リンカルの効果や副作用、ダウン症や障害になりやすい?予防方法は?

Pocket

リンカルの産み分け効果は?

産み分けの歴史は、なんと20年以上にも及ぶようですが、リンカルの産み分けのメカニズムに関しては、今のところは、はっきりと分かっていないようです。そもそもリンカルは、違う目的で使用されていたんですよ。

 

スポンサードリンク

 

元々は妊娠を希望する女性の栄養補給や、無脳症という胎児の先天性異常の発症率を減少させることを目的として作られたサプリメントでした。

妊娠前から飲み続けていた妊婦さんが、男の子を産む確率が非常に高かったことから男の子の産み分けに有効だと注目されるようになったのです。

その確率はなんと80%!!何もしなければ50%であることから考えれば、驚異的な数字と言えるでしょう。ただの偶然とは考えにくいところです。

詳細なメカニズムは不詳であるにしても、男の子を希望する方の体質を改善し、その過程で、男の子が授かりやすくなる効果があることだけは確かなようです。

理由ははっきりしていませんが効果はあるようです。なんだか不思議ですね。数年後には、なにかしら分かるようになっているかも知れませんね。

 

気になるリンカルの副作用は?

 

杉山病院によると飲んだママにも赤ちゃんにも過去1万人以上の方が飲んで何か異常が起こったケースはなかった、成分も全く心配ないとのことです。

なのでリンカルSを飲んで副作用が起こるかもと心配なさっている方は安心して飲んでも大丈夫だと言えます。

副作用の心配はないとの事で男の子を産み分けたい人には安心出来るないようの商品なようです。

また、リンカルは他の産み分け方法よりも確率が高く80%ととの、数字が出ているようですね。

100%確実に”絶対に”ではないので、それをふまえたうえでも実践してみたい人は試してみてはいかがでしょうか?

リンカルはダウン症や障害になりやすい?

産み分けのリスクは?

取り組む人が増えてきた産み分けですが、やはりリスクは気になりますよね。

基本的に産み分けにリスクはないとされているようです。詳しく見ていきましょう。

 産み分けを行って障害児の出生率は上がりません。

産み分けを行っていない場合と同じ出生率です。

 また、障害児の出生率が上がるどころか、産み分けで伴性遺伝を防ぐことも可能なわけで、むしろ障害を遺伝させないために産み分けを行うことも多いのです。

 伴性遺伝の病気の例だと色覚障害、夜盲症、筋ジストロフィー、血友病などがあります。

産み分けを手助けするグリーンゼリーやピンクゼリー、そしてこのリンカルにおいてもダウン症や障害がある子供が産まれたの報告はされていないようです。

今のところ、産み分けでの障害のリスクは上がらないとされています。

スポンサードリンク

またそれらを予防する為に葉酸を多く摂取するといいという結果も出てるようです。

葉酸サプリも妊娠前から飲み、出産までの間服用する事で、ダウン症児が産まれる確率を下げるとの報告もされているようです。

望む結果が出やすいように、お医者さんに相談してみると、色々とアドバイスがもらえるかも知れませんね。

赤ちゃんのダウン症の予防は?

ダウン症の子供が生まれる原因が、母親の高齢化と思われがちですが、男性にも実は原因があるのは事実です。

精子は毎回作られるから新鮮ですが、精子を作り出す機能はどんどん落ちていきます。

アメリカの研究によれば男性は、35歳から精子の質と量が悪化するそうです。

パートナーの年齢に関係なく、高齢男性ほど子供ができにくくなり、流産や子供の遺伝子変異のリスクが高くなるのです。

あまり知られていませんが、男性に原因がある場合もあるようです。いずれにしろ、男性も女性も共通して加齢により肉体も遺伝子も加齢するので、リスクが上がるようです。

 ダウン症を葉酸で予防?

通常、精子には1~4%ほどの染色体異数性(染色体異常)いわゆる奇形の精子が存在しています。

この精子が卵子と結合してしまうと、ダウン症などの先天性の病気のリスクが高まります。

この精子の染色体異常の数を減らすのが「葉酸」です。

男性に必要な葉酸は1日「240μg~400μ」です。

アメリカでは妊娠3ヶ月前から妊娠後3ヶ月までに葉酸を取ることを重要視しています。

葉酸は体内に取り込まれてから効果を発揮するまでに1ヶ月ほどかかることがあります。

ですから、妊娠してから葉酸の摂取を始めると、染色体異常の予防への効果はないです。

女性だけでなく男性も同じで葉酸を摂取することで予防につながるのです。

妊娠を望む2人でお互いに葉酸を摂取することで染色体異常の確率をグッと下げることが可能です。

葉酸は3ヶ月前に摂取する事で、男性の精子の染色体異常を最大30%リスクを軽減します。

ダウン症児を出産する確率は高齢化もありますが、男性の高齢化にも原因はあるようです。

また、ダウン症予防で有名な葉酸サプリですが、女性だけではなく男性にも摂取する事でさらに効果が発揮されるとは驚きですね!

二人で摂取する事でダウン症予防にもなるうえに、葉酸サプリの摂取は他にも様々な効果が発揮されているので、値段もお手軽なので始めやすいかもしれません。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です