赤ちゃん双子産み分け方法、妊娠方法は?自然妊娠も?

Pocket

双子を自然妊娠などで授かるには?

最近では、双子を妊娠する研究もどんどん進められています。

現在、双子を妊娠しやすいとされているパターンは、いくつかあります。さっそく見ていきましょう。

・体外受精、顕微授精
・排卵誘発剤
・高齢出産
・体質(家系)

・不妊治療による高度生殖医療

不妊治療の中でも、高度生殖医療(体外受精・顕微授精)を行うと双子が生まれやすいといわれています。

・排卵誘発剤の使用

排卵誘発剤が双子を妊娠しやすいと言われる理由は、卵子を増加させる働きとその卵子を調整できない部分からきています。

・高齢出産

年を重ねるごとに妊娠できる確率は低くなっていきますが、双子を妊娠する確率は高齢出産の人が高くなります。

・体質

生まれ持った体質や家系などによっても、双子が生まれやすい、にくいという傾向が見られる場合もあるようですよ。

双子は見ているだけでも可愛いですよね!私も大変だろうけど双子が欲しいな〜なんて思った事があります。

双子にも産み分け用に現在研究をされているようですが、残念ながら自然妊娠の確率は低いようです。

また不妊治療をされている方は確率が高くなるという話しは聞いた事があります。

家系的に遺伝するのも隔世遺伝で確率は高くなると聞いた事もあります。

また食べ物なんかでも確率をあげたと研究された食べ物もあるみたいですが、こればかりは神頼みするしかありませんね!

双子の産み分け方法は?

今のところ、確実に双子の産み分けができる方法は見つかっていませんが、確率が高いとされている方法もいくつかあります。

次に挙げる2つのケースは「二卵性の双子を妊娠する確率が比較的高い」といわれています。

・排卵誘発法

排卵障害による月経異常がある人や、排卵していても排卵日が不安定で、不妊治療におけるタイミング法での妊娠がうまくいかない人などを対象に、排卵誘発法が行われます。

・体外受精・顕微授精

卵子と精子を採取したあと、培養液の中で受精させる「体外受精」や、顕微鏡を使って人工的に授精を行う「顕微授精」は、どちらも培養した受精卵を子宮の中に移植するために行われる「生殖補助医療」です。

こちらも上記で説明しているように、双子の場合産み分け方法というのはなくて、産み分けしやすくなるという事なようです。

しかもこの産み分けしやすくなる方法も、不妊治療の方が子供を授かりやすくする方法であり、双子を授かりやすくする為のものではありません。

双子の確率は偶然が重なりあってのキセキです、ですが双子であっても双子でなくても授かった命を喜び、大切にし、そして無事に生まれてきてくれたら、たくさん愛してあげましょうね!

双子を授かるには?妊娠方法は?

自然妊娠による一般的な双子を妊娠をする確率は、1%ほどであるといわれていますよ。

さらに一卵性双生児に特定すると約0.3~0.4%であり、二卵性双生児の方が授かる可能性は高くなっています。

スポンサードリンク

三つ子は0.01%、四つ子は0.0001%しかないそうです。

通常のご夫婦で排卵日にあわせて妊娠しようとしても自然妊娠する確率は20%前後です。

・葉酸を摂取する。

研究では、妊娠前から葉酸、葉酸サプリを摂取しておくと双子の確率がアップするとのことです。

・高齢で妊娠する。

20歳未満での出産の場合双子の確率は約0.6%ですが、35~39歳の場合だとなんと約22%にもなるそうです。

双子を産む確率はたったの1%!もしも双子で生まれてきてくれたらもうキセキとしかいいようがない数字ですよね。

妊娠方法としては不妊治療をしている人がする誘発剤や体外受精の他に葉酸を摂取する事や高齢出産などがあるようです。

私も妊娠したいと思った頃から出産するまで葉酸サプリを使用していましたが、葉酸サプリにも双子を妊娠する確率が高まると証明された事には私もビックリです!

葉酸サプリは比較的安くドラックストアで購入出来る物もありますので、お手頃だし、双子が生まれなかったとしても妊娠リスクは下がるそうです。

そういった面では試してみるのもいいかもしれませんね。

双子の自然妊娠は?

一卵性双生児は全体の約0.3~0.4%程であるとされています。これは日本だけでなく、世界的に見ても確率的には変わりません。


二卵性双生児は一卵性双生児よりも少し確率が上がり約1%と言われていますが、これは日本と海外では差が見られます。

二卵性の場合は女性側の家系に二卵性の双子がいると、双子の妊娠率は上がります

・栄養バランスを整える(特に葉酸)

妊娠を希望するなら、まずは栄養バランスの見直し・補給を行い体を整えることから始めましょう。

・動物性食品を多く摂取する

動物性食品にはIGFという成分が含まれており、このIGFが卵巣機能に働きかけ刺激を与え、排卵する卵子の数が増えるのではないかと言われています。

・2回以上の出産を経験する

双子の妊娠のためには排卵時に卵子が多排卵となったほうが確率は上がります。

多排卵と関係が深いとされているのが『ゴナドトロピン』というホルモンです。

『ゴナドトロピン』は出産経験により上昇する傾向があるとされています。

・30代後半で妊娠する

35~39歳での双子妊娠率は21.7%とされています。

逆に20歳未満だと0.63%しかありません。

色々調べていくうちに、産み分けなどの他に自然に双子が産まれる方法もあるんですね。

また、一卵性は偶然だけど、二卵性は家系的なものが多いのは私は初めて知りました!

みなさん知ってましたか?

もしも奥さんや旦那さんの家族に双子がいたら、その確率はあがるかもしれませんね☆

その他にも先ほど紹介した葉酸サプリや、食事面だと動物性食品を取り入れる事も確率をあげるそうです。

サプリメントや食事なら日頃から簡単に取り入れやすいですよね!

そして何よりストレスなく続けられるのではないでしょうか☆

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.