赤ちゃん産み分けグリーンゼリーの障害リスクは?安全?販売方法や失敗は?

Pocket

 

グリーンゼリーの販売方法についてですが、じつはドラッグストアなどの、一般のお店では売っていません。

産み分けの関係について診てくれている病院や、インターネットから通販で販売されているのが一般的になります。

ただし、通販で買うととなると国内品や海外製など種類もあったり、品質やお値段がかなり違っていて、迷うことになるでしょう^^;

 

スポンサードリンク

 

 グリーンゼリーは、デリケートな場所に使う商品です。

外国産の安価なものもありますが、成分がきちんと表示された国産のものをつかいましょう。

お値段のほうは、保険適応外の為少しお高いものが多いと思います。

また、成功するまで複数回使う必要も出てくるため、そういった点も考慮しておきましょう。

グリーンゼリーは医薬品というわけではないので、特に販売資格などを気にせず購入できます。

グリーンゼリーもピンクゼリー同様、薬局などでは手に入れる事は出来なくて、取り扱っている産婦人科かネット(産婦人科のサイト)で販売しているようです。病院経由や国産品だと、安心できますね。

ネットも買うには会員登録しなくてはならなくて、その値段も安いものではありません。

それにグリーンゼリーの値段もプラスされるわけですから、決して安いお買い物ではありません。

使い続けるなら無理のない範囲でお財布と相談しながら使用するのがストレスなくいいのではないでしょうか。

おおよその値段としては、1セット1〜2万円程度を目安にしておくといいと思います。

 

グリーンゼリーは安全なの?障害などとの関係は?

グリーンゼリーの安全性は?

基本的に、製品によって安全性もかなりのばらつきがあると思いますので、見分け方のポイントを見ていきましょう。

成分が公開されているかどうかは要チェックポイントです。

 どちらが安心かと言われれば、もちろん公開されているほうですよね。

管理の容易さも重要なポイントになります。

 ゼリーの中には「1つを何度も使える」ものと、「使い捨て」のものがあります。

 使い捨てのものは管理に気を使わなくても衛生的に使用することができます。

 一方で何度も使用できるタイプのものでは自分で使用した後に滅菌処理をしなければなりません。

 

障害などのリスクは?

産み分けゼリーの成分は自然由来のものがほとんどです。たとえば、水溶性コラーゲンやクエン酸、塩化ナトリウム(塩)など、体に無害な成分で作られているので、基本的には、体に障害が残るなどのリスクはないと考えられています。

海外製の産み分けゼリーのなかには成分表示のないものがあるので、安全性を考えるなら日本製で、成分がすべて開示されている商品を選びましょう。

こちらもピンクゼリー同様、安全性という面で、衛生面での心配がある商品もあるようです。

何回も使い回すのと中国産で成分表示がないものよりは1回使い切りで衛生的にも、そして日本製であれば、気持ち的にホッとしますよね!

ネットなどで購入する場合はよくよく調べて購入する事をオススメします。

また大切な赤ちゃんの為だからと、慎重派のママには最寄りの産婦人科で産み分けゼリーを使用している病院があれば、処方料と診察料はプラスされます。

スポンサードリンク

きちんと産婦人科で診察してもらってから出され物なら安心するのではないでしょうか。

 

ゼリーのを使うと使うと妊娠しにくいの?  

産み分けの基本は、希望しない性別の精子(女の子ならX精子、男の子ならY精子)が受精する確率を下げるというところです。

勘違いしがちなんですが、希望する性別の精子が受精する確率を上げているのではなく、逆に希望しない性別の精子を受精させないことで、相対的には希望する性別の赤ちゃんを授かる確率が上がっているにすぎません。

不妊治療を行っているご夫婦の中にも産み分けを希望される方もいると聞きますが、産み分けは妊娠しにくくなるので、不妊治療を行っているなら私は正直オススメはできません。

不妊治療を行っているけど産み分けしたいという事なら、ご自分では判断せずに必ず産婦人科のお医者さんに相談しましょう。

口コミによると産み分けには妊娠する確率を下げてしまうというのも事実なようです。

特に不妊治療されている方は、まずは妊娠する事が大事ですから、上のコメントにあるように不妊治療されている夫婦にとっては産み分けはオススメできないようです。

私の友人にも一人目→男、二人目→男だったので三人目こそ女の子欲しいと、その時に産み分けをした友人がいました。

そんな使い方がいいのかもしれませんね☆

 

産み分けゼリーの失敗などは?

主な失敗の理由は?

・諦めてしまう

・間違った方法をもとに産み分けをしている

・夫の生活の見直しをしていない

・産み分けのための病院や用品を使わないようにしている

年齢的に『そろそろ産まなければ…』という焦りが出てくることがあげられます。

特に、女の子の産み分けでは精子の寿命を利用して産み分けているため、2日前にセックスをしても精子の劣化が起こっている可能性があり、妊娠がしづらい状態になりやすいのです。

排卵日の予測は日々の継続が不可欠ですので、家族から協力が得られない場合には体力的にも精神的にも辛くなってしまいます。

産み分けを実践しても失敗する事もあります。

確実なものではないと理解し、それを理解した上でも試してみたい方には産み分けを実践してみるのもいいかもしれません。

しかし、産み分けを確実なものにするには、かなり多くの事を実践して組み合わせいく事によってより確実なものになるのかもしれませんね。

まずはお互いの体調管理は大切ですし、男の子、女の子、希望する性別で食事内容も変わってくるそうです。

またタイミングが大事なので、女性は自分の排卵日は確かなものか生理周期を正確にしておく必要もあると思います。

このようにいくつかの事を全部してより効果を高めますが、精神的な苦痛も性格によってはあると思います。

ストレスは妊娠したい人にとって大敵なので、これらの行動がストレスになる人には向いていないかもしれません。

失敗しても前向きな人にこそ合っている方法かもしれませんね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です