赤ちゃんの産み分けゼリーの障害リスクは? 病院、薬局、市販?値段や費用は?

Pocket

産み分けゼリーの障害などのリスクは?

 

「ゼリーを腟内に入れて、酸性・アルカリ性をコントロールする」と聞くと、ママと赤ちゃんの体への影響が心配になる人もいるかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

しかし、産み分けゼリーの成分は自然由来のものがほとんどです。

たとえば、水溶性コラーゲンやクエン酸、塩化ナトリウム(塩)など、体に無害な成分で作られているので、基本的には、体に障害が残るなどのリスクはないと考えられています。

ただし、海外製の産み分けゼリーのなかには成分表示のないものがあるので、安全性を考えるなら日本製で、成分がすべて開示されている商品を選びましょう。

また、婦人科で診断をしてもらったうえで処方してもらうと安心ですね。

「胎児に障害がでる」
「産み分けゼリーを使うと妊娠しにくくなる」

 といった情報もネット上ではちらほら見られます。

 膣内のpH調整には、クエン酸やアルギニンなどもともと体内に豊富に存在する成分を使用しており、これらが悪影響を及ぼすとは考えられません。

 実際、産み分けゼリーが原因で胎児に障害が見られたという報告は現時点でないのです。

 安全な国産品を用法を守って使用する限り、産み分けゼリーでの障害のリスクは、極めて低いと言って良いでしょう。

 また、「産み分けゼリーを使うと妊娠しにくくなる。」については、医学的根拠が全くありません。

 むしろ妊娠する可能性は高くなる場合もあります。


確かに、男の子を生みたい場合はX精子(女の子)を、
女の子を生みたい場合はY精子(男の子)を活動しにくくするので、その精子たちは受精する可能性が低くなります。

 しかし、反対に希望する性別の精子は活動しやすい環境になるのですから、妊娠する可能性は高くなるはずです。


従って、産み分けゼリーを使用することでの副作用や安全リスクは少なく、用法用量を守った上で安心して使うことが出来そうです。

産み分けに使用する時は海外製より日本製の方が成分表もしっかり記入してあるようで使用する側としては安心ですよね!

産み分けゼリーに限らず薬やサプリメントも私的には海外製品より日本製品の方が気持ち的に安心な気がしてます(笑)

今の所、ゼリーを使用しての悪影響や障害児が生まれたとの報告はありませんが、産み分けゼリーに限らず用法、用量を守る事は大切ですよね。

 

産み分けゼリーは薬局?病院?市販している?

産み分けゼリーは、一般的な薬局やドラックストアでは売っていません。

 

手に入れる為には、産婦人科で処方してもらうか、ネット通販で買うしかありません。

 産み分けゼリーが欲しいなら、産婦人科で処方してもらうのが一番安全な方法です。

産み分けの指導を行っている産婦人科を探してください。

指導や説明を受けて、産婦人科で処方してもらうのが一番いいと思います。

 通販で買う場合、品質がよくないものが紛れています。

デリケートな場所に使うものなので、あまり安いものを買うのはよくありません。

スポンサードリンク

口コミや商品説明をきちんと見てから、必ず成分がすべて書かれている日本産のものを選ぶようにしましょう。

なるべく安心、安全な産み分けゼリーを使うようにしてください。

 妊娠・出産というのは、本来自然に任せるべきで、産み分けという人工的なものを加えるべきではないという倫理的な問題が出て来ています。

なので、産み分けが興味深い分野でありながら、あまり積極的に開発されていないのでしょう。

 今のところ、ピンクゼリーを販売しているのは、ネオサイエンス(株)がネット販売している「ハローベビーガール」。杉山産婦人科の産み分けネットで購入できる「ピンクゼリー」ぐらいです。

この2つとも、信頼度の高い販売元なので、安全の面では安心していいでしょう。

残念ながら産み分けゼリーは産み分けを推奨している産婦人科かネットでの購入しかないようです。

確かに薬局で買えたらみんな気軽に買う人が増えそうですよね。

また酢水やライムで洗浄している方もいるというのは私も驚きでした!

産み分けを楽しみながら使用するのはいいかなぁと思いますが、赤ちゃんは授かりものなので、男の子、女の子、どちらが生まれてきても、たくさん愛して可愛いがって育てていきたいですよね!

 

赤ちゃんの産み分けゼリーの値段や費用の目安は?

*男の子の場合

我が家では男の産み分けに挑戦しており、ハローベビーボーイと言う潤滑ゼリーを使用しています。

1箱の価格は税別1万円で7回分の潤滑ゼリーが小分けされて入っています。

1回の子作りで必要な本数は1本です。

 我が家が1カ月に消費する本数は2本なので1箱購入するれば3ヶ月は持つという計算になります。

 因みに単品で購入するのではなく何箱かまとめて購入すると単品よりも少しお安く購入することができるので、長期戦で男の子づくりに挑む覚悟でいる方はまとめ買いした方がお得だと思います。

*女の子の場合

 私は一人目が男の子だったので、二人目は出来たら女の子にしたくてピンクゼリーを試しました。

事前に調べてみると、産婦人科を受診しなくてもネットで買えるものもあるようでした。

しかし大事な赤ちゃんのことなので、心配できちんと産婦人科の先生に相談して処方箋を出してもらいました。

 私が行ったところでは四回分使えて約一万円でした。

ただ病院によって値段は違うらしく、多少前後するようです。

ネットで購入するより、診察料等も上乗せされて少し高いかなと思います。

でもピンクゼリーの使用に関して先生に不安な点を聞けて、安心して使えたのが良かったと思っています。

上記の口コミにもあるように男女によって本数や値段もバラバラなようですね。

またネットと産婦人科から買う場合もまた値段に差があるようです。

産婦人科の場合、診察料もありますから、その分差額が発生するのかなと思います。

大体1万円〜1万5千円といったところでしょうか。

決して安い値段ではないので夫婦でよく相談して、使用する際には気持ち的に無理のない範囲で試してみたいですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です