母乳育児ダイエットの脂肪燃焼の仕組みは?いつから?スープや2人目は?

Pocket

母乳育児ダイエットの脂肪燃焼のしくみは?

 

母乳が生成されるために血液がつくられること

赤ちゃんが母乳を飲んでくれること

妊娠中についた脂肪が、産後落ちやすいということ

 

スポンサードリンク

 

その産後の当たり前のような母親としての身体のメカニズムがカロリーを消費し、自然に脂肪燃焼へと繋がるわけです。

 

母乳は血液から作られているので、赤ちゃんが飲んでくれれば飲んでくれる程、カロリーは消費されます。

さらにそれが脂肪燃焼効果もあるというから驚きですよね☆

 

授乳期間の母乳による消費カロリーは、1日あたり、500~800キロカロリーとも言われていますよ。

 

母乳が出る人は、母乳の出を良くする為にお風呂は温かい湯船に入り母乳マッサージをして、水分をよくとり、質のいい食事をして、赤ちゃんにたくさん飲んでもらいましょうね^^

タイムリミットは生後半年までだそうです☆

 

母乳育児ダイエットの脂肪燃焼、2人目の場合は?

二人目は一人目より母乳で脂肪燃焼しにくい?

新陳代謝が落ちるから

代謝が悪くなれば、脂肪の燃焼効率も下がりますし、栄養を消化し体に行き届ける働きも弱くなります。

そのため、太りやすい痩せにくい体が出来てしまうのです。

育児に慣れて精神的な負担が減る

一人目の育児をある程度経験すると二人目の時には心の余裕が生まれます。

精神的に辛くないと食欲も出て、食べる量が増えています。

骨盤が戻りきらないうちに妊娠する

一人目の妊娠で開いた骨盤が元の位置に戻らないうちに妊娠すると、内臓が正しい位置に収まらず、お尻が垂れ下がったり、お腹がぽっこりしたりと情けない体になってしまう事があります。

出産後は、骨盤を正しい位置に戻すエクササイズなどを中心に行ないながら、綺麗な体型を目指すのもダイエットに役立ちます。

 

個人差もあると思いますが、二人目の時はかなり痩せにくくなると言われているようです。

一人目の3倍戻るまでかかると言われているので、一人目が半年で痩せたなら二人目は一年半も元の体重に戻るまでかかってしまうようです。

なので、一人目と同じようにして痩せるとは思わず、倍の努力が必要だと思いましょう。

ストレスをためない程度に運動と、母乳に影響出ない程度の食事制限などを行なって、元の体重へ戻していきましょうね!

 

母乳の脂肪燃焼はいつから?期間は?

ダイエットを開始する時期はいつからが良いのか悩んでいる人は、産後1か月健診を終えてからを行うようにしてみましょう。

赤ちゃんの健診と一緒に、ダイエットについて医師と相談してみるのも1つの方法です。

スポンサードリンク

 

出産は体へのダメージがかなりあり、精神的にも肉体的にもダメージを起こします。

そのため昔から床上げまではゆっくり体を休めてと言われているので、この期間はダイエットの事を考えず、まず体を休めましょう。

そして1ヶ月検診を終え、ママの体も大丈夫でしたら、産後ダイエットを始めましょうね☆

 

授乳をすると1日で大体800kcal消費されるそうです。

これは水泳1時間相当に値するとも言われ授乳中はとても痩せやすい状態とも言われています。

また、出産後の最初のダイエットとしては、産褥体操が取り組みやすいようです。

 

産後6ヵ月以内が最も痩せやすい

産後太りで着いた脂肪は流動性脂肪と呼ばれ通常の脂肪よりも燃焼されやすく落ちやすいという性質があります。

痩せにくくなるタイミングが産後6ヵ月を過ぎてからなので、それまでにはダイエットをスタートさせましょう。

 

母乳の脂肪燃焼効果は個人差もありますが、産後1ヶ月〜6ヶ月以内とよく言われていますよね。

 

6ヶ月というのは、生後5ヶ月頃から離乳食を始める赤ちゃんが増えてきます。

そうすると段々と授乳の回数も減ってきます。

 

そうした事から母乳ダイエットは段々出来なくなってきます。

母乳ダイエットの黄金期に授乳プラス食事内容と適度な運動で産後ダイエットを成功させたいですね^^

 

母乳育児の脂肪燃焼にスープダイエット?

スープダイエットというのは、スープを飲みながら行なえるダイエットのことです。

最大の特徴は、作ったスープをいつでもどのくらいでも食べていいということです。

作るスープには野菜をたくさん入れるので、野菜がもつ栄養とスープの水分で体の中の余分な脂肪を燃焼させ、貯まった毒素を全部出してしまおうというダイエット方法なのです。

【スープダイエットのポイント】

1、夕食を食べる前に必ず一杯以上食べる。

2、一週間以上続ける。

3、満腹になるまでいくらでも食べていい。

4、夕食以外でも朝でも昼でも食べてOK。

 

スープダイエットなんていうのがあったんですね。

私ももっと早く知っていたら試したかった!!(笑)

しかも、好きな野菜を、入れるだけなんで楽ですよね☆

 

大きい鍋に作って冷蔵庫に入れておけば1週間はもつそうです。

味はコンソメやトマト、和風や、中華、飽きないように変えたりして♪またお肉は極力控えた方がいいですが、控えすぎるのも良くないとの事で、胸肉かささみ肉を週に1回スープに入れて食べるそうです。

 

このダイエットで妊娠で13キロ太った体重を元に戻した方もいるようです。簡単に作れて、温めるだけの、スープダイエット、産後ダイエットには是非オススメしたい一品ですね^^

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です