赤ちゃんが頭を振るのはなぜ?汗や臭いの原因、頭が大きいのは病気?

Pocket

赤ちゃんの汗や臭いの原因や対策は?

基本的に、赤ちゃんは大人よりも代謝がよくて、体温が高い上に、体温の調節がうまくできないので汗かきの傾向があります。

そのなかでも、汗の多くは頭から分泌されます。

スポンサードリンク

汗をかいても放っておくと乾くまでに雑菌が繁殖しやすい状態になります。

乾燥すればほぼ死滅しますが臭いの元になってしまいます。

汗をたくさんかくと汗腺が詰まりやすくなってしまいます。

汗の他にも皮脂、垢、汚れも原因になりますが汗腺が詰まると細菌が繁殖しやすくなり、細菌の分解や酸化がにおいの原因となります。

赤ちゃんは、大人と比べて代謝が良いです。

そういったことが関係し、汗がたくさん出されます。

さらに、その汗が原因となって、臭いを感じることもあります。また、臭いの問題だけでなく、汗腺が詰まってしまうと湿疹ができてしまうこともあるので、注意が必要です。

季節にも関係がありますが、親ができるだけ頻繁に汗を拭いてあげるようにしたり、汗を吸収しやすい衣服などを用意するなどの工夫をすると良いですね。

頭を振るのはなぜ?左右や上下の違いは?

赤ちゃんが頭を振る原因は?

そもそもですが、赤ちゃんが首や頭を振るのようになったということは、首の筋肉がしっかりしてきたというサインですので、順調に成長しているということなります。

スポンサードリンク
  • 気分や機嫌が悪い
  • 遊んでいる
  • 癖になっている
  • 意思表示
  • 病気・障害

首を左右に勢いよく振る動作や癖は、中耳炎の可能性があります。

首を上下に振る癖もあり、こちらもほとんどが癖と言われているのですが、100人に1人はてんかんだと言われています。

ほとんどの場合は、問題は無いようですが、場合によっては中耳炎(左右の振り)やてんかん(上下の振り)の可能性もあるようです。

やはり注意深く観察することが大切ですね。あれ?と思ったら病院で診てもらえば安心ですね。

赤ちゃんの頭が大きいのは病気?

巨頭症(大頭症)

頭が大きくなってしまう病気で、大頭症と呼ばれたりもします。

生まれた時からすでに頭が大きい赤ちゃんもいますが、成長するにつれて徐々に大きくなっていくことが多いです。

巨頭症には、原因となるいくつかの病気があります。

巨頭症を発症することにより赤ちゃんの精神や運動発達に影響を及ぼしますので、「そのうち身体とバランスがとれるようになる」などと安易に考えず、注意することが必要な疾病と考えましょう。

巨頭症の検査方法は?

赤ちゃんの頭囲がどのくらい標準値曲線を上回っているかで、巨頭症が疑われます。

巨頭症と脳障害との関連性は?

運動能力や知能の発達の遅れを伴うことがあり、自閉症の子供の約30%が巨頭症を発症していると言われています。

巨頭症の子供が、てんかん発作を起こすことも

自閉症やてんかんなどが巨頭症と関連があることが指摘されています。赤ちゃんの症状によって、適切な処置、ケアが必要になってくるようです。

また自閉症などは、一見分かりにくいこともありますので赤ちゃんの行動をよく観察することも大切だと思います。

不安がある時には、早めに医師の診断を受けると良いですね。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.