赤ちゃんの外出。ミルクや靴下など持ち物は?お出かけは泣くし疲れる?

Pocket

赤ちゃんとのお出かけにはどんな持ち物が必要なのか、ミルク育児のママはお湯や湯冷ましは必要なの?と疑問があるかもしれません。

本当に必要なもの、あったら便利なものとは何があるのでしょうか。

赤ちゃんの外出時のミルクは?

家で、普段ミルクを作るときは、哺乳瓶にお湯と粉ミルクを入れて溶かしたあと、できあがり量までさらにお湯を加え水につけて体温くらいに冷ますというのが基本の作り方ですよね。

 

スポンサードリンク

 

持ち物は?

・哺乳瓶
・お湯
・湯冷まし
・ミルク

タオルもあると何かと便利ですね。

私もミルク育児ですが、お湯と湯冷まし持っていきます。荷物になるけどこればっかりは我慢です。

ミルクも衛生的にスティックタイプのを持っていくようにしています。旅行のときは使い捨ての哺乳瓶も使っています。

最近では赤ちゃん休憩室でお湯をもらえたりする所も増えてきているので、事前に調べておくと少ない荷物で済みますね。

赤ちゃんの外出の持ち物は?

  • オムツポーチ(紙おむつ・おしり拭き)
  • ビニール袋
  • タオル
  • 着替え
  • ミルクセット(哺乳びん・粉ミルクなど)
  • 授乳ケープ
  • 母子手帳
  • お気に入りのおもちゃ

月齢によっては他に離乳食・おやつ、食事用グッズが必要になります。

暑い時期

  • 保冷剤や保冷シート
  • うちわや扇子
  • 日よけの帽子
  • 日焼け止め

寒い時期

  • フリースやブランケット
  • レッグウォーマー
  • 防寒用の帽子

お出かけする時にアレもあったらいいな、コレもあったらいいな、と思っているとだんだんと大荷物になっていく事も…。

絶対的に必要なものをまずは用意してあったら便利なものは厳選しておいた方がいいですね。

最悪、出先で買えば良いかもと思うものは私は置いていくようにしています。

赤ちゃんの外出は靴下はどうする?

 

寒い日などには履かせてあげる目安にしましょう。赤ちゃんは体温調整が上手くできないので、温めてあげましょうね。

ただし、こんな注意点があります。

赤ちゃんの足の裏には、土踏まずがまだないので靴下がなかなかフィットせずに脱げてしまいます。

スポンサードリンク

不快感から自分で反対側の足を使って器用に脱ぎ捨ててしまう赤ちゃんもいます。

 

対処方法は?

・靴下でなく毛布をかけて保温する

・靴下の上からレッグウォーマーを履かせて脱げを防止する

・肌寒いくらいの時はレッグウォーマーだけを履かせる

 

この方が安心して保温できますね。

靴下は新生児用から売っていますし、いつから履かせたらいいのかなど悩みますよね。

家の中では夏も冬も履かせないのが基本の様です。

お出かけも寒い時期にだけ履かせると良さそうですね。

赤ちゃんが外出で泣く時の原因や対処は?

いつもと違う場所に行ったり、知らない人に会ったりすることに、大人が思っている以上に過敏になってしまうもの。

お出かけ中に不安や不快感を覚えると、ぐずったり泣いたりしてしまいます。

家の中で過ごすときと同じで、お腹が空いていたり、おむつが汚れていたりして、ぐずることも。

 

このように、外出中に泣く原因は様々なようですね。上記を参考に、赤ちゃんを良く観察してみてくださいね。

対処方法は?

抱っこする

ママの温もりを感じるだけでも泣き止むことが多いですよ。

低い位置から高い位置へと視界が変わるのも、赤ちゃんには気分転換になります。

 

おもちゃであやす

おもちゃ以外のアイテムとして、鏡もおすすめです。

赤ちゃんは、自分の顔を鏡で見ると泣き止むことがあります。

音の出るものも、赤ちゃんをあやすのに効果的です。

 

食べ物を与える

お出かけの度におやつを与えていると、おやつが欲しくて泣き出すとこともあるので、最終手段として与えるようにしましょう。

人見知りの時期になると、出先で声を掛けられただけで泣いてしまったり眠たくなって泣いてしまったり、原因は様々でも赤ちゃんなり何かを伝えようとして泣くもの。

ママは焦らずに落ち着いた気持ちで対応してあげましょう。その落ち着きが赤ちゃんを安心させられるはずです。

 

赤ちゃんはお出かけは疲れる?

赤ちゃんにとって外の世界は刺激で一杯です。

太陽の光や車の音など赤ちゃんを刺激するものは多いです。

長時間の外出ともなると赤ちゃんが疲れすぎてしまいます。

赤ちゃんにとって外出は目に入るもの全てが新鮮ですし、五感で感じるもの全てが刺激的です。

それも長い時間のお出かけになると疲れが興奮になってしまい、寝なくなることもあります。

赤ちゃんの負担にならない様な時間も考えてお出かけしていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.