赤ちゃんのカバーオールとは?着こなしや新生児のオススメは?手作り出来る?

Pocket

赤ちゃんのカバーオールとは?

カバーオールは、「脚まで布で覆われている物が多い」のが特徴です。

夏でも下着を着た上にカバーオールを着たり、生地が厚い物であれば上着変わりになったりします。

一般的なカバーオールの特徴をあげてみます。

スポンサードリンク

•長袖・半袖・ノースリーブ
•ズボンタイプが多い
•股下スナップタイプ
•洋服として使用

裾にゴムが入っているものもあり、足が出ないように工夫されていますので冬のお出かけにおすすめです。

ロンパースはよく耳にしますが、カバーオールと言うものがあるんですね。

足まですっぽり覆われているカバーオールは冬の寒い時期にはピッタリだと思います。

持っていない方は、冬に備えて赤ちゃんのために用意してあげると良いかもしれませんね。

赤ちゃん、新生児のカバーオールのオススメは?

新生児用カバーオールは、汚れが目立たないものや繰り返し洗濯してもくたくたにならないもの、着替えやすいデザインのものを選びましょう。

素材も色々なものがあります。夏には綿やガーゼ素材などの通気性や吸収性の良いもの、冬にはキルトやフリースなどの保温性が高く厚みのあるものを選ぶといいでしょう。

ツーウェイオールやドレスオールタイプは、新生児のうちはボタンを留めずにドレスのように使用し、足を動かすようになったらボタンを留めてズボンのように着ることができます。

成長に合わせた着させ方ができるので経済的ですよ。

赤ちゃんに着せるものなので可愛いものを選びがちですが、着替えやすく肌に優しいなど、おすすめされているものも揃えておきたいですね。

これから赤ちゃんの服を揃えようと思っている方は、おすすめされているようなカバーオールを選んであげると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

赤ちゃんのカバーオールの着こなしは?

外に出るときは女の子なら、フリルのついたかぼちゃパンツやブルマがかわいいですね。

また男の子は短パンをはかせるという着こなしでよいでしょう。

外にいてもあたたかく感じるくらいの日は2ウェイオール1枚で十分。

夕方の肌寒さが心配だったら、ベストや靴下など防寒アイテムを持参して。

肌寒い日は肌着+2ウェイオールにカーディガンをプラス。

羽織るだけで手軽に体温調節ができるので、お出かけ時にも大活躍。

一枚あると便利ですよ!

気温が低めの日は、カバーオールの上からポンチョを着せたスタイルがおすすめ。

ポカポカ陽気の日は2ウェイオールやカバーオールの上に薄手のカーディガンをオン。

カーディガンは体温調節に役立つだけでなく、きちんと感も出せるので、おめかしシーンにもピッタリ。

あたたかい日にお家で過ごすなら、肌着の上からカバーオールを着せるだけでOK。

気温によっては半袖でも十分です。

春は気温差が激しい季節です。

寒い日は肌着を重ね着する、暑い日は素足にするなど、その時々の気温や体感温度に合わせてママがコーデを調整してあげましょう。

赤ちゃんにもかわいい着こなしをしてあげたいですよね。

女の子には可愛らしさ、男の子には格好良さを着こなしで表現してあげるとよりかわいくなるかもしれませんね。

同時に暑さ・寒さ対策も必要ですね。

カバーオールを型紙で手作りも出来る?

型紙があれば、袖の部分の布を替えて作ってみるなどすると、何着も同じものを作ることができます(^^)

フリース、ニット、綿ジャージ、スムースや天竺(Tシャツの生地)などがおすすめです。

ミシンメーカーのブラザーが無料で型紙を公開しています。

自分で作った服を赤ちゃんに着せてあげたいと思うお母さんは多いと思います。

型紙があれば作ってあげることが出切るようなので、手作りを考えているお母さんは是非試してみてください。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.