産み分けグリーンゼリーの効果や成功確率、使い方、タイミングは?

Pocket

産み分けのグリーンゼリーとは?

グリーンゼリーというのは、イギリスのポラード博士という人が開発した産み分けゼリーの名称で、男の子を産み分けるためのゼリーのことです。

 

スポンサードリンク

 

グリーンゼリーは、旦那さんと仲良くする前に、女性の膣内に入れて使用するゼリー状の液体です。

日本ではSS研究会という研究会に入っている産婦人科で買うことが出来ます。

また、産み分けのパイオニア的な産婦人科である、

杉山産婦人科という産婦人科ならネット通販も行っています。

注意点として、オークションなど使用途中のものが出品されていますが、

衛生的に不安があるので必ず新品で買いましょう!

日本で購入するには、上記の2箇所が安心、安全なイメージがありますね。

グリーンゼリーは赤ちゃんが欲しい夫婦にとって、そして特に2人目、3人目が欲しい夫婦にとって産み分けは大変興味深いものではないでしょうか?

女の子が欲しい人は”ピンクゼリー”を使用し、男の子が欲しい人は”グリーンゼリー”を使用するそうです。

しかし、確実に100%望んだ性別が産まれる訳ではないので、試してみよっかな♪位の気持ちで思える方にいいのではないでしょうか。

どちらの性別が生まれても2人の愛しの我が子をたくさん愛して育てましょうね!

 

グリーンゼリーの効果や成功の確率は?

子供は授かり物とは言いますが、あらゆる事情からどうしても男の子(あるいは女の子)が欲しい!と願っている方は少なくないと思います。

 男の子の産み分けのためによく利用されているのが『グリーンゼリー』。

これはイギリスで開発された薬で名前どおりに緑色をしたゼリー状の形態が特徴です。

このグリーンゼリーは一般のドラッグストアには売っておらず病院で処方してもらう必要があります。

(現在ではネットオークションなどで商品が出回っているようですが、衛生管理がどうなっているか全くわからないのでおすすめできません。)

 使い方は、排卵日の前後一日間の間に、パートナーと性交をするときに膣内に注入

ゼリーが漏れてこないように腰を高くして足を閉じた状態で5分ほど経つと、膣内がアルカリ性の状態にかたむきます。

この状態で性交をすれば、アルカリ性でより活発になる男の子の遺伝子を持つ精子が受精する確率があがるというわけです。

 絶対に男児が産まれるとは限りませんが産み分けの薬としては、かなりの成果をあげているのですね。

グリーンゼリーの使用方法はピンクゼリーと同じようですね。

正確なデータは分かりませんでしたが、実際に男児が生まれる確率はなんと70〜80%と割と高めな数字といわれているようですね!

スポンサードリンク

産み分けという方法もありますが、まずは妊娠率を高める事も大切ですよ。

規則正しい生活や、3食きちんと食事する事で生活管理をちゃんとして生活環境を整える事が妊娠率を高める事にも繋がるそうなので、まずは出来るとこから始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

グリーンゼリーの使い方やタイミングは?

グリーンゼリーの下準備
グリーンゼリーは、常温で固まっているので、お湯で溶かす必要があります。

お風呂ぐらいのお湯で5分ぐらいかけて溶かします。熱湯は使いません。

くれぐれも火傷には十分に注意してください。

グリーンゼリーの使い方

① 仲良しの5分ぐらい前にゼリーを中に入れる。
② 使用後は、そのまま就寝。

グリーンゼリーを使ったあとは、自分の足やシーツにゼリーがくっついてしまうので、バスタオルを敷くとか対策していると後が楽です。

産み分けゼリーを使う以外にも精子の活動量が活発になるような生活を心がける。

産み分けゼリーは膣内の酸性濃度を調整する働きがありますが、精子の性質には影響が与えられません。

Y精子の活動量は、熱や電磁波、宇宙線などで減少してしまい、反対にX精子が活発になります。

こういった男性の生活習慣で産み分けの失敗につながってしまうこともありますので気を付けるようにしましょう。

他にも、Y精子が活発に動くようにするためには、セックスの前1時間以内にカフェインを摂取することが効果的だという実験結果があります。

産み分けができる状態なのかを確認しておく。

そもそものお話なのですが、産み分けができる状態なのかは産み分けゼリーを購入する前に確認しておいた方が良いでしょう。

確認事項は次の通りです。

・妊娠ができる体なのか

・年齢や体調的に時間をかけても大丈夫なのか

・生理周期が正常で予測ができるのか

・夫婦で話し合い、協力できるのか

それは、一方の精子を子宮に入れないようにしているために当然の結果です。

妊娠ができるのか不安な時や高齢での出産になってしまうような時には産み分け自体を見合わせるか『○○回まではチャレンジする』という上限を決めておいた方が良いでしょう。

また、本当に産み分けを高確率で成功させたいのでしたら夫婦で納得して協力をし合えるようにしましょう。

生理周期の予測のための検温もですが、生活習慣を変える必要がある場合には協力があるかないかで成功確率は大きく変わってきます。

産み分けを成功するには、グリーンゼリーを使用する他に、使用する前に下準備をする必要があったり、”タイミング”を大切にする事も大切なようです。

自分の排卵日をきちんと把握しておき、その日に必ず使用したり、食事や、そして何より旦那さんの協力が必要不可欠といえるようです。

成功に近付く為には旦那さんといつもコミニュケーションを大事に仲良く過ごす事が一番大切なような気もします☆

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です