産み分けゼリーの障害の危険は?失敗やデメリットは?ピンクゼリーの購入は?

Pocket

産み分けゼリーの障害の危険などは?

ピンクゼリーやグリーンゼリーを購入できる杉山産婦人科のホームページでは、

使用者および出産児の安全性は実証されている」と記載されています。

 また、赤ちゃんの障害や奇形は、

卵子や精子の染色体異常や、ウイルス、放射能などによるものがほとんどですので、

 ピンクゼリーやグリーンゼリーを使用したからといって、

障害などが発症してしまう可能性は非常に低いと思われます。

 安心して使用して良さそうですね!

 排卵日を避けても大丈夫

女の子の産み分けをする際には、

排卵日を避けて性交しなければなりません。

 すると、結果的に射精されてから2日以上たった精子と受精することになります。

 フレッシュな精子ではないので、あまり良くないのでは?と思うかもしれませんが、

これも心配ありません。

 精子が射精されてから、受精する能力があるとされている時間は、

24時間と言われていたり、48時間だと言われていたり、あいまいな部分があります。

 実際は、排卵日より1週間前の性交で妊娠する人もいるぐらいなので、

精子の寿命ははっきりと決まっていないようです。

 しかし、どちらにせよ、

染色体異常のある精子や、運動率の悪い精子は、

そもそも受精しにくくなっているので、

 排卵日より前の性交で射精された精子だからと言って、

障害児や奇形児が生まれる確率が上がるということはありません!

 ですので、女の子の産み分けをする際にも、

排卵日より3~4日前の性交で子供ができてしまったけれど大丈夫?!

という心配はする必要が無いと言えそうです。

ピンクゼリーを使用して障害がある子供が生まれたの報告はないようです。

そういった心配を避ける為にも安全な製品を購入するのがオススメなようです。

私は生まれてきてくれたその子が女の子でも男の子でも、きっとその家に必要だからその性別で生まれてきたんだねと思うようにしています。

また、女の子は女の子の可愛いさ、男の子は男の子の可愛いさがあるので、その成長過程も育児の楽しみの一つなのかなぁと思っています。

 

ピンクゼリーの購入方法は?

ピンクゼリーはネット通販で購入ができます。

ネット通販と言っても、Amazonや楽天ではなく、個人で経営されている産婦人科のホームページや、産み分けネットというサイト(※会員登録に5,000円必要。)でもネット購入が可能です。

 注意すべき事と言えば、やまり体内に入れるものなので成分もですが、どこで作られた物なのか、海外だとしてもどこの国のものなのか気になるところだと思います。

国内のものも勿論ありますが、中国産のものもあります。

 体内に入れるもので尚且つ販売までしているとなると危ないものではないと思いますが、やはり国内で作られて販売されているものほど安心なものはありません。

インターネットで見てみると、どこの物なのか書かれていない物もあるので、その時は問い合わせフォームで一度聞かれたほうがいいかもしれません。

 そして使用方法なのですが、ゼリー状になっているものを一度温めて液状にしてから入れるものもあります。

それらが殆どかと思われますが、中には最初から液状になっていてそのまま注入できるような簡単なものなどもあり、ものによって様々です。

 これらを踏まえ、購入の際の注意点と言うと、できれば国内の商品、なおかつ、使用の際にあまり手間暇かからない物の方が便利

会員登録で5,000円も掛かってしまうのには驚きですね!

産み分けゼリーそのものも安い商品ではないので、使い続けるつもりであればお財布との相談も必要ですね!

また、もしかしたら近くの産婦人科でも取り扱っている事もあるので、産婦人科のホームページを調べてみたり問い合わせてみてもいいかもしれないですね!

スポンサードリンク

 

産み分けゼリーの失敗やデメリットは?

ピンクゼリーの使い方が把握できていない

ピンクゼリーはただそれを注入して行為を行えばOK、というものではなく色々と使う上で意識するべき点があるものです。

 例えば注入してすぐに行為を始めるのではなく、5分ほど置いてから始める…など、そうした順序を守らないと、失敗しやすくなってしまいます。

 ・排卵日を把握しきれていない

自分の排卵日についてを把握した上で使う…これがピンクゼリー成功のポイントです。

何度も失敗してしまっている…という人は、排卵日の把握に誤りがあることが原因かもしれません。

 今一度排卵日を調べなおしてみましょう。

 ・夫の協力も大切

ピンクゼリーを使用した場合は、正しい方法による性交をすることが成功のカギとなります。


正しい性交をするためには、パートナーである夫の協力も必要不可欠です。

 夫の協力や配慮がなければ、それも失敗を招く原因となってしまうでしょう。

 ピンクゼリーを使用する時に気をつけたいポイント

まずは自分の排卵日を正確に知ろう

ピンクゼリーを使用するベストなタイミングは排卵日の2日前くらいだと言われています。

このベストなタイミングを狙うには、自分の排卵日を正確に知っておかなければなりません。

 基礎体温を測り、まずは排卵のタイミングをきちんと掴みましょう。

 ピンクゼリーの仕組みを理解しておこう

ピンクゼリーは膣内を酸性にするというもの。

女の子を産むために必要なX精子は、アルカリ性の環境に非常に弱いとされているのです。

 つまり、膣内を酸性に保つことでX精子を生かしやすい環境を作り、女の子を産みやすくする…というのが、ピンクゼリーの仕組みであるわけです。

 ピンクゼリーを注入してから暫く時間をおくのも、膣内を酸性にしてから射精が行えるようにするためというわけなのです。

 あまりオーガニズムを感じないようにすることも大切

女性はオーガニズムを感じた時に膣内でアルカリ性の分泌液を出してしまうと言われています。

 つまり、感じればそれだけ膣内はアルカリ性になり、X精子の居づらい環境になってしまうのです。


女の子を産みたい場合には、オーガニズムを感じない行為を意識した方がいいかもしれません。

・ピンクゼリーのデメリットは?

その中でも特にピンクゼリーは効果が高いというウワサがありますが、それでも成功率で言えばたいしたことは無いという人もいます。

つまり、はっきりした効果の保証がないというのがひとつのデメリットです。

 統計があれば良いのでしょうが、そういった情報や、成分などについての情報が少ないので、あくまでウワサを頼りにすることになります。

そのため、本当にピンクゼリーに効果があるのかがわかりにくいのです。

 また、ピンクゼリーの安全性に疑問を持つ人も多いようです。

というのは、成分表示が不透明であるということもありますし、シリンジと呼ばれる注射器の筒を数回使いまわして使いますから、それが衛生面で不安を感じるという人が多いのです。

 これが大体4回分で1万円くらいになりますから、そう考えると高いという人も。

加えて、中国製の製品ということに不安を抱く人も少なくないようです。

 こういったデメリットもあることを承知の上で利用するのは良いですが、後で知って後悔したり、不安に思ったり、トラブルがあったといわないように、事前に調べてから自己責任で利用するようにしましょう。

ピンクゼリーのデメリットは料金や衛生面もありますが、やっぱりパートナーとの協力が必要不可欠になりますから、お互いのストレスにならない事も大切ですよね。

愛ある行為が、特定の性別を欲しいが為に業務的になってしまうのも悲しいですよね。

そして、ゼリーに頼り過ぎてしまう人は、失敗してしまった度に落ち込み、それが負担になりストレスになりかねません。

使用する際は自分の性格を把握して、ストレスなく使用できる、試しにやってみよっかな♪と思える人にはいいかもしれません。

2人の愛の結晶ですから、可愛い、愛おしいのは当然ですよね☆

どちらが生まれてもたくさん愛して育てていきましょうね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です