赤ちゃん母乳の栄養は?母乳育児の利点、食事制限、がんばれなかったら?

Pocket

母乳の栄養は?

母乳は血液の加工品で、「白い血液」とも言われます。ママが食べたものが血液となり、それがさらに母乳になります。

 

スポンサードリンク

他にも、身体を健康に維持するために必須な栄養素、ビタミンやミネラル、たんぱく質や脂質なども、母乳を通していつまででも、子どもに与え続けることができる仕組みになっています。

母乳は赤ちゃんにとって最大の栄養源です。なので、質のいい母乳を赤ちゃんにあげたくて、食べ物にもこだわるママもいます。

母乳がよく出やすくなる食べ物や飲み物なんかもありますよね。

私も妊娠前から”母乳がよく出るから”と鯉や赤飯を食べさせられたりしましたよ(笑)

また、ママが食べた物で味が変わったりするので、刺激物系は避けようと言われたりもしています。

母乳育児の利点は?

メリット①

免疫力が上がる

およそ出産10日以内くらいの出始めの母乳を「初乳(しょにゅう)」といいます。

初乳には、免疫物質(免疫グロブリンAやラクトフェリン)が含まれています。

 

メリット②

ダイエット効果

完全母乳の場合は、700kcal/日のカロリーが消費され、これは水泳だと約1時間分の消費エネルギーに相当します。

メリット③

おサイフにも優しい

ミルクを買うと月に10,000円~15,000円の出費になります。

それ以外にも消毒用の備品を買い続ける必要があり、出費がかかります。

メリット④

手間が減る

母乳育児なら外出時の荷物も減り、夜間の授乳も哺乳瓶を洗ったり消毒する手間をかけずに授乳できます。

母乳育児にはたくさんのメリットがいっぱいあります。

確かに母乳育児で育った子は免疫があり、あまり風邪も引かないし、ウイルス感染もしないようです。

(保育園に入ってる、入ってないも関係あるかも)

また何より助かるのが経済的な事でした!(笑)母乳はママにも赤ちゃんにも、家計にも優しいんですね!

ミルクだと月にミルク代が掛かりますが、月齢が増すと、なくなるのも早くなるので友人は、2週間に1回買ってるよ〜とか月1万するよ〜なんて言ってる友人もいました。

また、持ち物もケープ位だし、何かと母乳育児にはメリットがたくさんあるようです☆

母乳育児は食事制限が必要?

 

摂取してはいけないとされているものは?

それはやはり、一般的にアルコール、喫煙とされています。

これは卒乳するまで、我慢した方が良さそうですよ。

 

①飲酒

大量摂取すると発育障害、発達障害、知的障害を引き起こす可能性があります。

ごくたまに少量であれば、影響は無いと言われています。

気になるようでしたら、搾乳してから授乳すると良いです。

②タバコ

スポンサードリンク

発がん性の成分が含まれています。そして、発達障害、発育遅延、呼吸器障害にもなります。

ニコチンが含まれているため、ニコチン中毒の症状も現れてしまいます。

分解されにくいため、少量の喫煙でも成分が残ってしまいます。喫煙に関しては、完全にやめましょう

 

控えたほうがいいとされているものは?

 

①甘いものや辛いものなど、刺激物

味がきついもの全般に言えます。そのまま母乳に影響します。

これらは刺激物のほかに、乳成分、脂分も含まれます。

授乳のとき、赤ちゃんが飲むのを途中でやめたり、乳腺炎になったりしたので、極力やめました。

 

②カフェイン

赤ちゃんはもちろん、子供もです。覚醒作用があるため、落ち着きが無くなり、不機嫌になりやすく夜泣きなど引き起こします。

また、母乳の濃度も変わってきてしまいます。

アルコールや喫煙に関しては授乳中だけではなく妊娠中から言える事です。

私もお酒は大好きで毎晩晩酌していましたが、妊娠したかも?と思った時点でピタリとやめて、飲みたいなぁとも不思議と思いませんでした。

これは個人差があるので、飲酒出来ないけどストレスが溜まるようなら、授乳した後に350ml1缶、ワインなら1杯だそうですが、これもまた個人差があります。

授乳後は搾乳し最低でも2時間空けてからの授乳、または翌日完全にアルコールが抜けてからの授乳にしましょう。

喫煙に関しては、絶対にやめましょう!

妊娠中でも授乳中でも赤ちゃんに悪影響ばかりです。

母乳育児を、やめたい?がんばれなかったら?

やめたい理由は?

人に預けるためには、母乳を搾乳(さくにゅう)する必要があります。

完母だとなかなか哺乳瓶を飲んでもらえず、預けられた人までが苦労します。

乳腺炎になったとき、高熱が出て痛すぎて死にそうだった

夜中の授乳を交代することができない

生まれたばかりの赤ちゃんを持つママに、睡眠時間なんてありません。

私も夜中の授乳ほど眠くてだるくて、つらかったことはありません。

好きな食べ物やアルコールを飲むことができなかった

自分だけのカラダではないからこそ、自由に出来ないストレスで悩まされていました。

母乳育児がストレスになる位なら、無理してがんばりすぎずに新生児だって1ヶ月だって2ヶ月だってやめていいと思います。

ただでさえ、育児には悩みがつきもので色々心配したりするのに、そこに母乳のことでストレスが溜まってしまったら、ママの心は爆発してしまいます。

ミルクにすれば、パパもお手伝いする事が出来て円満になると聞いたこともあります。

“母乳でないと”.みたいな事言われてるから自分を責めてしまうママがいますが、完母でも完ミでも成長過程に差はありません。

色々デメリットもある母乳育児、自分には向いてないと思ったらやめちゃいましょ!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.