします。

朝しっかりと早起きすることも大切です。

朝早く起きて太陽の光を浴びることで、夜暗くなってきた頃に、眠気を誘う睡眠ホルモンが上手く分泌されるようになります。

よく寝てくれる赤ちゃんもいますが、その方法とはあるのでしょうか?

自然によく寝てくれるようになった!なんて赤ちゃんはママも楽ですが、ちょっとした努力でよく寝てくれる子にもなれるようです。

もちろん個人差がありますが、あとは二人目、三人目の赤ちゃんでもまた違うようです。

1番最初の子はママも分からない事だらけで神経質になりがちですが、二人目になってくると、ママも育児に少し慣れてきて、また上の子に手が掛かる分、下の子は適当になりがちです。

でもこれがまた赤ちゃんがグッスリ寝てくれる原因にもなっているようです。

他にはよく寝れる音楽やアプリ、オルゴールを使って寝かせたり、絵本を読んであげたり、ベビーマッサージをしたり、色々その赤ちゃんが寝やすい方法を試してみましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です