赤ちゃんの頭の形はいつまで治る?いびつの治し方は?枕も?

Pocket

頭の形はいつまでなら治る?

極端にいびつな頭の形はいつまで治すことができる?

先天的・後天的なものに関わらず、頭の歪みを治すことは可能です。

 

スポンサードリンク

 

一般的に、赤ちゃん頭蓋骨は7ヶ月~8ヶ月くらいで固くなると言われています。

それまでであれば、激しくいびつになってしまった頭の形も治すことができるとされています。

もし極端に歪んでしまっている場合は一度医師に相談をしてみると良いでしょう。

ちょっといびつなくらなら気にしない?

軽度な歪みであれば「いつまでに治す」ということにこだわらなくてもかまいません。

というのも、成長とともに歪みが気にならなくなってくるからです。

赤ちゃんの頭は小さいのでちょっとした変形でも「大丈夫かな?」「歪み過ぎていない?」と心配になるものです。

しかし、赤ちゃんの頃には目立っていたいびつさも、成長して頭が大きくなると目立たなくなります。

歪みによって変形した部位よりも、頭の成長の方が目立つようになるので相対的にわからなくなってしまうというわけです。

ですので、多少ゼッペキだったり斜めになっていたりしても、あまり気にしすぎる必要はありません。

実際に、筆者の甥っ子は生まれて数ヶ月は頭の形がいびつでしたが、1歳半となった今は歪みがわからなくなりました!

ですので、「いつまで歪んでいるんだろう」と心配したり、「形を治すんだ!」と意気込んで自己流のやり方で頭の形を無理に治すなんてしなくていいと思います。

寝ている赤ちゃんの首をグイッと曲げたり、出っ張った部分を押したりしてしまうなんてことは絶対にしないであげてくださいね!

いびつなものも頭の骨がまだ柔らかい状態の時ならば直すことができます。

ただし、もしその時に直せなかったとしても、成長と共に気にならなくなることが多いです。

特に髪の毛が増えてくると、頭の形は気にならなくなることが多いです。

あまり心配し過ぎないことが大事ですね。

スポンサードリンク

 

頭の形の治し方は?

フランスの小児科医は誕生後最初の数ヶ月間、身体測定だけでなく頭の形もチェックするのですが、そこでアドバイスされたことは、身体の下に折りたたんだタオルなど何か敷いて横向きに寝かせると言うものでした。

生後3ヶ月だったらまだ寝返りもしないでしょうから、横向き寝を1ヶ月も続ければ頭の形の歪みがなくなるという説明でした。

ウチの娘も頭の形が左右対称でなかったので(私は全然気にならなかったのですが)早速、アドバイスを実践し、その後、何も指摘されなくなりました。多少、効果的だったと言うことでしょうか。。。(今も疑問です)

その他、赤ちゃんは明るい方を向く傾向があるので窓が赤ちゃんの右側にあるのなら左側になるように赤ちゃんの向きを180度変えて寝かせてあげれば良いかと思います。

日本では健診において頭の形のチェックまではしていないと思います。

健診も国によって、色々と違いがあるものです。

赤ちゃんの育て方も国によって、色々と違いがあります。

興味のある方は調べてみて下さい。

おもしろい子育てのやり方が見つかりますよ。

 

頭の形は枕で治る?

ここでは、赤ちゃんの頭の形がすでにいびつな場合の矯正や、予防にもおすすめの方法をご紹介します。

どうしても頭の形が気になるという方は、以下の方法を試してみてください。

向き癖防止の枕・クッションやタオルを使う

月齢が低いうちは、市販の向き癖防止クッションを使って予防できます。

バスタオルなどを縦長に巻いて赤ちゃんの背中に当て、寝かせる向きを少しずつ変えていく方法もありますよ。

ドーナツ型の枕もありますが、顔の向きが変わると口や鼻をふさいで窒息する恐れがあるので、使用するときは長時間目を離さないようにしましょう。

枕を色々と工夫することで、頭の形がいびつになることの予防が出来ることが多いです。

また、いびつな形にになったものを直すことができます。

様々な種類のものがあるので、赤ちゃんの頭の状態に合わせて選ぶと良いと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です