新生児のミルクの間隔が短い時は?完ミの外出時の持ち物や消毒は?

Pocket

完ミの赤ちゃんの外出時の持ち物は?哺乳瓶、お湯?

完全ミルクの基本的な持ち物

・哺乳瓶

・ミルク

・お湯

他には

・オムツ

・お尻ふき

・消毒シートorジェル

・ガーゼorハンカチ

・着替え一式

・ビニール袋(おむつやゴミを入れて持って帰る用)

 

スポンサードリンク

 

着替え一式は遠出する以外は持ち歩かないママは結構多いですね。

私も普段は持ち歩かなかったです。

しかし、ゲップをさせた後にダラーっと吐いて服が汚れてしまう事があるのでよく吐くお子さんでしたら毎回必要かも知れません。

完ミだと、いつも持ち歩く荷物にプラスして調乳道具の持参になるので、全部を持ち運ぼうとするとだいぶ荷物が重くなるのが難点ですよね><;

どの位の時間出るかにもよりますが、持ち物にはより軽くする工夫もされていて、今は持ち運びに便利なキューブタイプも売っています。

あらかじめ哺乳瓶の中に入れておく、授乳室のあるところに行くなら始めから湯冷まし用の水は持って行かないなどの工夫をしているようですね^^

 

ミルク育児で外出する際に最低限必要なものについてリストアップしてみました。

・ミルク

 予定より1回~2回分多めに持っていると安心です。

 スティックタイプのものがコンパクトでおすすめです。

 ・哺乳瓶

ミルク一回ならひとつで事足りますが、それ以上なら2つ以上持参しましょう。

 消毒が不要になった時期なら洗剤とスポンジを持ち歩くと哺乳瓶はひとつで済みます。

 ・お湯

沸騰したお湯を魔法瓶に入れておくと、徐々に冷めていくので調乳に最適な温度になります。

 熱々でも湯冷ましで調節すればOKです。

 満タンまで入れておくと冷めにくいのでおすすめ。

 ・湯冷まし

水筒に入れて行くか、赤ちゃん用の水がペットボトルで市販されているのでそれなら手軽です。

 お湯で調乳して冷ますという方法なら、冷めるまで時間はかかりますが、湯冷ましは不要です。

外出時のママの荷物が軽減されるように手助けしてくれる商品が今はたくさん売られていますよね☆

また外出先では瓶タイプよりもプラスチックタイプの哺乳瓶がオススメです。

洗える環境があればいいですが、そうゆう訳にもいかない時もあります。

その時の為に瓶は自宅用、プラスチックは外出用と分けたり、また旅行などの長時間外出の時は使い捨てタイプの哺乳瓶も便利なようです。

またミルクも粉タイプを使っていれば、計って入れるだけのケースも売っているし、持ち運びに便利なキューブタイプやスティックタイプもあります。

今はミルク育児のママの為の商品や施設がたくさんあり、便利な時代になりましたね^^

 

完ミの外出時の消毒方法などは?

外出先の哺乳瓶の洗浄と消毒について、自宅消毒、使い捨て、熱湯消毒の3つのお勧め方法をご紹介します。

軽量タイプを数本用意

できれば、割れにくい軽量タイプの哺乳瓶を数本用意しておきます。

一般的な2~3時間置きのミルクで、約3時間のお出かけで1回授乳ですが、外出はそわそわして一回に沢山飲めない子がいます。

短時間でも2~3本持っておくと足りないということにはならず安心です。

使い捨てタイプ

外出先で飲んだ哺乳瓶を持ち帰り消毒するのも面倒ですよね。

普段のお買い物はもちろんですが、何十本も持ってはいけない旅行時には使い捨てタイプがとってもお勧めです。

スポンサードリンク

家に帰ってからの消毒いらず、外出先は荷物が軽くなるので身動きがとりやすいです。

熱湯消毒

既に月齢が進んでいる子供であれば、熱湯消毒という方法あります。

最近のショッピングモールや百貨店のキッズスペースには熱湯が用意されています。

水で清潔に洗ってから、熱湯で全体を洗い、新しいミルクを作ってあげましょう。

外出時の荷物はただでさえ重いのに、ミルクを与えるとなると、哺乳瓶の消毒の事などを考えると持ち物も手間も増えて、本当に大変ですよね。

でもママ達も工夫をしているようです。

スポンジと洗剤を持って行くと言うママも居ましたが、それは洗える環境に行く事をあらかじめ知ってる場合であります。また更に荷物が増えて大変ですよね><

大体のママさんはプラスチックタイプの哺乳瓶を何本か持って行くようでした。

またある程度大きくなれば、授乳室の熱湯で消毒したり楽になってくるようですね☆

 

新生児にミルクを与える間隔は?短い、あかない時は?

生後0日~2カ月までのミルクの目安量

生後0日、1日目は20mlで3時間おきに8回

生後2日目は30mlで3時間おきに8回

生後3日目は40mlで3時間おきに8回

生後4日目は50mlで3時間おきに8回

生後5日目は60mlで3時間おきに8回

生後6日目は70mlで3時間おきに8回

生後7日から2週間は80mlで3時間おきに7回(体重約3kg)

生後2週間から1カ月は100mlで3時間おきに7回(体重約3.8kg)

生後1カ月から2カ月は140mlで3時間おきに6回(体重約4.8kg)

新生児に与える量は20ml〜徐々に増やしていくとされていますが、生まれてすぐ〜1週間はまだ入院中ですので、その産婦人科や病院の指導方法にもよるでしょう。

間隔はしばらくはずっと3ヶ月位までは3時間間隔が続きます。

 

授乳間隔が短くなる主な原因は次の2つです。

・飲むのが下手だから
生まれたての赤ちゃんはおっぱいを飲むのがヘタクソです。

お腹いっぱいになる前に、飲むことに疲れて寝ちゃったりして、次の授乳時間までもたないことは珍しくありません。

 ・需要と供給が合ってない

母乳が思うように生産できていない、または赤ちゃんが食いしん坊のどちらかです。

特に意識しなくてもおっぱいが大量に出る人もいますし、あまりおっぱいが出ない人もいます。

食べる量に個人差があるように、おっぱいを欲しがる量にも個人差がかなりあります。

新生児期の頃の赤ちゃんはおっぱいを吸うのも哺乳瓶でミルクを飲むのも上手ではありません。

なので間隔が短い場合は、何が原因なのか確かめて対策をしましょうね。

段々とママも何で泣いているのか分かるようになってきますが、新生児期はとにかくよく泣くので(赤ちゃんの性格にもよりますが)

オムツかな?

ミルクかな?

抱っこかな?

と手探りだった事を私も思い出します^^

 

授乳間隔があかないで短いときは?

赤ちゃんが成長するに従い、授乳の間隔も長くなっていきます。

ですが、頻回におっぱいを与えなければいけない時期はママの疲労もどんどん蓄積してしまいます。

母乳が赤ちゃんにとって一番良いのは言うまでもありませんが、あまりにも母乳育児に執着しすぎて、ママ自身が体を壊してしまうようでは本末転倒というもの。

頑張りすぎず、辛いときにはミルクを足してもいいのです。

また、赤ちゃんが泣いている理由が空腹だけとは限りません。

基本的には、「泣いたらおっぱいを与える」で間違ってはいませんが、赤ちゃんが泣いている原因が他にもあるかもしれないということは常に頭に入れておくとよいでしょう。

授乳間隔があかないと大変ですよね。母乳だと母乳の出によってお腹いっぱいにならない時もあります。

ですがミルクの場合は3時間間隔をあけないといけないので、泣いている原因は授乳以外の何かです。

ミルクの方がよく寝てくれるから寝る時だけミルクというママもいるし、夜中に起きるのが辛いから添い乳の方が楽というママがいます。

一番はママが笑顔で育児を出来る事ではないでしょうか。

睡眠不足ではイライラしてしまうし、スマイル育児も出来ないでしょう。

なので、何が正しいという事もないし、ミルクでも母乳でもママがいいと思った事が一番いいと思います。

何より赤ちゃんはママの笑顔が大好きですから^^

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です