パーコール法で赤ちゃんの障害児のリスクは?成功、失敗の確率は?

Pocket

赤ちゃんの産み分け・パーコール法とは?

 

人工授精や体外受精、顕微授精を行う際に、精液から不要物質や奇形精子を取り除き、質の良い精子を選別して濃縮するための「精子調整法」の一つです。

 

スポンサードリンク

 

日本産科婦人科学会は、2006年4月まで、安全性が確立されていないという理由から、重篤な遺伝性疾患を回避する目的を除いて、パーコールの使用を認めていませんでした。

現在、同学会では、パーコールの使用によって重篤な副作用が起きたケースは報告されていないことから、「使用を認めない」という見解は撤回していますが、産み分け目的で使用することを容認しているわけではありません。

ただし、パーコール法自体が法律的に禁止されているわけではなく、医師の裁量権に委ねるとしているため、男女の産み分け法として実施している産婦人科もあります。

 

産み分けには、どのような方法を使うの?

生まれてくる赤ちゃんの性別はX・Y染色体の組み合わせによって決まり、卵子はX染色体だけを、精子はX・Y染色体のいずれかを含んでいます。

卵子とX染色体を持つ精子(X精子)が受精すれば女の子(XX)、Y染色体を持つ精子(Y精子)なら男の子(XY)となります。

パーコール法では、男性の精液をパーコール液という特殊な液体に入れて、遠心分離器にかけます。

Y精子よりもX精子の方が重いので、分離器の下にたまった精子を人工授精することで、女の子が産まれやすくなるというわけです。

費用は病院によって異なりますが、1回あたり5万円くらいが相場です。

人工受精や体外受精は本来不妊治療をしている人を目的としているものですが、なかには男女の産み分けとして行なっている産婦人科もあり、そのためパーコール法と呼ばれているそうです。

パーコール法では、女の子が産まれやすくなる為、女の子が欲しい人はこちらを利用するそうです。

ですが1回5万円、とても安い金額ではないので、そして1回で的中とも限らないので、産み分けとして利用する方は夫婦での話し合いがとても大切になってくるのではないでしょうか。

 

パーコール法の成功や失敗の確率は?

スポンサードリンク

産み分け成功率は、調べてもたところ、6割から7割程度で、自然妊娠の場合、男の子が産まれる確率は55%、女の子が産まれる確率は45%となっています。

数字だけを見れば、自然妊娠よりはパーコール法の方が20%ほど確率が上がるようです。

またパコール法は女の子の精子であるX精子染色体の重さは重くて一定ですが、男の子の精子であるY染色体の重さにはバラつきがあるとされています。

そのためパーコール法では、男の子よりも女の子の産み分けの方が比較的やりやすいようです。

成功率は6~7割程度のパーコール法。やはり、どの産み分けにもあるように100%確実なものではありません。

そしてパーコール法は1回あたりの金額が高いです、どの産み分け方法が、自分達に合っているか、金銭的に続けていけるか、産み分けも自然妊娠もストレスフリーが鉄則です。

精子を選別するという特性から、産み分けの確率が上がる代わりに、妊娠の確率は下がってしまうようです。

無理なく続けられるものを選ぶといいでしょう。

 

パーコール法で障害児のリスクは?

自然妊娠や通常の人工授精よりも障害児が生まれるリスクは低いと言われています。

その理由は「良質な精子」だけを厳選して使用するためです。

また、障害児の出生率が上がるどころか、

産み分けで伴性遺伝を防ぐことも可能なわけで、

むしろ障害を遺伝させないために産み分けを行うことも多いのです。

(伴性遺伝とは、性別を決める性染色体上に病気の遺伝子情報が乗っており、

どちらかの性別なら発症し、どちらかの性別なら発症しないというもの。)

パーコール法で妊娠する場合、自然妊娠する時よりも障害児が産まれてくる事は低いそうです。

パーコール法は良質な精子を採取するので、むしろ予防にもなるそうです。

男女どちらかが、高齢の場合、ダウン症や障害がある子供が産まれてくる確率も結構ある為、1回5万円ではありますが、不安な方はこのパーコール法をトライしてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です