赤ちゃんのインフルエンザの潜伏期間や症状は?予防接種やマスクはいつから?

Pocket

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種はいつから?効果や間隔は?

インフルエンザの予防接種を受けられるのは、赤ちゃんが生後6ヶ月を過ぎてからになります。

ちょうどその頃にインフルエンザが流行するようなら、念のため受けさせておいた方が安心かもしれません。

 

スポンサードリンク

ただインフルエンザの予防接種が任意接種となっている理由として、1歳未満の赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせても、免疫をつけることが難しいため、充分に効果が発揮されない可能性があるということがあります。

生後6ヶ月~1歳までの間に、赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまうのではないかと心配になる方もいらっしゃいますが、実際に予防接種を受けていなくてもインフルエンザにかかる赤ちゃんはとても少ないのです。

母乳で育てられている赤ちゃんの場合、お母さんから毎日免疫や抗体を栄養と一緒に受け取っているため、風邪やインフルエンザにかかりにくくなっているのです。

離乳食がスタートすると母乳を飲む機会は減っていきますし、ミルクで育てられている赤ちゃんは免疫が少ないため、感染が心配になります。

感染が不安で、赤ちゃんがまだ生後6ヶ月を過ぎていない時期なら、家族が予防接種を受けると良いでしょう。

一緒に住んでいる家族がきちんとインフルエンザを予防しておくことで、赤ちゃんへの感染の危険性を少しでも減らすことができます。

 

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種の流れは?

大人の場合、インフルエンザの予防接種は1回で終わりますが、赤ちゃんの場合2回に分けられて行われます。

赤ちゃんは、まだいろんなウィルスに触れている経験がないため、1回の接種では不十分になるからです。

1回目の予防接種から4週間前後の間隔をあけて、2回目の予防接種を受けることで、初めて効果が得られるのです。

インフルエンザの予防接種を受けると、他の予防接種を受けられないこともあるため、お医者さんと一緒に予防接種のスケジュールをしっかり立ててから、実行するようにしましょう。

引用;アカイク

予防接種のスケジュールを考えていくのって、ホントに大変ですよね。

私もスケジュールで頭を抱えた時期がありました。でも、お医者さんや看護婦さんに相談した所しっかりスケジュールを立ててくれました。

プロに相談するのが一番です。補助金で接種が受けられる期間が決まっていますので、悩んでいる間に期間が過ぎてしまった!ということがないようにしたいですね。

赤ちゃんのインフルエンザの潜伏期間や症状は?

インフルエンザは1~3日の潜伏期間、早ければ24時間以内に発症します。

必ずしも高熱は出ません( ゚Д゚)赤ちゃんがインフルエンザに感染しても高熱が出ないこともあるんですよ!

これはインフルエンザウイルスの型によって症状が違うからなんです。

インフルエンザウイルスA型に感染すると急に高熱が出始めます(・・;)赤ちゃんの場合は、38~40度の高熱です。

そして、筋肉痛・関節痛・頭痛も高熱と同時に始まります。

しかし、赤ちゃんは痛いと伝えることができないので機嫌が悪くぐったりしてしまいます。
また、呼吸器系の合併症状やインフルエンザ脳症の危険もあるんですよ(;O;)

スポンサードリンク

インフルエンザウイルスB型に感染すると発熱しますがA型ほどの高熱は出ません。

ただし、発熱した場合にはA型よりも完全に平熱に戻るまでに少し時間がかかると言われています。

また、腹痛や下痢など消化器系に影響が出やすいのもB型の特徴です(‘ω’)

インフルエンザウイルスC型に感染すると実はほとんど症状が出ませんΣ(゚Д゚)

引用;赤ちゃんの成長

私の子どもはまだ鼻風邪ぐらいしか経験しておらず、今年の冬が風邪デビューとなりそうですので、今からかなり怯えています。

インフルエンザのワクチンも他の予防接種の合間にするつもりですが、大人でさえ辛いインフルエンザ。

あの小さな身体にはとても辛いはずです。

インフルエンザにかからない事を願っています。

赤ちゃんのインフルエンザのワクチンとは?

インフルエンザ予防接種は、年齢によって接種回数が決まっています。

13歳未満は2回接種になり、1回目の接種から約2〜4週間あけて2回目の接種を行うことが理想です。

年齢が低い子供や赤ちゃんは免疫力が低いため、2回接種でのブースター効果によって予防効果を高めます。

費用としては、インフルエンザ予防接種が任意接種であることからも、保険の適用外になり、1回2,000~3,000円程度かかるのが一般的なようです。

もちろん病院などによっても異なるので、事前に確認しておきましょう。

インフルエンザ予防接種によって副作用が現れることがあります。

接種した場所の赤み、腫れ、痛みについては接種した人全体の10〜20%に起き、発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などの全身症状は5〜10%に起こるとされています。ただし、どちらも軽い症状で通常2〜3日で治ることが一般的です。

しかしまれにアレルギーによるショック症状などが見られることがあり、接種後30分間程度は病院内で安静にして、体の変化がないかをチェックする必要があります。

引用;こそだてハック

インフルエンザの予防接種によって副作用が現れることは知りませんでした。

接種したあとは病院内で必ず様子をみて、寄り道はせずに自宅へ帰るようにしたいですね。

赤ちゃんのマスクはいつから?

メーカーが販売している赤ちゃん用マスクは1歳半以上を目安としています。

新生児だとマスクをどのように使用するのかわからず危険を伴う場合があります。

まずは目安を1歳半以上とし、使用する場合は吐き戻しなどをした時に気付けるように十分に注意を払ってください

特に赤ちゃんが寝る時のマスクは非常に危険です。

場合によっては呼吸困難になる可能性もあります。

使用する赤ちゃんの状態や状況をしっかりと確認した上で、マスクを着用してあげるようにしてください。

引用;マスク専門ページ

私の子どもが産まれたのが10月で段々とインフルエンザが心配になっていく頃でした。

生後2ヶ月頃から外出するようになってインフルエンザにかかってしまわないかとても心配していました。

その時、子供用品店などでマスクを見かけて買いたい!と思ったのですが、月齢が合わず断念。

いろいろな意見があるようですが、私はマスクでインフルエンザから子供が守れるならつけてほしい派です。

危険がないように注意した上で、上手にマスクを活用して子供をインフルエンザから守れるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.