赤ちゃんの向き癖の治し方、タオルの置き方は?頭の形は治る?

Pocket

赤ちゃんの向き癖の治し方は?

寝かせる向きを変えてみる
光や音などの刺激に反応して向き癖がつく場合は、頭と足の位置を反対にして寝かせてみましょう。

 

スポンサードリンク

向き癖がついていない方向から刺激が来るので、いつもと逆側を向くようになるかもしれません。

就寝時にママが添い寝している場合は、寝る場所や体勢を変えていきましょう。

背中に丸めたバスタオルを入れる

向き癖の方向と反対になるようにして背中の下に丸めたバスタオルを入れ、斜め向きに寝かせます。

窒息を防ぐため、柔らかいクッションは使わないようにしましょう。

バウンサーやベビーシートなどに長時間寝かせっぱなしにしない

身体が固定されるバウンサーやベビーシートは、頭の動きが制限されてしまいます。

回の使用は長くても1時間くらいにとどめましょう。

車で長距離移動するときは、こまめに休憩を挟んでください。

向き癖の直し方は色々とありますね。

赤ちゃんがどんな状態で日々暮らしているのかによっても違ってくるのだと思いますが、やはり環境を整えたり、刺激を与えたりして、自然に近い形で癖を直していくのが好ましいような感じですね。

自宅にある道具などを上手に使って対応していくと良いですね。

また、新しく様々な道具なども発売されるので、そういったものも活用していくと良いかもしれません。

赤ちゃんの頭の形は治る?

赤ちゃんの頭の形は、

知名度の高い絶壁と呼ばれる「短頭症」

宇宙人のようだと言われる「長頭症」

左右が非対称でいびつだと親が心配する「斜頭症」

があり、乳児期の向き癖や寝かせ方が原因で形が悪くなるとも言われていますよね。

原因は寝ぐせそればかりではなく、検診などでも医師は「そのうち治る」と言いますが、ママにとっては心配ですよね。

産後すぐに始まる慣れない育児。

ようやく落ち着いた頃に、ママが気になり出すのが赤ちゃんの頭の形。

スポンサードリンク

「治るのかなぁ」

「どうやって治すの?」

なんて、悩んでしまうママは少なくありません!

特にお子さんが二人目、三人目ともなると「上に子供がいるから、寝かせっぱなしなのね」なんて言われてしまうことも…。

そんな悩めるママさんに朗報です!

赤ちゃんの頭が柔らかい時期であれば、ママのちょっとしたケアで治すことも可能なんです。

赤ちゃんの頭蓋骨は大人の頭蓋骨とは違ってまだまだ完成形ではありません。

頭蓋骨の中にある脳の発達に対応するために変化できるようになっているそうです。

赤ちゃんの頭の形もケアのやり方次第で変わっていきます。

頭の形で気になることがあれば、ぜひ色々と取り組んでみてください。

向き癖防止のタオルやバスタオルの置き方は?

バスタオルなどを縦長に巻いて赤ちゃんの背中に当て、寝かせる向きを少しずつ変えていく方法もありますよ。

赤ちゃんは汗をかきやすく、まだ寝返りをうてない新生児期は特に、後頭部に汗がたまりがちです。

枕というよりは汗取り用のつもりでタオルを敷いてあげましょう。

作り方は簡単です。

薄くて小さいタオルを三つ折、または四つ折にして赤ちゃんの頭の下に敷くだけです。

汗をかいたり、母乳やミルクを吐いたりしても、こまめに取り替えられるので、便利ですね。

このとき、ふわふわしたタオルではなく、できるだけ薄めのタオルを選びましょう。

ふわふわのタオルだと、寝返りなどの拍子に顔にかかりやすく、窒息の危険が高くなります。

また、暗い色よりは白や薄い色のタオルを使用するようにしましょう。

暗い色のタオルだと、万が一嘔吐した場合に嘔吐物の様子がわかりにくくなるためです。

タオルやバスタオルは使い勝手が良いですね。赤ちゃんの月齢がまだまだ低いうちであれば、一般に売られている向き癖防止のクッションの活用も良いようですよ。

赤ちゃんやベッドの状態に合わせて、色々と変えることできます。

お気に入りの柄のものを選んだり、肌触りが良いものを選んだりすると良いですね。

赤ちゃんの頃は汗をたくさんかく時期でもあるので、タオルやバスタオルを上手に使ってあげると心地よい環境を作ってあげられますね。

赤ちゃんにとって心地よい環境を作ることは、向き癖だけでなく、様々な発育においても良い影響を与えてくれます。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です