赤ちゃん保活裏ワザやコツ?市役所で聞くこと、就活やコンシェルジュについて

Pocket

保活の裏ワザやコツがある?

保活の裏ワザやコツは?

1・待機児童の数を把握しておく

まずはお住いの自治体の「待機児童の数」ということを把握することをおすすめします。

 

スポンサードリンク

フルタイム勤務など持ち点の高い家庭の待機児童がたくさんいるような園は激戦となり、パートや求職中のママではまず入れないような状況になっています。

2・加点を制する

加点をうまく利用することが、入園できる最大のコツになりますが、「ひとり親世帯」や「兄弟姉妹…」といった項目はもうどうにもならないですよね。

3・最大の裏技!認可外保育施設に預けて、先に働く

認可外保育施設に先に預けるというのが、意図して自分で点数を加点できる方法です。

預けるだけではなく、働きに出てしまえば、お金はかかりますが「保育が絶対に必要な状況」として自治体にアピールすることができます。

無認可保育施設が近くにない場合は、保育ママ制度を利用することも手です。

4・入園できなかったケース!兄弟で申し込む場合の裏技

足立区が公式に「保育園に入園できなかったケース」を発表してくれています。

それによると、入園できなかったのは

 ・兄弟同時に入園できないときは入園しないを希望した人

・出産予定で申し込みをしてたけど、4月1日時点で入所可能年齢に満たなかった時(つまり4月1日の時点で生まれていなかったとき)

・生後6ヶ月未満の乳児ですが、産休明け保育の受け入れ可能な人数を超えてしまったとき

・発達支援の必要な児童で申し込みをしたが、支援児の受け入れ可能な人数を超えてしまったとき

5・希望園をたくさん書いておく

希望園をたくさん書いておけば、もし激戦保育園がダメでも、募集の多い他の保育園に入れる可能性もあります。

裏ワザ情報まであるとは、それだけみなさん保育園に入れる為に必死な訳です!

ましてや仕事を探さないといけないママにとって保育園が見つからなければ働きにも行けないという悪循環なケースに陥入る可能性もあります。

でもそれも回避出来る裏ワザがあるようで、地域にもよりますが激戦区は特に入れるか入れないか分からないところを待ってる間に無認可に入れながら働く!この手があったようです。 

ただこの裏ワザも地域にによっては無認可保育園が無い場合もあるので、その時は違う方法を考えましょう。

保活で市役所で聞く事は?

市役所で絶対に聞いておきたい事は?

①自分の点数と優先順位

必ず確認しておきたいポイントがコレ!自分の点数と優先順位について確認しておきましょう。

②申し込みに必要な書類とスケジュール

フルタイム勤務は会社からの勤労証明などが必要になりますし、育休明けポイントも何かしらの書類が必要になります。

③昨年度の入園実績

公開の仕方は人や自治体によって変わると思いますが、教えてくれることには間違いありません。

スポンサードリンク

「自分の点数で昨年度なら入れてた保育園はどこですか?」なんて質問の仕方もありかも

④保育料(課税証明書など持参)

念のため保育料についても確認しておくと安心です。

気になる方は必要書類を調べて持参しましょう。

⑤認可外保育園の種類、場所、補助金について

認可外施設についても名前や場所はしっかりと役所が情報を持っています

そして、施設によっては補助金も出してくれます!確認しておきましょう。

保活の為には、市役所を味方につけましょう!知っているか知らないかでも、かなり大きな差になったりします。

聞くべきポイントを抑えて、妊娠中に準備を進めましょう。

知らないママより、知ってるママの方が保活するにあたって有利になるのではないでしょうか。

保活と就活はどちらが先?

いつから仕事を始めるのか計画を立てた上で、保育園の申し込みをするのが理想的です。

両方を並行してスタートさせ、同時期に保育園も仕事も決まるように上手く進めていきましょう。

一番いいのは、逆算してスケジュールを決めること。

思うようにいかない場合には軌道修正する必要が出てくるので、その時間も考慮した上でスケジュールを組んでいきましょう。

保活の裏ワザ情報に、『無認可に入れておいて仕事を決めて、その後認可保育園に入れる』といった方法もあるようでしたが、地方に行くと無認可がないところもあります。

そういった時はもう、逆算してスケジュールを決めて同時進行でいくしかないと思います。

4月入園に向けて、自分も4月入社のところを見つけるか、近くに預ける人がいればそれより早く見つけて働きに出るのもいいかもしれません。

保活コンシェルジュとは?料金の目安は?

保活コンシェルジュとは、企業から委託を受けて、出産や育児で休職中の社員それぞれの事情に応じた保育園情報や保活の進め方などを、専門スタッフがアドバイスするサービスです。

『保活コンシェルジュ』というのもあったんですね!

初めてママになった人で、周りに相談する人も居なく、右も左も分からない場合、保活コンシェルジュを利用するのも手かもしれませんね。

育休中の社員の為にこんなサービスを提供してくれる企業も増えてきたようです。

保活代行サービスの料金の目安は?

保育園探しについての相談・カウンセリング 1回(60分) /6,000円

ご希望に沿った保育園の優先順位の分析  1地域 /5,000円

育休中~復職までの保活すべてに伴走します 50,000円~

相談・情報提供なら1回5000円。フルサポートで5万円と言うことですが、フルサポートの場合「5万円~」となっているところが微妙です

また別の団体の場合は……

個別相談で60分1万円。情報の提供と調査等で2万円~。施設見学や申込書類作製のアドバイス等で3万円~。となっていました。この場合も「2万円~」となっているところが微妙ですよね。

右も左も分からないママにとって保活コンシェルジュの存在は有り難い反面、利用する値段がそんなに安くないのが悩みなところなようです。

相談すら5,000円以上、全サポートお願いすれば5万円〜なので、その倍額の準備が必要となるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.