赤ちゃん完ミはいつから?寝かしつけ方は?小雪さんなど芸能人も?

Pocket

赤ちゃんの完ミ(完全ミルク)はいつから?

完ミ育児に移行する方法は?

ママの仕事復帰や妊娠などの事情で母乳をあげるのが難しく、今後完全ミルクに切り替えたい場合は、まずはミルクをベースにして母乳を足していくやり方がおすすめです。

 

スポンサードリンク

そうすれば、自然に母乳の分泌が減少していき、乳腺炎などのトラブルにならずに済みますよ。

ただし、完全母乳育児からミルク育児に切り替えたい場合、母乳が大好きな赤ちゃん相手に移行していくには、多少時間がかかるものです。

逆にミルクが大好きな赤ちゃんの場合は母乳を飲みたがらないため、ママの母乳が豊富に出ていても完全ミルク育児にならざるをえないケースもあります。

完母で育てるか、混合がいいか、完ミがいいか、それはママや赤ちゃんの状況にもよってきます。

ここで、説明している完ミですが、仕事復帰するから、妊娠してしまったからの理由でやむ終えなく母乳を中断しなくてはならない時、または母乳で育てたかったけど、母乳の出が悪く出なかったなど、その理由は様々です。

ですが、完全ミルク育児でも、しっかりと育児をしている事に変わりはありません。

気にするママもいると思いますが、完ミでも赤ちゃんは立派に成長するので心配しないで下さいね^^

完ミの寝かしつけ方は?

夜泣きをさせないコツは

  • 早寝早起きを心がけて、規則正しい生活を送る
  • 親が大変だと思う(続けられない)寝かしつけはしない

この二点に集約されるなと感じたので、この二点を徹底して守ることにしました。

規則正しい生活を送るため、退院したときから

①朝は7時(保育園入園後は6時)に起こす

②夜は7時(保育園入園後は8時)に暗い部屋につれていく

は意識してやっていました。もちろん特に夜はうまくいかないことも多かったです。

お昼寝時間を決めるのは途中で断念。保育園に行きはじめて、生後7ヶ月くらいからお昼寝時間が固定されました。

あとは寝かしつけ方法です。自分が続けられない方法をしない、と決めると意外と使える方法は少なかった…

スポンサードリンク

我が家の場合は、

①生活リズムを整える

②親がつらい寝かしつけはしない

の二点にのみ集中して取り組みました。

二点を守ったので、寝かしつけがつらいと思ったことはないですし、そのお陰か夜泣きがなく寝不足に悩まされることもありませんでした。

寝かしつけも完母でも完ミでも、楽な子もいれば大変な子もいる、赤ちゃんにだって個性があるから、それも様々なのです。

完母だと添い乳で、すぐに寝ついてくれるメリットもあるけど卒乳が大変なデメリットもあるし、完ミの場合お腹がいっぱいになってすぐに寝てくれるという利点もあれば、お金がかかる、夜中泣かれると準備が大変、荷物が多くなるなどのデメリットもあるようです。

上の例にもありますが、あれもこれもと色々な方法を試すと、意外と大変で断念しがちなので、少なく絞ったほうが続けやすいですよ。

小雪さんなど芸能人も完ミ?

「あきらめること」

このタイトルで書かれたブログは賛否両論でした。

その理由は釈由美子さんが少し言葉足らずだったということもあるようです。

ここでは授乳を続けていた釈さんが一気にあげ過ぎたこともあり、ついに母乳が出なくなったことを中心に書いてあります。

産後すぐには母乳が出ないようで、「カスカス」と表現していました。

母乳に変わってミルクをあげたようで、このことを「あきらめること」としていたかのようにみえました。

これには批判があり、「母乳じゃないといけないのか」「あきらめるってなんかひどい母親みたい」などの声がありました。

すぐにその日のうちにすぐに釈さんは訂正し、「あきらめるというのはミルクに替えることではことではない」としています。

芸能人のママさんだってプライベートでは私達と同じ普通のママで、私達と同じように悩むし、育児に一喜一憂するでしょう。

赤ちゃんだってママだって、十人十色の育児があります。

ただ芸能人だから、ブログに書いてしまうとすぐ叩かれてしまったり、誤解されてしまう事があるようです。

蛯原英里さんのように、母乳育児にこだわってたけど、先生からの一言に救われたそうです。

また”芸能人 完ミ”と検索すると小雪さんの名前があがってきます。

これは第1子と2子の間隔が短い為そのような噂が囁かれているようですが、『仕事復帰したいから』『年齢を考えて』『旦那さんと、ただ仲がいいから』など色々言われているようですが、こればかりは本人にしか分からないですよね(笑)

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です