赤ちゃん男女産み分け。産み分けゼリーの効果は?食べ物で男女の産み分け?

Pocket

みなさんご存知でしたか?赤ちゃんの産み分けの為には、産み分けゼリーと呼ばれるものが用いられることがあります。X精子とY精子の特性を利用して、片方の受精をしやすくする方法です。

● 男の子:Y精子はアルカリ性に強く、酸に弱い


● 女の子:X精子は酸性に強く、アルカリ性に弱い

スポンサードリンク

性交渉をするときに、産み分けゼリーで女性の腟内を酸性かアルカリ性かに調整すれば、男の子と女の子の産み分けの確率を高めることができます。

男の子がほしいなら「グリーンゼリー」を使い、女の子がほしいなら「ピンクゼリー」を使って、それぞれ腟内をアルカリ性、酸性にします。

使い方は?

商品によって多少異なりますが、産み分けゼリーの使い方は、以下のような順番で使います。

実際の使用に際しては、説明書や医師、薬剤師などのプロの指導に従って安全、適切に行ってくださいね。

1. ゼリーを40度前後のお湯で溶かす


2. 1回分のゼリーを注射器のような形のシリンジに取る


3. 腟内にゼリーを深く挿入する


4. 注入後5分ほど待って性交渉を行う

産み分け表や、産み分けカレンダーの他にも産み分けゼリーなるものがあるなんてビックリですよね!

これも産み分けカレンダーと同じで当たったらいいね☆位の気持ちで試してみるといいですね。

また、もしも産み分けゼリーで障害があったら?と心配する声もあるようですが、心配な時は全部日本語表記のゼリーを買うのがオススメなようです。

また、産婦人科から処方してもらえた薬ならなおのこと安心ですよね!

女の子の産み分けのための食べ物は?

食べるものによって体内の環境を女の子ができやすい状態にする方法です。

スポンサードリンク

女性は酸性食品、男性はアルカリ性食品を食べるといいといわれています。

酸性食品代表は肉、卵、魚を中心にトマト、ほうれん草、ぶどう、みかん、さつまいもなどがよいです。

アルカリ性食品代表はサラダ菜、ピーマン、こんにゃく、じゃがいも、きゅうり、海藻、乳製品、ごぼう、なすなどです。

男性は女性お勧めの食品は避け、女性も同様に男性のアルカリ性食品を避けるようにします。

食べ物でも産み分けの効果に繋がると言われているようです。女性が酢を飲むといいなんて言われる事もあるようですが、あまり根拠は無いそうですよ^^;

また生活環境などでも効果があるようで、ストレスの多いママは女の子を宿しやすい、パパに下着をキツイのを履いてもらう、産み分けをする一週間前から温浴をすると効果があるとも言われています。

産み分けカレンダーやゼリー、食事、色んな方法があるので試してみたい方は自分に合ってる方法をあくまでも楽しみながら試してみましょうね☆

男の子の産み分けのための食べ物は?

男の子を産み分けしたい場合の食事は、男性が「肉食(酸性食品)」、女性は「草食(アルカリ性食品)」

これらの食事を食べることによって、体内のPHを酸性やアルカリ性に調整するというのが、食べ物で男の子、女の子を産み分けをする考えです。

産み分けの為には、いつから食べ分けをすればいいの?

精子が精巣でつくられて射出されるまで約3か月かかるので、産み分けを実施する3か月前から食事制限を行うことになります。

いかがでしたか?

男の子、女の子を産み分ける食べ物もあったとはビックリですね!

しかも男の子を産み分けたい場合の食事制限が3ヶ月も前から始めるとは驚きですよね!

かなりの長期戦です。また男の子が欲しい人は他にもコーヒーでの産み分けやリンカルというサプリメントで実践している人もいるようです。

どの産み分け方法もあくまで楽しみながら、当たったらいいな〜!くらいの気持ちで実践するといいでしょう。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.