赤ちゃんのチャイルドシートは助手席は違反?法律や義務、罰金などは?

Pocket

チャイルドシートの義務は何歳まで?道路交通法の法律では?

道路交通法の第七十一条の三の3項

「自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない」

 

道路交通法では、幼児を車に乗せるときは、チャイルドシートの着用は義務付けられているんですね。

 

スポンサードリンク

道路交通法でいう「幼児」とは、「六歳未満の者」のため、6歳未満の子供が車に乗る際には、必ずチャイルドシートを使用しましょう。

赤ちゃんの頃からしっかりとチャイルドシートに座らせるようにしましょう。

慣れるまでの間、泣いてしまったからといって、抱っこをしてしまうと、結局、チャイルドシートに座らなくなってしまいます。

「はじめが肝心」です。赤ちゃんがきちんとチャイルドシートに座ることができるように最初にしっかりと配慮することが大切ですね。

チャイルドシートの助手席設置は違反?

 

チャイルドシート助手席設置についてですが、法律上は違反ではありません

なぜなら法律では「6歳未満の子供へのチャイルドシート」を義務とするとは書いていますが、場所の指定についての記載はないからです。

法律上は違反ではない。けど、助手席はダメという暗黙の了解がある。

・事故の時、後部座席に比べ助手席の致死率が高い

スポンサードリンク

・エアバッグが子供にとって危険

・運転中に子供が気になってわき見運転してしまう

基本的にはチャイルドシートは後部座席なのだと思います。

しかし、それも状況によって変わってくるものもあるのだと思います。

大人が二人いるのか?

赤ちゃんは何歳なのか?

体調の状態は?

そういったことを考えながら、いつもは後部座席、状況によって助手席にするというような感じなのでしょう。

チャイルドシートの違反の点数や罰金は?

 

違反の点数や罰金は?

幼児用補助装置使用義務違反として、免許点数1点が引かれます。罰金(反則金)はありません。

しかし、自家用車であっても免除されるケースもあるので、内容を確認しておくと良いですね。

使用していないのに免除されるという例外的なケースもあるようですね。

以下、見ていきましょう。

 

使用義務が免除されるケース

・乗車する車両の定員の範囲内で全ての子どものチャイルドシートを設置するのが無理なときは、可能な限りの台数とする。

・チャイルドシートが使用できない特殊な座席の構造の車両。

・病気やケガが原因でチャイルドシートを使用できないとき。

・肥満、皮膚疾患、精神疾患などで使用できないとき。

・授乳やおむつ交換のとき。(ただし、安全性のため停車して行うのが好ましい)

・ケガをした子どもや迷子の子どもを病院や警察署に送るとき。

反則金(罰金)は無く、減点が1だということです。

違反としては大きなものではありませんが、重なると面倒なことにもなりかねませんね。

違反があると、免許の更新の際に手間も値段も違ってきてしまいます。

できるだけ違反の無いようにしたいものです。なにより、大切な赤ちゃんを守るためですから、ルールも守りましょうね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です