赤ちゃんリンカル、リンカルSとは?購入方法は通販?薬局など店舗?

Pocket

赤ちゃん産み分け・リンカルとは?

リンカルとは「リン酸カルシウム」の略語で、
葉酸と似たような効果を持っています。

 本来は、「胎児の先天性異常の確率の減少」
これを目的として開発された栄養補助食品です。

 

スポンサードリンク

 男の子を産む際の産み分け方法として現在では多くの方に認知されはじめてきています。

先天性異常の確率を減少させるため服用していたところ、リンカルを服用した女性の多くは男の子を出産していることが分かったのです。

 その確率は7割とも8割という事が研究の結果明らかになりました。

 つまり男の子の産み分け方法に服用するということは、リンカルの副作用を利用しているということにもなります。

 

妊娠したい夫婦にとって、産み分けは大変興味深いものでしょう。

今回は男の子が欲しい方向けで、グリーンゼリーはハローベビーボーイの他にもリンカルというカルシウム材があるようです。

こちらも葉酸サプリ同様、始めやすいとは思います。

ですが、グリーンゼリーよりは安いですが千円前後で買える物ではありません、またネットでは産婦人科の会員登録をしなくてはいけなくてそれが5000円と割高です。

また他のサイトでも売ってますが、割高で売ってるところもあるので注意が必要なようです。

ネットが不安な方は取り扱っている産婦人科で購入するのがいいでしょう。

赤ちゃん産み分け・リンカルSとは?

 そんな、男の子の産み分けを希望する方にとって、切っては切れないサプリメントが、リンカルSです。

 リンカルSとは、簡単に言うと、リン酸カルシウムを補充することの出来る栄養補助食品です。

 入手方法は、インターネットの通信販売もしくは、SS研究会という任意のグループに所属している産院や病院での処方です。

 インターネットの場合は、会員登録が必要となり、別途5000円が掛かります。

 SS研究会は、セックスセレクション研究会の略称で、産み分けに理解があり、産み分け指導も行っている病院・産院であることの証として、任意で所属することの出来る全国グループです。

 成分は、魚骨由来のリン酸カルシウムで、重篤な副作用はないとされています。

 但し、リン酸カルシウムの摂り過ぎは、体調を崩す原因ともなり得ますので、医師の処方のもとに内服することが好ましいと言えます。

 この方法だけでは、男の子産み分け成功率が70%程なので、これに加えて、ハローベビーボーイなどの産み分けゼリーを使用することで、更に確立をアップすることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

リンカルとリンカルsの違いはSS研究所かそうでないかの違いだという事なようです。

また妊娠したいと思う2ヶ月前からの服用で、そして妊娠発覚してからも続けても大丈夫なようです。

2日間飲むのを忘れた事で今までの事はなかった事になってしまうので毎日続けて飲める方に、このリンカルやリンカルsはオススメなのではないでしょうか。

さらに効果をあげるにはリンカルを服用しグリーンゼリーも使用すると効果は更にあがると言われていますが、なんせ安い物ではないのでお財布と相談しましょうね(笑)

リンカルの購入方法は通販?薬局など店舗で買える?

《リンカルSを購入するには》

生み分けネットのオンラインショッピングを利用する

生み分け病院で買う

③オークションサイトを利用する

 ①の生み分けネットを利用するのが一番てっとり早い方法ではあるのですが、登録料が5000円と結構お高いので、SS研究会の病院まで行ける方は、そちらで購入した方がお得です。(送料も時間も手間もかからないし)

 現在「リンカル」、「産み分けゼリー」共に品薄が解消されて、いろんなショップで売られているようですが、値段が定価よりもやたらと高く設定されています。注意してください。

 ③のオークションサイトですが、軒並みぼったくり価格になっていますね。

SS研究会では転売を禁止していますし、堂々と違反してぼったくる輩からは買わないようにしましょう。

 私が一番安全でお得だと思うのは、

②の「生み分けを実施している病院で直接買う」という方法です。

生み分けネットのように、登録料もかからないし、送料や購入手続きの手間もかかりません。

何より、その場ですぐに手に入れられるのが良いですね。

 リンカルは子作りを始める前に、2~3ヶ月間(病院の指導により異なります)飲み続けなければならないので、届くまで時間がかかると、その分、子作りするのが遅れてしまいます。

 思い立ったらすぐに服用を始めるのが良いですね!

グリーンゼリーやピンクゼリー同様、リンカルも薬局などでは手に入らないようです。

ネットでの購入になりますが、このリンカルは大手ショッピングサイトでも売っているようです。

しかし転売なので元値より高いのがネックなところなようです。産婦人科のサイトで買うには5,000円の会員登録をしなくてはならないし、その手間が面倒でそちらの大手ショッピングサイトで購入する人も多いようですね!

ですが、ほぼぼったくり価格との事でネットで買うなら安心なのは会員登録料を払って購入するのがいいでしょう。

また、”産み分けネット”のサイトで最寄りの産婦人科で取り扱ってるか確認して、ネットで買うのが不安な方は産婦人科で確実に処方してもらうのがいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.