赤ちゃんがチャイルドシートで泣く?原因や対策は?嫌がる?前後の向きは?

Pocket

赤ちゃんがチャイルドシートで泣く、大泣きの原因や対策は?

チャイルドシートの取り付け方や座らせ方がおかしい

チャイルドシートを正しく取り付け、正しい座らせ方をしてあげないと、違和感や不快感を抱き、嫌がったり泣いたりしてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

チャイルドシートが赤ちゃんの身体に合っていない

赤ちゃんの身長と体重は、1歳頃には出生時の約1.5倍(身長)、約3倍(体重)にまで成長します。

こまめにチャイルドシートを調節してあげる必要があります。

調節を忘れると、赤ちゃんは痛みや窮屈さを感じて不機嫌になってしまいますし、身体の成長にも悪影響を与えるリスクがあります。

ジッと座っているのに飽きてくる

チャイルドシートには、ベビーシートとチャイルドシートの2種類があり、それぞれ適応月齢(年齢)や、着座の向きが決まっています。

ベビーシートは、新生児期から1歳頃まで使用するチャイルドシートで、赤ちゃんを進行方向に対して後ろ向きに座らせます。

赤ちゃんにとって車は楽しいものではないのでしょう。

親は荷物の運搬や自分たちの移動という必要性から車を使います。

ちょっとシートベルトが堅苦しかったり、渋滞であっても、我慢ができます。

しかし、赤ちゃんにとっては、親の都合なんて知ったこっちゃないよー。

なので、色々なものが心地よくないと感じれば、遠慮なく泣くのだと思います。

成長や機嫌などの様子をよくみながら、赤ちゃんに合ったチャイルドシートの使い方をしてあげてくださいね。

 

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる原因や対策は?

・ママやパパの顔がよく見えない

・動けない上に外の景色が見えなくて退屈

・ベルトがゆるすぎて、お尻がずり下がり、窮屈な体勢になる

・チャイルドシートが体にフィットしていないので心地悪い

・何かに縛り付けられているようで不安になる

・暑かったり寒かったりと、温度上の不快感がある

スポンサードリンク

・車のにおいが不快

チャイルドシート自体が不快で嫌がるケースと、車内の温度やにおいといったチャイルドシートとは関係のない原因で嫌がるケースがあります。

チャイルドシートに乗せた途端に泣いてしまったときは、優しく抱っこしてあげましょう。

チャイルドシートに乗ることは、「安全である」「安心して大丈夫」ということを、赤ちゃんに伝えてあげることが大切です。

言葉でのコミュニケーションが難しい面もある赤ちゃんの場合、問題が生じた際、予想を立ててそれらを試していくというやり方が良いですね。

チャイルドシートに関してでは、親の顔や景色が見えるようにしてみたり、締め付けを少し緩めてみたりしてみます。

そうやって何が泣いたり、嫌がったりしている原因なのかを突き止めていくことで、少しずつ問題発生も減ってくるのかもしれません。

 

赤ちゃんのチャイルドシート・後ろ向きは何歳まで?前向きはいつから?

前向きにするのはいつからなのでしょうか?

チャイルドシートを前向きにする基準は年齢ではなく、体重が基準となっています。

体重が10㎏くらいになると多くのチャイルドシートは前向きで使用しても大丈夫となっています。

10㎏になるのはおよそ9~10ヶ月頃からになるので1歳前後で前向きに変える方が多いです。

チャイルドシートは、乳児の頃までは後ろ向きで乗せますが、いつから前向きかについては、メーカーや品番によっても体重や時期などに多少違いがあるので、ご自身の使用の製品も確認してみてくださいね。

 

前向きにしない方が安全?

体重が基準値になったからと言って早く前向きにする必要はありません!

子供の安全の為には後ろ向きをしばらく続けても大丈夫です。

しかしこの頃になると前向きに座りたがる赤ちゃんが多くなるものです。

チャイルドシートの説明書をしっかりと読むことが大事ですね。

それぞれのシートによって少しずつ違っているようです。

目途は1歳くらいのようですが、その頃になると自分で景色を見たいという子どももいて、前を向きたがるようです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です