赤ちゃんの予防接種の副作用、副反応。しこりや腫れる?同時接種はどう?

Pocket

副反応の症状としては、熱が出る、注射したところが腫れる・硬くなる、機嫌が悪くなるなどが挙げられます。

ごくまれに痙攣、脳症、アナフィラキシーショックなどの重い症状が副反応として現れることがあります。

痙攣や脳症などの重篤な副反応が起きた場合、すぐに病院を受診してください。

重篤かどうかの見極めが難しいときは、予防接種を受けた医療機関か、小児救急電話相談(#8000)に電話をして相談をすると安心です。

予防接種の副反応は、 1~2日で自然に消えていくことがほとんどです。

3~4日経過しても発熱や、注射を接種した腕の上部から肘を超えて広がるような強い腫れが続くときは、予防接種を受けた病院に相談しましょう。

予防接種後に重い副反応が起きることがあるので、予防接種を受けた後は、接種場所で30分間安静にしましょう。

生ワクチンを受けた場合は接種から3週間以内、不活化ワクチンを受けた場合は接種から24時間以内に、副反応が起きることがあるとされています。

一般的な副反応は熱が出てたり、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、注射した箇所が腫れたり、などの症状が出ますが、どれも2~3日程度で治るもので心配はいらないとされています。

でも、予想外の事も起こりうる場合もあるので、様子がおかしいなと思ったらかかりつけの小児科にすぐ受診してくださいね!

予防接種後は大泣きしたり、機嫌悪くなったり、ぐったりする赤ちゃんもいるので無理をさせないように、予防接種以外の予定は入れないようにし、予防接種後はお家でゆっくり過ごしましょうね。

予防接種の同時接種はどう?

赤ちゃんの死亡について、同時接種は全く関係ない、と医学的にも証明されています。

赤ちゃんは、特に0歳の間にたくさんの予防接種を受けることになります。

そのため、ほとんどの期間が「予防接種後」に該当してしまいます。

 任意の予防接種まで含めるとその数が多く、スケジュール的に同時接種しないとやりきれないケースが多くあるのが現実です。

それらも踏まえ、病院では同時接種を推奨している所が多いです。

小児科の感染症やワクチンに最も詳しい「日本小児科学会」は、積極的に同時接種を勧めています。

これは、必要なワクチンを適切な時期に摂取することこそが重要だ、としているからです。

日本小児科学会では、特に接種本数の上限はないとしています。

欧米などの海外でも、生後2ヶ月の赤ちゃんに5~7種を同時接種することが定められていたりしますが、それが原因で重篤な疾患になったり死亡したという例は出ていません。

むしろ、日本はワクチン後進国とまで言われていて、アメリカでは6種混合まであるんです。

スポンサードリンク

予防接種は一度に数本の予防接種が可能だったりします。

しかし、小さな赤ちゃんの腕に何本も刺されると、赤ちゃんが可哀想だしママも心痛みますよね。

一気に4回出来る時もありますが、赤ちゃんの様子を見てするのがいいでしょう。

さすがに4回は可哀想だなと思う場合2回、2回に分ける場合もあります。

予防接種の進めていく期間も次自体や小児科にもよります。

一気に4回すれば一回で終わりますが、赤ちゃんの様子を見てしましょうね。

予防接種跡にしこりができる?

予防接種の副反応としてはめずらしいものではありません

予防接種の軽い副反応は、通常数日で自然に改善しますが、しこりは予防接種の種類によっては、数日でなくなる場合や、小さくなりながら1ヶ月~数ヶ月残ることもあります。

しこりについては、あまりひどくなることはないようですが、予防接種の後、接種したところのひどい腫れや、発熱、ひきつけなどの症状があれば、接種医か最寄りの医療機関で診察を受けてください。

予防接種後のしこりはよくあることのようです。

しこりが出来たら、大丈夫かな?と心配してしまいますよね

ほとんどが大丈夫なことが多いですが、赤ちゃんの様子が明らかにおかしかったり、高熱やひきつけがある時はすぐに病院を受診しましょうね!

予防接種後に腫れる?

予防接種の注射をした場所が、赤く腫れあがることがあります。これも副反応の1つです。

赤く腫れあがった注射跡は、さわると傷みがあったり熱をもっている場合もあります。

副反応のデメリットを優先して、予防接種を控えることは別の意味で危険です。

予防接種に指定されているワクチンは、ほとんどが感染すると重篤な症状を起こしたり、後遺症に悩まされる病気です。

早期発見が遅れて、悪化すると致死率が非常に高い病気もあります。

副作用も心配ですが、予防接種のメリットも忘れないでください。

予防接種の後に腫れてしまう事もよくある事です。我が子も大体腫れていましたね。

まだ自分で体を動かせないので、注射したところを掻いたりしたりはしないので悪化する心配はありません。

また予防接種をする事によって、重症化するおそれを防ぐ事にもなります。

予防接種は賛否両論ありますが、出来れば我が子を守る為に予防接種をしていくのがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.