赤ちゃんの産み分けゼリーとは?効果、双子、確率や成功率は?

Pocket

赤ちゃんの産み分けゼリーとは?

産み分けゼリーとは、男女いずれかの性別の赤ちゃんを生まれやすくするための潤滑ゼリーです。

膣内に入れてセックスをすることにより、希望する性別で赤ちゃんができる確率を高くします。

スポンサードリンク

その仕組みは、精子と膣内のpH(アルカリ性・酸性)と深い関わりがあります。


Y染色体(男の子)はアルカリ性に強く、X染色体(女の子)は酸性に強いという特性を持っており、精子が膣内に入ったときに、どちらのpHに傾いているかで、どの性別になりやすいかが決まるのです。

産み分けゼリーは、性交時における膣内の性質をコントロールすることで、希望する性別の精子が生き残りやすい環境を作ります。

性別で使用するゼリーが異なり、女の子を希望する場合はピンクゼリー、男の子希望の場合はグリーンゼリーを使用します。

近年、いずれかの性別の赤ちゃんを希望するカップルが増えたことで、病院によっては産み分けゼリーを提供している産婦人科や不妊外来があり、さらに「産み分け外来」を設置している病院もあるのです。

赤ちゃんが欲しいと思う夫婦に、女の子が欲しい、男の子が欲しいと思う夫婦もいますよね。

一人目だと生まれてきてくれればどちらでもいいと思う人は多いと思いますが、特に二人目や三人目になるとそう望む夫婦も増えてくるようです

こちらのゼリーは性交時に使用する事でコントロールし、産み分けしやすくなっていると言われているようです!

楽しみながら出来る人であれば、試してみるのもいいかもしれませんね☆

赤ちゃんの産み分け効果は?ふたごも?

どれくらいの確率で産み分けられるのかについては、顧客や患者の情報をもとにデータを提供しているメーカーやクリニックもあります。

70~80%といわれることもありますが、第三者機関が調査した統計データではないため、「希望する性別の赤ちゃんが生まれる確率が、50%よりも少し高くなる」程度に考えておくほうが良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

・産み分けゼリーで双子を産む方法は?

双子を妊娠しやすい一つの方法は、不妊治療で排卵誘発を行うことです。

クロミッドなどの排卵誘発で一度に複数の卵胞を発育させる為、多胎妊娠に繋がることがあります。

または、体外受精・顕微授精で双子の確率が上がります。以前は、一度に二つの受精卵を子宮に戻すこともある為、15~20%の確率で双子を妊娠する可能性もあるそうです。

病院によっては35歳以上であれば胚を2つ同時に戻してもいい、という病院もあるので確認した方がいいでしょう。

クリニックで産み分けをしてもらえると安心しますよね。

ゼリーの効果は半々といったところでしょうか、なので確実に頼ったりせずに希望する性別が生まれてきてくれたらいいな♪と思える人にはいいのかなと思います。また双子の産み分けは基本的には厳しいようですね。

私も街で双子ちゃんを見かけるとついつい目がいってしまいます、また育てるのは大変かもしれないけど可愛い我が子がソックリなお顔で二人ってたまらないですよね!

赤ちゃんの産み分けの確率、成功率の上げ方は?

男女の産み分けの成功確率を上げるためには、日々の生活習慣も大切になってきます。

排卵日のリズムや精子は、ちょっとしたことで崩れてしまいますから、男女共に睡眠不足や不健康な食生活、男性は喫煙や飲酒も控える生活などが求められます。

排卵日を正確に予測するのは大変なことなので体温表が一定でないなど自分で判断できない場合には、病院やクリニックでも予測してもらうことは可能です。

検査をする必要がありますが、病院やクリニックで得た排卵日の予測データは95%の特定率と非常に精度が高くなります。

産み分けをより確実なものにするには色々な努力をみなさんされているようですね。

まずは自分の排卵日を把握することは大切ですが、産み分けは男性、女性の食事内容なども大切なようです。

また産み分けに限らず生活リズムや健康でいることは妊娠する確率をあげる為の手助けをしてくれるでしょうから日頃から規則正しい生活を心がけていく事も大切ですよね!

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.