赤ちゃんのうんちが臭い。血が混じったり、色が緑や黒いのは病気?

Pocket

赤ちゃんのうんちの色は、黄色の色素を持つ胆汁のビリルビンの影響を受けているのですが、これが酸化すると緑色に変化します。

うんちの回数が少なかったり、ミルクでの授乳であったり、授乳の際に多量の空気を飲み込んだりすると、うんちが腸の中で多くの空気に触れ、酸化して緑色になります。

 

スポンサードリンク

 

母乳育児の場合は、母乳の成分が乳酸菌の生成を促進するため、うんちが酸化して緑色になりやすくなります。

この他にも、うんちが出た後にしばらく放置されると、ビリルビンが空気に触れて酸化し、緑色になることもあります。

見方によっては、緑色のうんちは「乳酸菌が腸の働きを促進している」という健康の証として捉えることもできます。

また、新生児の頃に緑のうんちが出ることもあります。

 

赤ちゃんの便の色がいつもと違うと心配になりますよね。

緑色の便は、甘酸っぱくような、へんな匂いがして心配になるものです。

私もよく某雑誌の付録についていたうんちの色チェックシートを眺めて、これじゃないよね?大丈夫だよね?と心配になっていた事を思い出します。

最初は驚いてしまうかもしれませんが、緑色のうんちが出ても安心してくださいね!

 

うんちに血が混じるのは?

 

赤ちゃんのうんちに血が混じる場合に関してですが、ほとんどの場合は心配がいらない事が多いようですよ。

赤ちゃんのうんちや様子を落ち着いて、客観的にしっかりと観察してみましょう。

 

黄色・緑色のうんちに明らかに血が混じっていたり、赤茶色や赤黒くなっているうんちも血便です。

一見すると黒っぽいために血が混じっているとはわからないかもしれませんが、よく見ると赤みがかっているのでよく観察しましょう。

 

ただし、重大病気の可能性もありますので、楽観視は厳禁です^^;

 

命にかかわることもあるので、以下の色や状態が見られたら、すぐに小児科を受診しましょう。

!いちごジャム状の血便!

粘着性のあるいちごジャムのような血便が出たら、「腸重積」の可能性があります。腸重積は腸の一部が腸に入り込んで重なってしまう病気で、乳幼児に発症しやすいとされます。

腸が腸の中にもぐりこむ際に激しい腹痛を伴うので、血便以外にも激しく泣いたり、嘔吐したり、顔色が悪くなります。

!全体的に黒っぽい血便!

便全体にまんべんなく血が混じっている場合は、「胃出血」の可能性があります。

難産などで赤ちゃんに大きなストレスがかかった場合や、薬を服用している場合などに、胃の粘膜に負担がかかって一時的な粘膜の損傷による出血が起こることがあります。

!コールタール状の血便や茶褐色の吐血がある!

新生児でコールタール(黒い油状の液体)状の血便が出た場合、「新生児メレナ」が疑われます。

スポンサードリンク

新生児メレナの場合、症状に茶褐色の吐血を伴います。

 

うんちに血が混じっていると、さらにビックリしてしまいますよね。

もしも血が混じっていたとしても上記のようなうんちで無かったら安心して下さいね。

黒っぽいうんちが一部分に一日だけとか、ポツポツした点状の血や細い糸くずのような血が混じっているうんちは大丈夫なうんちです。

ですが、危険な場合のような状態のうんちをしていたら、すぐに病院を受診しましょうね。

 

うんちが臭いのは?

うんちのにおいは腸内細菌に左右されます。

母乳やミルクだけを飲んでいる段階では、主にビフィズス菌しかいないので、酸っぱいにおいがあるくらいで不快には感じません。

離乳食が始まって腸内の消化吸収を助けるための大腸菌の数が増えると、鼻をつくにおいになります。

 

うんちが臭いときの対処方法は?

離乳食を始めた後で臭くなった場合は特に心配いりません。

ただし、強烈な腐敗臭や吐き気がするような異臭がする場合は、腸内の細菌バランスが乱れている可能性があります。

消化吸収機能が低下していることもあるので、一度小児科を受診しておくと安心です。

ママにとっては、うんちは臭いものだと分かっていても、赤ちゃんのうんちがくさいとまた心配になってしまいます。

まだ離乳食前のおっぱいやミルクの時期のうんちは酸っぱいような匂いがしますが、それ程不快には感じないものです。

離乳食が始まってくると匂いが変わって大人と変わらなく臭くなってくるので、それで病気なんじゃないか?と心配してしまうママもいるようです。

ただ、心配されるケースもまれにあるようなので、その際はすぐに小児科を受診しましょうね。

 

うんちの色が黒いのは?

どの程度の黒さなのか。

ということにもよりますが、異常のある場合、
本当に真っ黒!!です。

その場合、胃や腸などの消化器系の炎症による出血が考えられますので、すぐに受診をしなくてはいけませんが、まずは赤ちゃんの様子をみてみてください。

いつもと変わらず、元気に遊んでいて、食欲もあるようなら、特に心配はいりません。

 

うんちの色が黒い原因は?

体内に溜まったうんちが酸化して うんちの色が黄色っぽいものから変化します。

うんちに含まれる 「ビリルビン」という物質が酸化すると黒くなったり深緑色になったりします。

また、離乳食が始まっている赤ちゃんだと、食べたものによっても変化します。

例えば、ほうれん草や海苔、肉類が多いと黒くなる傾向にあります。

ですから、赤ちゃんが元気ならば、少し様子を見てあげてください。

1、2回程度続く程度でしたら心配はいりませんが、何度も続き、赤ちゃんがぐったりしている、発熱、食欲がない・・などの場合は小児科に相談してみてください。

その際には、黒いうんちのついたおむつを持参するようにしてくださいね。

 

緑の色のうんちと同様、黒いうんちが出てもママは慌てないでくださいね。

うんちの色で判断も出来ますが重要なのは赤ちゃんの様子の変化も大切です。

食欲がなかったり、ぐったりしていたりいつもと様子が違うようなら注意が必要です。

また、黒いうんちでも赤黒いうんちは消化器官系の問題が含まれているようなので、その症状が見られたら小児科を受診してくださいね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です