赤ちゃんタクシーやレンタカーのチャイルドシート、免除や抱っこ紐、ツアーも

Pocket

6歳未満には着用義務のあるチャイルドシート。

だけどタクシーやバスにはついてないし、

自分で用意しなくちゃいけないの?

それとも抱っこ紐でもいいの?

レンタカーは?

と疑問はありませんか?

タクシーは抱っこ?チャイルドシート?

日本の場合タクシー(バスも同じ)に乗る時のチャイルドシート、ベビーシートは免除されています。

【タクシーやバスなどの公共の乗り物の場合、乗客として乗車する時チャイルドシートの使用義務は免除される】という事なのです。

あくまでも自動車運送事業に関わる乗り物だけですので、友人車やレンタカー、カーシェアリングなどの場合はチャイルドシートが必要になるので注意しましょう。

スポンサードリンク

タクシーやバスに乗るときは法律で免除が定められている様です。

タクシー会社によってはチャイルドシートを付けているところもあるみたいなので、どうしてもチャイルドシートに乗せたいという時は調べてみると良いかもしれません。

バスツアーがある?

0歳から参加OK!乳幼児大歓迎のバスツアー

親子を乗せたバスは朝8時に東京駅を出発し、高速道路に乗ってアクアライン経由で千葉県・房総半島に向かいます。

バスの中では保護者はもちろん、子どもにも座席が用意されます。

また、ベビーカーはトランクに収納してくれるので、座席は広々と余裕を持って使えるのが嬉しいところ。

参加者の顔ぶれは、親子はもちろん、おじいちゃん・おばあちゃんを加えた三世代での参加者も多い様子。

グズって泣いてもお互い様なので、気兼ねなく旅を楽しむことができます

東京駅を出発して30分ほどで、休憩のため海ほたるパーキングエリアに停車。

添乗員を務める愛光ツーリストの庄司さんによると、「一般的なバスツアーの休憩時間は10分間程度ですが、当ツアーでは20分確保していますので、トイレやオムツ替えも余裕を持って済ませてもらうことができます

また、応急医療セットや紙オムツ、おしりふき、酔い止めなども用意していますので、困ったことがあれば何でも相談してください。」とのこと。

渡邉さん親子もオムツ替えの後、海ほたるの展望デッキを散歩する余裕がありました。

20分間の休憩を終え、アクアラインを走る車窓には広々とした東京湾が広がります。

イチゴ狩りやイルカショーなど、内容盛りだくさん!

代金の支払いは当日でもOKで、急な発熱などの体調不良があった場合は、後日のツアーに振り替えればキャンセル料が不要なのも嬉しいポイントです

最近では0歳から参加できるバスツアーがあります。

親子3代でのバスツアーも人気のようです。

若い世代では車を持たない家庭も増えてきているのでバスツアーに家族で参加するのも楽しいかもしれませんね。

子連れでも大丈夫というだけあって、ツアー会社のほうでかなり配慮をしてくれていますので楽しめること間違いなしでしょう。

スポンサードリンク

レンタカーはチャイルドシート?貸し出しも?

6歳未満のお子様にはチャイルドシートの着用が義務付けられています。

6歳未満のお子様が同乗される場合は、必ず予約時にお申し出ください。

9ヶ月未満の赤ちゃんのためのベビーシートもご用意しています。

チャイルドシート・ベビーシートの装着確認は、お客様の責任において実施していただきますようお願いいたします。

医療用の素材で作られた使いきりタイプのシートカバー付です。

(地域・店舗によって異なります)

レンタカーの場合はチャイルドシートの免除になっていません。

6歳未満の子どもがレンタカーを利用する場合はきちんとレンタカー会社に伝え、チャイルドシートをオプションで付けてもらっておきましょう。

抱っこ紐でシートベルトは?

友達の車などに乗せてもらう時、チャイルドシートでなく
抱っこ紐のまま自分がシートベルトして乗れたら、って思う時あります。

が、普通車では違反です。運転手が1点減点になります。

また、抱っこ紐に強度はないため衝突した時に支えられません。

赤ちゃんだけ車外に放り出されることもあるので、やめましょう。

また、エアバックが作動した時も危険です。

抱っこ紐のまま車に乗れたら楽、と思うママも少なくないですよね。

しかし、それは違反ですし、法律で定められるほど危険な行為という事なのです。

悲しいことにママに抱っこされた赤ちゃんが車外に飛び出してしまうという事故が実際に起きています。

そんな悲しい事故を起こさない為にもきちんとチャイルドシートをつけて安全に車を利用しましょう。

チャイルドシートの免除は?

チャイルドシート・ジュニアシートが免除になる条件は多く、
路線バス、貸し切りバス、ハイヤー、タクシーは免除
迷子を届ける、急病で病院へ向かうなど緊急な場合も着用義務免除です。

乗車定員がチャイルドシートを付けることで乗れなくなる場合は、
免除されます。

例えば、乗車定員5人の車に大人4人乗車、
チャイルドシートが2人分の座席を必要とする場合は、
免除されます。

また、おむつ交換や授乳中も免除されます。(第5号 国土交通法施行令)

その他、座席ベルトが無い車の場合や、
股関節脱臼やアトピーなど皮膚炎がひどい、
体が大きくてチャイルドシートのサイズに合わない
なども免除です。

場合によってはチャイルドシートが免除になる事があります。

しかし、それはどうしても仕方がない時やチャイルドシートに乗せている場合ではない時です。

着用義務の場合、免除の場合をきちんと理解しておきましょう。

しかし基本的にはチャイルドシートに乗せる方が安全ですので、出来る限りチャイルドシートを利用しておきたいですね。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.