赤ちゃんの乳幼児健診(検診)の目的は?内容や費用、受診率はどの位?

Pocket

赤ちゃんの乳幼児健診の目的は?

 

赤ちゃんの健康状態の確認

赤ちゃんの健康状態の確認としては身長、体重、頭囲・胸囲の測定はもちろんのこと、以下のことを確認します。

  • 発育や栄養状態に問題はないか。
  • 先天的な病気はないか。
  • 予防接種はしっかりと受けているか。
  • 歯科検診を行い歯の生え具合や虫歯があるかどうかのチェック。

母親の不安を相談

ママの不安の相談としては、母乳育児の悩みや育児をしていて気になっている行動などを相談することができます。

 

スポンサードリンク

 

乳幼児健診の目的は赤ちゃんの月齢に合わせた成長過程や発育状況、例えば3ヶ月健診断なら首が座ってるか、寝返りはうつか、9ヶ月健診からは個人差もありますが歯が生えてくる子もいるので、離乳食の話しなどがあります。

そしてその時々、ママの悩みはつきないものです。

保健師さんに相談したりしてママの悩みを聞いてもらったりもします。

なかには乳幼児健診に来ない親もいるのですが、そういった親を含めて健診の内容には”虐待をしていないか”を確かめるといった事も含まれているようなのです。

赤ちゃんの健診の内容や費用は?

1ヶ月健診

成長具合の確認として、体重がしっかりと増えているか、先天的な病気がないか

3~4ヶ月健診

心音のチェック、先天性の病気のチェックなどはもちろんのこと、首が座り始めているかどうか、股関節の動きはスムーズか

6~7ヶ月健診

おすわりができるかどうかと物をつかむことができるかどうか、また寝返りができるか

9~10ヶ月健診

ハイハイができるかどうかと、つかまり立ちができるか

1歳健診

ひとり立ちや伝い歩きができるかどうか、言葉が理解できるか

1歳半健診・2歳健診

ひとり歩きがどの程度できるか

言葉や音への反応

虫歯

3歳健診

片足立ちやジャンプ、積み木を積むことができるかなど発達の様子

言葉に関しては名前や年齢が言えるか

歯科検診

いかがでしたか?健診の内容も月齢に合わせた内容となっているようですね。

この間の健診では出来なかったのに、次の健診ではこんな事ができるようになったんだなぁ〜と我が子の成長を嬉しく思ったりもするものですよね^^

乳幼児健診の費用は自費?

乳幼児健診は、有料(自費)と無料(助成)の場合があります。

母子手帳と一緒にもらった「乳幼児健康診査受診票」を確認し、うまく利用しましょう。

基本的には、定期健診は無料で、任意健診は自治体によって一部、または全額有料というケースもあります。

自治体によって異なるようなので、詳細は、直接確認してみて下さいね。

 

1ヶ月健診の費用はどれくらい?

3000円~5000円が一般的な1ヶ月健診の金額です。

※赤ちゃんが病気などの治療では乳幼児医療費助成制度(マル乳)で無料となる自治体が多いです

3~4ヶ月検診の費用

公費で支払われる自治体が多いようです。

6ヶ月検診の費用はどれくらい?

集団検診があったり無料受診券が配布されたりする場合は、公費で受けることができ無料になりますが、その他の自治体ではお知らせも助成金もなく全額自己負担となるところが多いです。

自己負担の費用の相場は、1000円~3000円程度です。

 乳幼児医療助成制度は基本的に保険診療の負担を減額する制度ですので、6ヶ月検診費用を減額することはできません。

9~10ヶ月健診の費用

自治体が公的に行っている場合では費用は無料・保健センターなどで集団健診のところが多いようです。

申し込みが必要な場合は費用は1,000円~5,000円、申し込みの上でかかりつけの医院で受診する場合が多いです。

1歳健診の費用

公的な健診ではない自治体が多く、数千円程度の費用が発生します。

自治体や受ける病院によりけりですが、3000円程度〜5000円程度で受けることが出来ます。

2歳児健康診査

わたしが今回受けたのは任意の健診です。

費用は2,150円でした。

 3歳児検診の費用

 3歳児検診の費用は自治体にもよりますが、
基本的に無料です。

 乳幼児健診には定期(無料券が配られているもの)と任意(自費)のものがあります。

任意の健診の値段は地域や小児科、病院でも差があります。

スポンサードリンク

また、任意であっても自治体によっては助成してくれるところもあるようです。

また、母子手帳の欄を全部埋めたいと記念に任意の健診を受けに行くママもいるようです♬

行かなくても大丈夫ですが、助成が出てやすくなるなら、我が子の成長過程を見れるので行ってもいいかもしれませんね☆

赤ちゃんの健診の受診率はどのくらい?

市区町村が実施した乳児の一般健康診査の受診実人員は、「3~5か月児」が 1,019,963 人と最 も多く、受診率は 95.6 %となっている。 

市区町村が実施した平成 27 年度の幼児の一般健康診査の受診実人員は、「1歳6か月児」 1,008,449 人、「3歳児」1,017,584 人となっている。

受診率は、「1歳6か月児」95.7 %、「3歳児」 94.3 %となっている。

乳幼児健診への受診率はどのくらいなのでしょうか?

上記が全国を統計とした結果になっていますが、何万人と言われてもパッとこないけど、パーセンテージで表示されると、ほとんどが参加してるんだなぁと分かりやすくなりますよね!

義務化されている健診は、義務化されてるだけあってどれも、90%越えなようです。

ほとんどの人が参加しているということが分かりました。

 

赤ちゃんの乳幼児検診はいつ?

基本的に検診の時期は以下の様になります。

 

1か月健診

3か月健診

6~7か月健診

1歳児健診

1歳6か月健診

3歳児健診

 

 

学習障害、注意欠陥多動症などは、5歳になると顕著です。

その為に、最近5歳児健診に重要性が唱えられ始めています。

赤ちゃんが生まれてきてくれて、1ヶ月もすると早速1ヶ月健診が始まるのです。

事細かい成長過程を見てくれて、そしてママに不安や悩みはないかなどの話しを聞いてくれたりもします。

実家が遠くだったり、周りに知り合いがいなくて、核家族で育てている人には、こんな機会はチャンスではないでしょうか。

赤ちゃんの健診の金額の目安は?

母子手帳と一緒にもらう「乳幼児健康診査受診票」は自治体によってもらえる枚数が異なりますが、乳幼児健診時に利用すれば無料になります。

任意健診の費用は行政や病院によって異なりますが、だいたい2000円から4000円です。

1ヶ月健診:任意(自治体によって有料)

3ヶ月から4ヶ月健診:定期(無料)

6ヶ月から7ヶ月健診:任意(自治体によっては有料)

9ヶ月から10ヶ月健診:任意(自治体によって有料)

12ヶ月健診(1歳児健診):任意(自治体によって有料)

1歳半健診:定期(無料)

2歳児健診:任意(自治体によって有料)

3歳児健診:定期(無料)

費用については任意のものが自費になるようですが、これは自治体によって異なるし、また任意のものでも、助成があれば安く済んだりする事があるようですね。

任意の1ヶ月健診は生まれたところの産院によって無料になるところもあるし、9.10ヶ月健診は市で開催されているところは無料になっているところがあるようです。

赤ちゃんの健診の持ち物は?

荷物は一つにまとめて両手が空くように、ショルダーバックなどにすると便利です。

時間がかかる場合があるので、おむつは1枚ではなく2~3枚程度用意し、赤ちゃんの飲み物を忘れないようにしましょう。

母乳の場合は授乳室があるか確認し、ない場合は授乳ケープを準備しておくと便利です。

 

 ・母子手帳

・はがきなどの案内

・問診票

・案内に書かれた持ち物(バスタオルやおくるみ、尿検査や便のチェック表など)

・筆記用具

・着替え

・オムツ

・おしりふき

・おむつ用ビニール袋

・飲み物

・ハンカチやお財布などいつもの持ち物

・ご機嫌とり用の小さなおもちゃや絵本

・診察券

・保険証

・助成券

・病院から指示された持ち物(バスタオルやおくるみ、尿検査や便のチェック表など)

乳幼児健診は長丁場になる事が予想されるので、荷物も多めになるようです。

まだまだおっぱいやミルクが必要な1ヶ月健診の時は授乳ケープやミルクの準備も必要です。3ヶ月健診の頃には調節出来てくるので、健診の前にたっぷり飲ませてくるといいでしょう。

また健診の時期が暑い時は冷却シートや涼しい格好やタオル、着替えを、寒い時はおくるみなど、温かい格好をさせて来るよう季節ごとの調節が必要です^^

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です