赤ちゃん粉ミルクはいつまで?量やアレルギーは?飲まない原因は?

Pocket

赤ちゃんの粉ミルクの量は?

赤ちゃんのミルクの量の目安を、生後すぐから、1年くらいまで見ていきましょう。

生後0日、1日目/160ml

20mlを3時間おきに8回

 生後2日目/240ml

30mlを3時間おきに8回

生後3日目/320ml

40mlを3時間おきに8回

 生後4日目/400ml

50mlを3時間おきに8回

 生後5日目/480ml

60mlを3時間おきに8回

 生後6日目/560ml

70mlを3時間おきに8回

スポンサードリンク

生後7日目~半月/560ml

80mlを3時間おきに7回

 生後半月~1ヶ月/700ml

100mlを3時間おきに7回

生後1ヶ月~2ヶ月/840ml

140mlを3時間おきに6回

 生後2ヶ月~3ヶ月/840-960ml

140ml~160mlを3時間おきに6回

 生後3ヶ月~4ヶ月/900-1100ml

180~220mlを4時間おきに5回

 生後4ヶ月~5ヶ月/1000-1100ml

200~220mlを4時間おきに5回

 生後5ヶ月~12カ月/1000-1100ml

離乳食が始まってきます。

200~220mlを4時間おきに5回

目安はありますが、飲める子飲めない子、様々なので、赤ちゃんのペースに合わせて進めていきましょう。

我が子も上手に飲めなくて、目安量が180mlだったら100mlしか飲めなかったりしました。

体重も個人差がありますが、あまりにも体重を増えないようなら小児科を受診し相談してみましょう。

 哺乳瓶で飲まない原因は?

哺乳瓶自体が慣れなくて嫌な場合と、乳首の部分が好みに合わないなどが考えられるようですよ。

色々試してみてもダメな場合は、

赤ちゃんスプーンですくって飲ませたり、カップに変えたりして様子を観察しましょう。

こんな方法が良さそうです☆

ミルクの味や濃さが嫌い

他のメーカーのものを試してみましょう。

各メーカーからサンプルを取り寄せるのがおススメです。

ミルクが熱すぎて飲まないこともあるようです。

逆に普段からちょっと熱めのミルクを飲んでいる赤ちゃんは、いつもよりぬるいと飲まないことも…。

環境が原因の場合

スポンサードリンク

お出かけだから早く飲ませなきゃ…などと、ママの都合で焦ってミルクをあげることもありますよね。そんな気持ちを赤ちゃんは敏感に察知します。

ママの抱っこの仕方が安定せず気に入らない、暑い、寒いなどそのときの環境を不快に感じていると、ミルクを飲まなくなることがあります。

赤ちゃんがミルクを飲んでくれない理由はちゃんとあるようです。

何も気にしない赤ちゃんもいれば、繊細で色々気になる赤ちゃんも、赤ちゃんの頃から性格はあるのです。

不快な環境を取り除いてあげて、赤ちゃんが美味しく安心して飲めるようにしてあげましょうね^^

粉ミルクはいつまで?

明確な時期はありませんが、離乳食の進み具合をみながら、個々に合ったタイミングでやめていきますよ。

 生後9か月ころになるとミルクからフォローアップミルクに切り替えようか迷うお母さんもいると思います。

ミルクは母乳の変わりに飲むものですが、フォローアップミルクは牛乳の変わりにあげるもので、離乳食の時期に不足しがちな鉄分やカルシウムを補う商品です。

あまり離乳食が進んでいない赤ちゃんには、育児用のミルクをあげて、離乳食がしっかり食べれるようになった赤ちゃんには、フォローアップミルクをあげるといいでしょう。

赤ちゃんは、1歳すぎれば牛乳を飲んでも大丈夫です。1歳前では、おなかを壊してしまったり、アレルギーがでる可能性があります。

1歳から1歳半にかけて徐々にフォローアップミルクから牛乳に移行するといいでしょう。

卒乳と同じでミルクも離乳食をしっかり3食食べるようになってくると卒業してもいい頃になってきます。また、完母よりミルクの方が卒業しやすいとも聞きます。

1歳からフォローアップミルクにしたり牛乳したり、それぞれの家庭で違いますが、そうやって徐々に移行していきましょう。

我が子も1歳になって、お風呂あがりに牛乳を飲ませるようにしました。

そうするうちに段々とおっぱいなしでも眠れるようになっていきましたよ^^

粉ミルクとアレルギーの関係は?

赤ちゃんがミルクアレルギーになっていたら、ミルクを飲ませると、主に嘔吐や下血(肛門から血液が出ること)といった症状がアレルギー反応として出ます。

アレルギー反応が強い場合には、アナフィラキシーショック(急激な血圧低下や意識障害などの全身性の症状)が起こり、命が危ぶまれることもあるので注意が必要です。

下痢・下血

慢性的な下痢や下血(肛門から血液が出ること)といった消化器官に関するものがメインです。

下血は血便として現れることも

湿疹・じんましん

肌に赤いぶつぶつができたり、かゆみが出たりと湿疹やじんましんが現れることも

呼吸困難

強い症状として、呼吸困難があります。

赤ちゃんによっては粉ミルクでアレルギー反応を起こす場合があるので、上記のような場合は、急いで小児科を受診して下さいね。

またアレルギー用の粉ミルクも売っているので、赤ちゃんのアレルギーに合わせて、勧められる事もあるようです。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.