赤ちゃんが寝ないで泣くのは病気の可能性がある?普通?

Pocket

 赤ちゃんが寝ないで泣くのは普通?

そんなにたくさんの時間寝ない子もいれば、その時間以上にずっと寝ている子もいます。

大人でも8時間以上寝ないとダメという人もいれば5時間睡眠で充分という人もいますよね。

同じように、新生児も個人差があります。

睡眠時間もその子の個性ということなので心配しなくても大丈夫ですよ!

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんも十人十色、性格によってよく寝る子もいれば、寝ないでずっと泣いているという赤ちゃんもいます。

家事をしなくてはいけない、特に核家族で誰も手伝ってくれないママにとってはかなり大変なことですよね。

でも、泣くのにはなにか理由があって、まずはその不安をとりのぞいてあげましょう。

それでも泣き止まない子もいます、私の姉の子供も3歳になるまで、背中スイッチがあって、なかなか寝ないどころか、癇癪もちで夜中にキィーキィー叫び、姉は夜になるのが怖いと言ってる時もありました。

でも、手が掛かった分とても可愛くて溺愛しています(笑)

いつかは静かな夜がきます、小学生になるまで泣いているなんてことはないのですから、今の赤ちゃんの時期はもうこないので、この日々もいい思い出だったと思えるように日々を大切に過ごしていけたらいいですね。

 

寝ないのは病気の可能性がある?

寝ることにも体力が必要になるため、まだ月齢が浅い赤ちゃんは長時間眠り続けることができません。

その結果、2時間や3時間という短時間睡眠のサイクルになるのです。

 

月齢や赤ちゃんの性格や環境によっても、寝ない原因は異なりますが、主な可能性をみていきましょう。

 

・昼夜の区別がついていないから泣く

新生児の赤ちゃんは、まだ視力が発達しておらず、脳の学習も進んでいないため、明るい時を昼と感じたり暗くなったら夜だと感じたりして、明確に区別することができません。

スポンサードリンク

・お腹が減っているから泣く

新生児だけに限らず、月齢が進んだ赤ちゃんにも当てはまることですので、授乳量や離乳食の量が適切かどうかを見極める必要があります。

・赤ちゃんのおなかにハリがあるから泣く

寝る前にたっぷり授乳している赤ちゃんの場合、ゲップが出し切れておらず、お腹にハリが残っている場合があります。

・赤ちゃんの体温、温度調整が合わなくて泣く

赤ちゃんの体温は、少しの変化にも影響を受けてしまうものですから、ちょっと気温が高すぎたり、低すぎたりするだけでも、寝ることができなくなってしまうのです。

・興奮しずぎ、刺激がありすぎて泣く

目がパッチリ開いていて、眠る気配がないときは、リラックスしやすい子守唄などを歌い、神経を落ち着かせてあげるようにしましょう。

・おむつ濡れている、サイズが合わないで泣く

さっきおむつを替えたから大丈夫だと思っていても、赤ちゃんはすぐにおしっこやウンチをしてしまうものです。

産まれてから半年の間は、赤ちゃんは急スピードで成長していきますので、少し前まで使っていたおむつが窮屈になることはよくあることです。

・寝る環境が気にいらなくて泣く

テレビやスマートフォンのスイッチを切り、静かな環境で眠らせてあげるようにしましょう。

お昼寝の場合はカーテンを引いて寝やすい暗さに調整し、夜も最小限の明かりにすると、眠りやすくなります。

・鼻づまりや咳など体調が悪くて泣く

熱が出ると、その熱が出た行為自体によって寝られなくなりますし、座薬や解熱剤を飲ませて薬の働きで目が冴えてしまう事も考えられます。

よく寝る子の時の場合と違って病気の可能性はあまりありません。

ですが、赤ちゃんも風邪を引くと、特に鼻水が出ると自分で吸えなくて苦しそうでなんとも可哀想です。

起きてる時ならママが鼻吸い取り器などで吸ってあげることが出来ますが夜寝るときは苦しくて何度も起きてしまう時があります。

その他の原因は上記にあるような事があげられますが、日中の刺激が強くて寝れないこともあります。

お盆やお正月など親戚が集まるお家でたくさんの人に会った事や、楽しかったこと、見たものが赤ちゃんにとって刺激的なものだったりすると、

興奮して眠れないこともあるようです。

病気の心配はないので安心してくださいね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です