赤ちゃんのミルクはいつまで?間隔や人気、温度は?温度計は必要?

Pocket

赤ちゃんのミルクはいつまで?

離乳食が一日に3回、ミルクは間食程度で2回くらいで、離乳食をしっかり食べることことができるようになったら、ミルク卒業にむけて少しづつ変えていくと無理がないでしょう。

スポンサードリンク

強制的にとりあげることはせずに、味覚の拡大につれて自然とミルクから卒業できるように、食体験をマンネリ化させないように気を配りましょう

ミルクの卒業の仕方も卒乳と同じで赤ちゃんの個人差があります。

ミルクの場合でも、しっかり3食食べるようになったら違う寝かし方で寝てくれるようになったりもします。

また、1歳を過ぎたらミルクの代わりにフォローアップミルクにしたり、牛乳にしたりするお家もあるようです。

哺乳瓶の卒業もコップで飲めるようになっていれば、哺乳瓶卒業の日もすぐでしょう。

赤ちゃんのミルクの間隔は?

0ヶ月~2ヶ月までのミルクの標準量と間隔

・新生児~2週間  80mlを3時間おきに7回

・2週間~1ヶ月 80ml~120mlを3時間おきに7回

・1ヶ月~2ヶ月 120ml~160mlを3時間おきに6回

あまり、標準値にこだわりすぎず、赤ちゃんの機嫌をみてお腹が空いているようなら2時間おきにしてみたり、量を増やしたりと個人差に合わせて調節しましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの授乳間隔と回数

1日に与えるミルク量は、赤ちゃんによって個人差がありますが、生後3ヶ月~4ヶ月の場合は200mlを1日5回が目安です。

飲める量も赤ちゃんそれぞれです。

月齢の目安量通り飲んでくれて、夜ぐっすり寝てくれる子もいれば、もっと飲みたいと、さらに飲みたがる子、また月齢の目安量より飲めない子もいます。

またミルクをあげる間隔は3ヶ月頃まで3時間あけますが、4ヶ月になりたくさん飲めるようになってくると4時間と自然と開いてくるようです。

あまり目安や標準にこだわらず、赤ちゃんのペースに合わせてあげましょうね^^

赤ちゃんのミルクの温度、温度計は必要?

赤ちゃんが一番美味しく感じるミルクの適正温度は、40度くらいです。

これは母乳が体温よりも少し高いくらいの温度であるために、人肌くらいの温度に近づけて母乳に近づけるという目的があります。

そのためには、一度熱い温度であるミルクを人肌まで冷ましていかなければなりません。

スポンサードリンク

70度のお湯でミルクを作り、冷水で(水道の流水でOK)人肌まで冷ましていき、自分の腕に当ててみて、調度いい温度まで下げます。瓶の哺乳瓶はすぐ冷めるので便利です。

外出先ではプラスチックの哺乳瓶がありますが、湯冷ましを持参するのはその為でもあります。

*ミルクを40度に冷ますために非接触型の温度計を買ってみた

ミルクのみごろチェッカー

哺乳瓶の周りに巻いて使用するのですが、40度ぐらいになると、シールが緑色に変わるという商品でした。

しばらく、これを使ってミルクを冷ましていたのですが、深夜に暗い部屋でミルクをあげるときは暗くて、緑色に変わったのかどうかいまいちよく分からないという不都合がでてきました。

赤外線温度計

哺乳瓶にお湯を入れてから、水につけて冷やして、頃合いを見計らって、哺乳瓶から1~2センチ離した位置でボタンを押すと、すぐに温度が表示されます。

赤ちゃんのミルクを的確に計る温度計なる物も売っているようです。

自分の手で人肌を確かめるのが不安なママにはいいかもしれません。

シールを貼るだけで適温か分かるのはすごいですよね!ただし明るい日中に使用するようにしましょうね☆

赤ちゃんのミルクの人気は?

粉ミルクを価格で選ぶならこれ!

*雪印ぴゅあ

気になる成分ですが、母乳に含まれる成分1位~5位(ラクトアドヘリン、DHA、ヌクレオチド、ラクトフェリン、オリゴ糖、カロテン)をしっかり配合しています。

*和光堂レーベンスミルク はいはい

甘さ控えめで大人が舐めるとあまりおいしくは感じられませんが、赤ちゃんのことを考えた成分で作られているのですね。

粉ミルクを成分で選ぶならこれ!

*ビーンスターク すこやかM1

ビーンスターク すこやかM1 は母乳が足りないときや、与えられないときに母乳の代わりにお使いいただくために作られたミルクだそうです。

アイクレオのバランスミルク

「母乳に近い味・色・香り」とうたっているように、この粉ミルクは溶かしてびっくり、黄色っぽい色をしています。

粉ミルクを使いやすさで選ぶならこれ!

明治 ほほえみ らくらくキューブ

一つのキューブで40mlのミルクを作ることができます。また一つのキューブを半分に割ることができるので、20mlから作ることができます。

粉ミルクも色々な種類があり、選ぶのに迷いますよね!

価格重視のママや、成分にこだわるママ、また最近ではチーズ風味の粉ミルクも発売しています。

赤ちゃんの好みもあるので、嫌がるようでしたら、違うものを試したり、特に何をあげても嫌がらないようでしたら、安価格のミルクにして出費を抑えるのも有りですよね!

 

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です