産み分けピンクゼリーの効果は?成功率や、効果的な使用方法は?

Pocket

赤ちゃん産み分け・ピンクゼリーとは?

産み分けゼリーは、X精子とY精子の以下の特性を利用して、どちらかを受精しやすくさせ、産み分けを目指す方法です。

● 男の子:Y精子はアルカリ性に強く、酸に弱い


● 女の子:X精子は酸性に強く、アルカリ性に弱い

 

スポンサードリンク

 

性交渉をするときに、産み分けゼリーで女性の腟内を酸性かアルカリ性かに調整すれば、男の子と女の子の産み分けの確率を高めることができます。

男の子がほしい場合は「グリーンゼリー」を使って腟内をアルカリ性に、逆に女の子がほしい場合は「ピンクゼリー」を使って腟内を酸性にします。

 

またピンクゼリーにも色々あるようで、値段や使用方法、中に入っている本数なども様々でそれらの商品を比較しているサイトもあるので、それで参考にしてみるのもいいでしょう。

慎重なママさんだったら、赤ちゃんの為に使う物をネットで買うのはちょっと抵抗あるという方もいますよね。

そういった場合は、診察料や処方料が上乗せされますが産婦人科での購入が安心するのではないでしょうか。

また、膣内に注射器を使って使用する為、それにも抵抗がない人はチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

 

産み分けゼリーの効果や成功率は?

ピンクゼリーの成功率は、50%程と言われています。
成功率と失敗率は、半々のようです。


五分五分と言うのは、成功率としてはあまりいいとは言えない数字かもしれません…。


実はこの成功率の低さは、
ピンクゼリーの成分表示と関係しているようです。

 ピンクゼリーは、成分表示が非公開です。

  • どのような成分が使用されているのか
  • どれだけの効果があるか

などが一切不明なんですね。


と言うことは、効果の低い成分が使用されている可能性もあります。

・女の子を産みわける成功率高し!

ピンクゼリーの最大の特徴といえば、やはり女の子を産みやすくできるというところでしょう。


実際の成功率についてですが、使用することで
女の子を産み分けることが出来る確率は80%と言われています。

 ゼリーを使わなかった場合は60%程度と言われているため、ピンクゼリーによって成功率を高められることが分かりますね。

 ・膣内を酸性にします!

ピンクゼリーの特徴のひとつは「膣の中を酸性にしてくれる」こと。


そしてこれこそが、女の子を産みやすくなるポイントなのです。

・女の子を産み分ける為の精子とは?

女の子を作るために必要なのは、X精子と呼ばれる精子。

でも、この精子はアルカリ性の環境には適していません。

X精子が存在しやすい酸性の環境を作ってくれるピンクゼリーの特徴が、女の子を産みやすくするためのサポートをしてくれるのです。

スポンサードリンク

 

今多く発売されているピンクゼリーは中国産で成分表示がされていないものがほとんどの用です。

また同じ物を何回も使用する点でも衛生面など気になりますよね!

ピンクゼリーを購入する人はこれらの事を考慮したうえで買う必要があるでしょう。

また数少ないですが、日本製のピンクゼリーも販売しているようなので、そしてもちろん成分表示もされているようなので、そちらと比較して納得されてから購入するのがいいようですね。

何回も使用することや注射器に抵抗がある方は、1回使いきりタイプで丸状の形のもあるようです、色々比較して自分に合った物を使用したいですね。

 

産み分けゼリーの効果的な使い方は?

ピンクゼリーを使用する際、まず大切になるのが生理周期のどの時期に使用するかということです。

排卵する前の段階で使わなければなりませんが、排卵当日がよいのでしょうか、とれとももっと前がよいのでしょうか。

一般的に日本では

 ”排卵日2日前がベスト”

 だという意見が多いようです。

海外では当日でも、前日でも、2日前でもあまり大きな差はないというのが一般的だから、その3日の間ならいつでもいいという意見を持つ医師もいるようです。

 総合的に見ると、できるなら排卵日の2日前、できなければ当日か前日ということになるでしょうか。

基礎体温表、おりもののチェック、排卵検査薬の使用、病院でのエコーなどを複合的に使用することが、排卵日特定のポイントです。

腰に枕を敷くなどして腰の位置を高くし、膣内からゼリーがこぼれないようにしましょう。

 シリンジを膣に半分以上挿入してから注入をすると、確実な注入がしやすくなります。

注入はゆっくりと膣内全体に行うことを意識するとよいでしょう。

ゼリーが熱いまま注入すると火傷をしてしまいますので、必ず冷ましてから注入してください。

約5分間待ってから性交する

この5分というのは、膣内全体にゼリーを行き渡らせるための時間です。

起き上がったりすると溢れてきてしまいますので、そのままの体勢で、両足を閉じておくと安心です。

 5分後に性交を開始しても、射精するまで1時間程度なら時間が掛かっても問題ないだと言われていますので、焦って射精をしなくても大丈夫です。

但し、前戯などを行うとゼリーが溢れる原因になるので、すぐに挿入できる状態にしておきましょう。

これが、基本的なピンクゼリーの使い方です。

間違った使い方では効果を得ることはできません。

正しく使って、産み分け成功率を上げましょう。

ピンクゼリーについて色々みてきましたが、向き不向きもあると思います。

ですので、上記の使用方法を見て試してみたい☆と思った方は実践してみるといいかもしれませんね。

 

また、女の子を授かりたい時にはピンクゼリーを使用すると共に、性行の仕方にも工夫があるようです。

女性側が感じやすくなってしまうと男の子が生まれやすいとも言われていて、女の子が欲しい際には、あまり感じないようにし、浅く挿入してもらうといいそうですが、なかなか難しい事ですよね(笑)

男性にも不快な思いをさせてしまう事も多そうなので、よく話し合って男性も納得してくれていたら実践するのもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です