赤ちゃんバンボとは、いつからいつまで?ベルトやテーブルは必要?外し方は?

Pocket

赤ちゃんにバンボはいつからいつまで使える?

 

バンボとは?

要出典 バンボ 出典: www.coming-shop.co.jp

 

バンボは、南アフリカ共和国のメーカー「バンボ社」が作る赤ちゃん用の椅子で、正式名称は「バンボベビーソファ」といいます。

「ハイハイで動き回ってしまう赤ちゃんを、一時的に座らせておくことはできないか」という悩みから開発されたもので、適度な弾力と柔らかさで、腰がすわっていない赤ちゃんでもやさしく支えてくれると、ママたちの人気を集め続けています。

長時間、赤ちゃんの動きを制限するものではなく、家事や赤ちゃんの食事などの間に、短時間で使われることが多いようです。

ポリウレタンフォームを使用しているため、水を弾くという特徴があり、汚れや水分がすぐに拭き取れるのも便利ですよね。

バンボはいつからいつまで?何ヶ月から使えるの?

バンボが使えるのは、首がすわる頃から。

バンボの公式サイトによると生後14ヶ月頃(1歳2ヶ月頃)まで使えるとしていますが、実際はもう少し早めに卒業するケースがほとんど。

多くの場合、赤ちゃんの腰がすわると1人で抜け出せるようになったり、抜け出したくて動いてしまったりすることで、卒業が早くなるといいます。

抜け出せないように専用の腰ベルトがついていますが、嫌がるようになると使わなくなることが多いようです。

バンボは、ずっと使えるという訳ではないのですが、一時期、あれば非常に重宝するアイテムです。

少し大きくなってきて、親もちょっと赤ちゃんから離れてやりたいことがある時などにとても便利です。

ただ、やはり注意が必要なのが、あまり長時間座らせ過ぎない、ということです。上手く活用しましょうね。

ベルトなし?ベルトの外しかたは?

バンボは、色々と種類があって、ベルトに関しても、もともとベルトが固定されていて、取り外せない種類のものと、ベルトを後付けで装着したり、外したり出来る種類のものもあります。

このベルトが、赤ちゃんを座らせる時に邪魔だと感じる方がとても多いようですので、外し方をご紹介しましょう。

↓こんなふうにベルトがついています。

出典:kotoramomo.blog40.fc2.com

↓この留め具を、ハサミの先などを使って・・・

出典:kotoramomo.blog40.fc2.com

↓少し広げてあげます。

出典:kotoramomo.blog40.fc2.com

↓留め具が抜けました!

出典:kotoramomo.blog40.fc2.com

全ての留め具を抜けばOKです。赤ちゃんに危険がないように十分注意してあげてくださいね!

正規輸入品は簡単に取り外しができ、並行輸入品は取り外すのに少し手間が掛かるようです。

並行輸入品も手間は掛かるのですが、上の写真にあるように取り外すことはできます。

赤ちゃんの状態に応じて、取り外して使うのも良いと思います。

テーブル付き?テーブルは必要?

バンボの便利な付属品や、バンボで使える関連商品をご紹介いたします。

バンボベビーソファーで使える別売りの付属品や、赤ちゃんが大きくなってからも使えるバンボの製品がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

31kau2hc6sl

Bumbo バンボ ベビーソファ 専用プレートレイ

¥1,728〜(2017/05/25 時点)

バンボベビーソファに取り付けるだけで使えるトレイです。赤ちゃんを乗せてから取り付けるので、赤ちゃんの乗り降りに支障をきたしません。

おもちゃを乗せれば赤ちゃんが一人遊びをすることもできますし、離乳食をあげるのも楽にできます。

汚れたらさっとふき取るだけでいいのもうれしいですよね。

トレイを付けると食事なども楽にできるようになります。塗り絵などをする時にも活用できそうです。

ただし、トレイを付けた状態では赤ちゃんが座ることができないので、赤ちゃんが座ってからトレイを付けるようにする必要があります。

スポンサードリンク

テーブルの付け方、外し方や分解方法は?

トレイ(テーブル)付きのものもある。

bumboトレイ

このように先に下に差し込んでから、上の支柱にはめこむと装着完了。

ただこの机、装着すると真上から垂直に座らせることができない。

写真の様にすることで着脱ができます。

それ以外にもはじめからテーブルが着脱できない一体型のものの販売されています。

それぞれの商品で特徴があります。

どういったことに使いたいのかということをしっかりと考えてから購入すると良いでしょう。

バンボの危険や注意点は?

太ももが太い赤ちゃん注意

娘は、かなり細身だったので、「太ももがきつくて使えなくなった」ということはなかったのですが、口コミに、「太ももが太い赤ちゃんはすぐに使えなくなる」という口コミが多かったので、ご注意を!

商品ページにもこう記載されています⇒バンボは安定感、フィット感のため、足回りが狭くなっております。

これは商品の不良ではなくバンボ自体の特性となっております。と。

ゆえに不良品の対象とならず、交換返品は受け付け不可のようですのでこれまたご注意を。

バンボはよくできた椅子なのですが、赤ちゃんによって「合う」「合わない」があるようです。そのポイントは「太もも」です。

太ももの部分をあまり緩くしてしまうと、安定感を保つことが出来なくなります。

どうしても少し固定がしやすいような設定になっています。

そのことが合う合わないに関係してきます。

できれば、お店で実際に試してみることが望ましいです。

バンボチェアはよくないの?なぜ?

悪くはないんだけど、よくもないというか。

それと、うちの子はこれに座ると必ずといっていいほどうんちをしてました。

力みやすい体勢なのか、座らせたとたんにすぐでした。

あと、抜け出せないと言われていましたが、息子は6か月でハイハイ・つかまり立ち・伝い歩きを始めてしまったので、その頃にはあっさり脱出してました。

離乳食が中期以降になると、テーブルつきのイスが便利になってくるし、結局使ってたのは・・・3ヶ月くらいだったでしょうか。

あっという間にもとの箱にしまいました。

テーブルつきのように折りたためない分、邪魔ですよ。

うちは座卓でご飯なので、豆イスを使っていますが、これは3歳の今でも十分使えます。

なんだかんだいって、昔からあるものの方が便利ですよ。

使用できる期間も赤ちゃんによってまちまちです。

太ももの関係で使い出してから、すぐに使えなくなってしまったという例もあります。

バンボは腰に注意?

バンボは赤ちゃんの下半身がぴったり収まるので、自由に動くことができません。

あまり長時間になると、筋肉が使われる時間が減って体の発達に悪影響を及ぼします。

赤ちゃんは自分の思い通りに動くことができないと機嫌を損ねることもあり、動こうとした際に転倒することも考えられます。

あまりバンボに頼りすぎず、使用は食事時やお風呂に入る時などと決めて、短時間に止めておきましょう。

適切に使用されていれば良いのですが、親の都合などで適切でない使用がなされると子どもの体に負担になります。

また、まだ体の様々な部分がしっかりと出来上がっていない赤ちゃんは同じ姿勢を長くすることはお勧めできません。

バンボの使用時間は?

もし、3~4ヶ月の赤ちゃんをバンボに座らせる場合は、一日5分程度にとどめるようにしましょう。

3~4ヶ月といえば、寝返りなどを始める時期です。

早くから無理にバンボに座らせて、身体の動きを拘束させるのではなく、お布団の上で、自由に運動をさせてあげたほうがよいでしょう

3~4か月の赤ちゃんで1日5分程度とされています。

もう少し大きくなるとい1日合計で1時間位使っている人もいるようです。

どうしても親の都合で使う時間が長くなりがちです。注意が必要です。

 

バンボはDMMさんでレンタルも出来るみたいですよ。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です