乳児検診の費用は?項目、内容は?実費は無料?自費の金額の目安は?

Pocket

 

生後間もない赤ちゃんの健康保持及び増進を図ることを目的とし、発育・栄養状態の確認、先天的な病気の有無・早期発見、予防接種の時期や種類の確認など、必要な項目を定期的にチェックします。

また、ママが普段気になっていることを小児科医や保健師に相談することもできます。

生まれて一番最初の検診が1ヶ月検診になります。体重の増加のチエックや母乳、ミルクの飲む量、その他にも先天性の病気はないか、黄疸のチエックなどがあるので、ママの不安も緩和されるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

乳幼児健診(乳児健診)は、赤ちゃんの身長、体重、胸囲、頭囲を測定し、成長曲線と照らし合わせながら、成長度合いを確認します。

身体的な健診に限らず、粗大運動・微細運動・精神面を含めた発達、疾患の有無に関しても確認します。

 

いかがでしたか?内容もかなり盛りだくさんですよね!生まれてすぐ1ヶ月検診な から始まり3才児検診まで続きます。

月齢によって内容も様々で、成長過程に合わせてチエック項目があるようです。

そして任意と定期の検診があり、任意は行くか行かないかはママ次第です。

歯が生えてくるので、1歳半の検診からは虫歯予防のお話しや、2才児は任意だけど歯科検診が、3歳になると聴力検査や検査の項目も増えてきます。

我が子の成長が楽しみですね♬♪

 

赤ちゃんの検診の無料券とは?実費は無料?

赤ちゃんの検診の無料券の呼び方については、地域や自治体によって違ってくるようですが、一般的には”無料受診券”や”無料健診票”などと言った呼ばれ方をしています。

自治体によっては「乳幼児健診を何回か無料で受けられる無料受診券」などが貰えるところもあります。

無料受診券は母子健康手帳を受け取る時に渡されることが多いようですが、それも各自治体によって違いがありますので分からなければ問い合わせてみましょう。

また、1ヶ月健診に無料受診券が貰えない自治体でも乳幼児医療助成制度を利用すれば一部の費用が帰ってくる場合があります


乳幼児医療助成制度は0歳から小学校3年生までの子どもの医療費の一部を助成するもので、
赤ちゃんの健康保険証を貰った後に市役所に申請すれば乳幼児医療証を貰うことができます。

この乳幼児医療証を病院の窓口で健康保険証と一緒に提出すれば、かかった医療費の一部が戻ってきます。


もしこの制度を知らなかったなどの理由で
乳幼児医療証を貰っていなかった場合、後からまとめて申請することもできます

期限が決まっていたりするので注意が必要ですね!

我が子の時は保健師訪問の後、市役所から郵送で乳幼児健診受診票が送られてきました。

我が子の場合、1ヶ月検診のお金はかかりませんでした。

それは産んだ産婦人科や病院にもよると思います。

また無料でない地域も乳幼児医療助成制度を利用して一部かかった費用を返金してもらいましょう!

 

保険適用外ということは、1カ月検診は全額自己負担になります。

1ヶ月検診の後は、3~4カ月検診、10カ月検診、1歳半検診、3歳検診とあるんですが、

自治体が費用を負担してくれるのでお金はかかりません。

自治体で集団検診があったり無料受診券が配布されたりする場合は、公費で受けることができ無料になりますが、その他の自治体ではお知らせも助成金もなく全額自己負担となるところが多いです。

 

これも本当に自治体によって様々で、1ヶ月検診も大体自費だけど、その産婦人科に寄っては無料のところもあります。

3ヶ月検診以降は任意と定期があるので、ママの判断で任意のものは行く行かないは自由かと思います。

また、自費のものが返金される場合もあるので、よく調べておくといいと思います☆

 

赤ちゃんの健診の自費の金額や費用の目安は?

 

任意の検診には、ママが母子手帳の検診欄を全部埋めたいと記念に検診を受けさせるママもいるようです。

確かに全部埋まっていると、なんか嬉しい気持ちも分かります^^

 

1ヶ月検診の自費っていくら?

私の場合なんですが、
母が3000円、子が3000円の合計6000円でしたね。

一律ではなくて、その病院で料金が違うので注意が必要です。

6ヶ月検診の受け方は?費用はどれくらい?

自己負担の費用の相場は、1000円~3000円程度です。

6ヶ月検診は病気の治療ではなく病気を予防する措置ですので、保険対象外です。

スポンサードリンク

 乳幼児医療助成制度」は基本的に保険診療の負担を減額する制度ですので、6ヶ月検診費用を減額することはできません。

6ヶ月検診から任意の検診が始まります。助成金があるところもあるようですが、大体は自費のようです。

自費でもそんなに高くはないようですが、その金額差も地域や自治体によって違うようです。

無料で受けれる地域の方は是非、無料券を活用し、我が子の成長過程を検診してもらいに検診へ行きましょうね♬♪

赤ちゃんの乳児健診(検診)とは?

乳幼児健診は、「乳幼児健康診査」が正式名称ですが、一般的には「乳幼児健診」や「乳児健診」と呼ばれています。

生後間もない赤ちゃんの健康保持及び増進を図ることを目的とし、発育・栄養状態の確認、先天的な病気の有無・早期発見、予防接種の時期や種類の確認など、必要な項目を定期的にチェックします。

 

 

また、ママが普段気になっていることを小児科医や保健師に相談することもできます。

近隣との関係が薄れ、育児をサポートしてくれる人が周りに少なくなっている現在、定期的な乳幼児健診は、ママの不安を緩和する、精神的な支えにもなる貴重な機会にもなっています。

赤ちゃんが生まれ、退院した後、1か月検診から始まり、3歳児検診まであります。

無料のものや任意のものもあり、また検診時の月齢も地域にもよります。

その時その時の赤ちゃんの成長を知る事が出来るし、その時のママが悩んでる事も保健師さんに聞いてもらう事が出来るのでママの楽しみでもあるのではないでしょうか。

 

赤ちゃん・乳児健診の時期は?

乳幼児健診では、1ヶ月健診、3-4ヶ月健診、6-7ヶ月健診、9-10ヶ月健診、1才6ヶ月健診、3才児健診についてそれぞれの検診内容やどんなことを準備しておけばよいのかを解説していきます。

赤ちゃんは1か月検診から始まり大体3か月を目安として3か月毎に健診があります。(自治体にも寄ります)

我が子は3か月、9か月、1歳6か月、2歳児歯科検診、3歳児健診とあります。

我が子の成長も楽しみですし、同じく産院で生まれたお友達に会うのも楽しみなママもいるようです。

 

赤ちゃんの検診費用の目安は?自費?

乳幼児健診は3歳までに公的健診と任意健診を合わせて7回あります。

公的健診はそのうちの3回で、他は任意になります。

母子手帳と一緒にもらう「乳幼児健康診査受診票」は自治体によってもらえる枚数が異なりますが、乳幼児健診時に利用すれば無料になります。

任意健診の費用は行政や病院によって異なりますが、だいたい2000円から4000円です。

健診も無料のところもあれば自治体によってお金を払うところもあるようですね。

生まれて1か月すると保健師訪問があるので、大体はその時に無料の受診票を頂けるようです。

我が子の時も、乳幼児健康診査受診票がきました。予防接種の受診票と一緒になっていましたよ♬

基本的には、定期健診は無料で、任意健診は自治体によって一部、または全額有料というケースもあります。

任意健診の費用は行政や産院、健診内容によって異なりますが、助成をされる場合が多いです。

自治体によって表記や費用が異なる場合があるので、詳しくは住んでいる自治体に確認しましょう。

助成があり無理の場合と、有料の健診があります。

母子手帳欄に無料ではない月齢の項目があると、そこを全部埋めたいと、あえて有料だけど健診を受けに行くママもいるようです^^

有料ですが、我が子の成長の過程が見れるし、損はしないですよね☆

59072233794171p1″>・申請者の印鑑

・所得証明書(児童手当と同一でOK)

1ヶ月検診まで申請をする必要があるので、子供が産まれたら、必要なものを揃え提出しに行きましょう。

ママは産後なので、赤ちゃんのお世話や体調もあるので、行くのが大変な時は、旦那さんや家族の方に行ってもらうといいでしょう。

住民票を置いてある、自宅のある自治体から発行された乳幼児健診の補助券に

「1ヶ月検診時点で使えるものがある」場合には

いったん自腹で支払った後、役場に領収書を持参すると返金清算ができます。

 

補助券を貰えた場合は、里帰り先で1ヶ月検診を受ける時は上記の手続きをするそうです。

その方法も自治体によって異なるようなので確認が必要ですが、先に自腹で支払っておいて、その後役所に領収書を持って持参すると返金してくれるようです。

乳幼児健診の補助券の場合は、妊婦検診補助券とは違って、他自治体ではこのような手続きが必要だったりするようです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です