赤ちゃん飛行機はいつから? 耳抜き、バシネットや座席、持ち物や料金、海外は

Pocket

赤ちゃんを連れての帰省や旅行は不安が多いもの。

まして飛行機を利用するとなると、さらに心配事は増えていきますよね。

どんなものを用意しておくと良いの?

お金はかかる?

と様々な疑問が浮かんでくると思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんは飛行機はいつから?

赤ちゃんが飛行機に乗れるのは、ANAとJALの場合は、国内・国際とも生後8日以降と決められています。

新生児期は病気にかかりやすい時期でもありますので、生後8日未満は飛行機に乗ることができません。

里帰り先が遠方であったり、どうしても時期がずらせない引っ越しや行事があったり、新生児の赤ちゃんを連れて飛行機に乗る理由は様々ですよね。

しかし、まだ首がすわっていないことや、体温調節がうまくできないこと、授乳・ミルク、おむつ替えが頻回なこともあって、ママや赤ちゃんの負担になることが多い時期です。

できれば生後1ヶ月未満は避けられるよう調整できると良いですね。

子どもがまだ小さな時は飛行機での旅行など無理をする必要はないかもしれませんね。

里帰りなどでどうしても飛行機に乗る際は、時間に余裕を持ち事前準備をした上で飛行機を利用する事をおすすめします。

赤ちゃんの飛行機の耳抜きとは?

飛行機に乗った時に高度が高くなると、気圧の変化で耳がキーンとする経験をしたことはありませんか?

あの現象を耳抜きと言います。

あのキーンは大人だけでなく、乳児や幼児でもなってしまうのです。

赤ちゃんの耳抜きは、おっぱいやミルクなどの飲み物を飲ませることにより解決します!

耳抜きは大人でも直らないと結構大変なもの。

それに子どもがなって見るのも可哀相ですし、なおらずにくずられても困ります。

飛行機に乗る時の心配事項の上位にくるのがこの耳抜き。

ストローやコップのみが出来るようになると機内でもらえるジュースを飲むのも手ですね。

我が家は心配すぎてペットボトルを持ち込んでいましたが結局ほとんど寝ていてそこまで心配することではありませんでした。

赤ちゃんの飛行機の座席やバシネットは?

赤ちゃんが飛行機に乗るときの座席は、月齢や同伴者数、航空会社によって異なります。

また、飛行機に乗るときによく聞くバシネットと呼ばれるベビーベッドも、国内線・国際線で使用が異なることや、航空会社によって設置がないこともあるので、利用を考えている人は事前によく確認しましょう。

首がすわっていない赤ちゃんは、ママやパパがシートベルトをつけた上の膝上に抱くのが基本です。

座席を予約しチャイルドシートを利用する場合は、しっかりと1人でお座りできるようになってからにしましょう。JAL国内線の場合、「クラスJ」という赤ちゃん同伴の優先シートがあり、席の配列もファミリー向きですが、予約時に別途プラス料金が必要です。

ANAは国内・国際線とも、座席を使用しない体重10kgまでの子供に限り、無料でベビーベッドの貸し出しが可能です。

JALの場合、国内線はベビーバシネットの貸し出しは行っておらず、国際線に限り、座席を使用しない体重10.5kgまでの2歳未満の子供は、無料でベビーバシネットの貸し出しをしています。

いずれも事前予約が必要で、設置できる座席や場所、数が限られています。また、事前予約はインターネットではできず、電話予約が必要な場合がほとんどなので、座席予約と混乱する場合は、電話で座席の相談をしながら、一緒にバシネットを予約するのがおすすめですよ

スポンサードリンク

座席を使用しない赤ちゃんはパパやママの膝の上が基本になりますね。

バシネットの利用などは航空会社によって違いますので事前に確認しておくとよいでしょう。

我が家もJALを利用する際はクラスJを予約しています。1歳の子どもと一緒の利用でかなり楽でした。

赤ちゃんの飛行機の持ち物は?

手荷物で持ち込むと便利な赤ちゃんグッズ

● おむつとおしりふき(飛行時間2時間程度の場合は2~3枚程)
● ミルクの場合はミルクセット(粉ミルクと哺乳瓶)
● 授乳の場合は授乳ケープ
● 着替え1セット(短時間の場合1セット、長時間の場合は、汚れや汗などの着替え含め2セットは準備)
● 抱っこ紐(離着陸時含め、機内であやすとき使用えるので長時間の場合は必須)
● 赤ちゃん用のおやつ
● 赤ちゃんがお気に入りのおもちゃ・絵本
● 汚れものを入れるビニール袋数枚
● お気に入りの動画を入れたスマホやタブレット

あれもこれもと持ち込んで大荷物なのも大変になりますので厳選して選んで持ち込みたい所ですね。

赤ちゃんは音の鳴るおもちゃなど好きですが、周りの迷惑にならないかなども考えて選びましょう。

赤ちゃんの飛行機の料金は?

赤ちゃんと飛行機に乗るときの料金は、基本的に国内線で座席を使用しない場合(ママやパパの膝の上)は無料で、座席を使用する場合は小児運賃が必要です。国際線では座席を使用しなくても大人運賃の何%か必要なことがほとんどです。

また、一般的に、座席使用しない乳幼児でも、搭乗券を発行してもらう必要があるので、カウンターや予約時に電話などで問い合わせましょう。

ANA・JALの国内線の場合

● 大人1人につき満3歳未満の子供2人まで同伴でき、1人のみ無料(ママやパパの膝上)で搭乗可能
● 座席の利用を希望する場合や上記条件で2人目の子供が座席利用となる場合、小児に適用される運賃と同額の運賃が必要
※ ANA/0~1歳、JAL/満3歳未満の条件

基本的には国内線ですと、座席を利用するかしないかで料金の有無が変わってきます。

無料で乗る赤ちゃんも搭乗券は必要になりますので必ずカウンターで搭乗券を発行してもらうようにしましょう。

赤ちゃんは海外旅行も大丈夫?

今は赤ちゃんの海外旅行デビューもかなり早い時期にされる方が増えてきています。

とはいえ、やはり海外旅行は首が座ってからを目安にされると良いかと思います。

よく言われるのが、1歳前か、3歳を過ぎてから。

イヤイヤ期の子どもを連れての海外はやはりなかなか厳しいものがあるのかもしれませんね。

もちろん、場所にもよるでしょうし、赤ちゃんの個性、パパやママの考え方や周りの環境(パパママ以外に同行してサポートしてくれる人はいるか?)なども大きく影響してくると思います。

早ければいい、遅いほどいい、と一概に言えるものでもありません。

それぞれのご家庭でよく相談してデビューの時期を決めるようにするといいと思います。

最近では、小さいあかちゃんのうちから海外旅行へ行く家庭も増えてきていますね。

子どもの人数とフォローできる大人の人数を見極めて、子どもの負担にならないと判断できるとみんなが海外旅行を楽しめるかもしれません。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です